ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

飯伏幸太

1.4 IWGPヘビー級とインターコンチネンタルのタイトルマッチを考える

世間に届くわかりやすいプロレス。 (出典:新日本プロレス公式) 間もなくWK14が行われる。 その初日のメインはもちろんIWGPヘビー級選手権だ。 チャンピオン オカダカズチカ 対 挑戦者 飯伏幸太。 レインメーカー対ゴールデンスターという、まさにヒーロー…

1.4 IWGPヘビー級、ICのタイトルマッチの意義とは

ダブルタイトルマッチへの通行手形 (出典:新日本プロレス公式) 2019年も残り1週間を切った。 となれば2020年 1.4そして1.5両日に渡って行われるWK14も間もなくということだ。 今回の史上初めて行われる2日間の東京ドーム興行の最大のテーマは、 ご存知の…

結局2本のベルトは誰の元にいけば輝くのか?

IWGPは踏み台なのか?そしてICは必要なのか? (出典:新日本プロレス公式) 2019年の新日本プロレスの興行は12月21日の後楽園大会をもって終了した。 すなわち次の興行は1.4そして1.5の東京ドーム、WK14ということになる。 この史上初のドーム2連戦で、史上…

WK14 史上初ドーム2連戦のカード

厳選された出場選手 (出典:新日本プロレス公式) 人生変えるイッテンヨン 伝説創るイッテンゴ 上はWK14のキャッチフレーズである。 これはその大会の方向性を示唆しているはずだ。 つまり1.4での流れを受けて、1.5では新たな展開の始まりが見えるというこ…

WTL最終戦で起こったこととドームのカード

広島大会で起こったサプライズ (出典:新日本プロレス公式) 長きに渡って行われたWTLも、先日をもって終了。 結果はジュース・ロビンソン&デビッド・フィンレー組が、 3連覇を狙ったEVIL&SANADA組を下し、優勝を勝ち取った。 新日本としても、タッグ戦線…

誰が2冠王者にふさわしいのか

ベルトを輝かせることが出来るのは? (出典:新日本プロレス公式) 11月も残りわずかとなり、現在開催中のWTLも中盤戦へと進んできた。 それが終われば、いよいよダブルドームが近づいてくるということになる。 以下の記事にも書いたが、ダブルドームの核と…

2冠戦線に関わるレスラーの胸の内

はじめての2冠戦。 (出典:新日本プロレス公式) ご存知の通り、1月5日東京ドームでIWGPヘビーとインターコンチの ダブルタイトルマッチの開催が先日正式に決定しました。 つまりそれは1月5日の東京ドームにて、新日本プロレス史上初めて、 IWGPヘビーとIC…

2020年の新日本プロレス

誰が人生を変え、伝説を創るのか? (出典:新日本プロレス公式) 先日のダブルドームの記者会見にて、1.5ドームでの2冠戦がついに決定しました。 今年1月に内藤哲也が口にした、IWGPヘビーとICを同時に保持するという、 史上初の偉業をオカダ・飯伏・ジェイ…

IWGPヘビー級の戦いは盛り上がっているのか?

至宝のベルトの現在 (出典:新日本プロレス公式) 10.14両国にて、チャンピオンのオカダは、SANADAを、 権利証保持者の飯伏はEVILをそれぞれ破り、 1.4のメインである、IWGPヘビーのタイトルマッチは この二人の戦いとなりました。 内藤選手やロスインゴの…

見えてきたドームの輪郭

目指せ!超満員の景色 (出典:新日本プロレス公式) 先日秋のビッグマッチ、 両国大会も終わり、 東京ドーム2連戦の輪郭が おぼろげながら、 見えてきたように思います。 両国では、アクシデントがあった US王座を除くと、 各王者が防衛という形となりまし…

10.14両国大会 結果考察 その2 

時代は動かず。打ち砕かれたEVILの夢とSANADAの涙 (出典:新日本プロレス公式) 前回の記事で、 セミ前までを振り返りました。 今回は残りのセミ、メインについて 書いていこうと思います。 (前回の記事はコチラ↓) www.hi-jyapw.com 結論から言うと、 権…

本日 両国大会!

今日、それぞれの運命の針が進む (出典:新日本プロレス公式) とうとう本日は、秋のビッグマッチ 両国大会が開催されます。 G1、ディストラクションシリーズと続いた、様々な因縁が決着を迎えることになるでしょう。 前回は前半戦のことを書きましたので…

10.7 後楽園ホール大会 

後楽園ホールで何かが起こるのか? (出典:新日本プロレス公式) さて本日は後楽園ホール大会が 開催されます。 両国までの最後の大会となるので、 何かが起こるのではと 期待してしまいます。 サプライズが起こるのか? それとも何も起こらないのか? など…

9.29 アメリカ・ニューヨーク大会 観戦記

EVILがNYをダークネスに染め上げた! (出典:新日本プロレス公式) 今回のアメリカ大会3連戦は、 9.29NY大会のみワールドで 配信がありました。 今回はその大会での出来事などを 書いていこうかと思います。 まずこの大会は、日本時間で朝8時から だったの…

鹿児島大会 結果考察

貫いたヒールとしての戦い。KENTAという絶対ヒール誕生! CHAOS vs BULLET CLUB YOHがタマに勝利するという、 予想外の結果に。 バクステのコメントでも、 次のIWGPタッグに 挑戦すると発言しています。 どうやら新日本は、 次のチャレンジャーに、 なんと…

別府大会 見どころ

エースはドームへの道を作ることが出来るのか? (出典:新日本プロレス公式) いよいよ本日は ディストラクションシリーズの ビッグマッチ、別府大会が開催されます。 それではその見どころなどを、 今回は書いていこうと思います。 どうなる?みのるとライ…

飯伏幸太とKENTA

(ほぼ)前哨戦なき権利証マッチの行方は? (出典:新日本プロレス公式) 9月4日より始まった ディストラクションシリーズ。 そのカードに飯伏、KENTAの 名前はありませんでした。 KENTA選手のイギリス大会 でのアクシデント(脳震盪?) の影響からくる…

両国・ディストラクションシリーズ 主要カード発表  の続き

タイトルマッチでの『ライバル』超えは達成されるのか? (出典:新日本プロレス公式) 前回は次期シリーズからの主要カードの展望などを書いてみました。 今回はその続きを書いていこうと思います。 (前回記事はこちら⇩) www.hi-jyapw.com まずは両国で行…

2冠王者を狙う3人と絶対王者

ドーム2連戦後には誰の手に? (出典:新日本プロレス公式) 新日本の至宝、IWGPヘビー級王座。 そしてナンバー2のベルトと言われているIWGPインターコンチネンタル王座。 皆様もご存知の通り、現在2冠王者という言葉が、 新日本のキーワードになっていま…

オカダ対内藤戦はいつ行われるのか? それはやはりドームのメイン?

新日本、最強の切り札はいつ切られる? (出典:新日本プロレス公式) 先日の飯伏選手の一夜明け会見にて、 明らかになったダブルタイトルマッチ構想。 まだ正式決定というわけではないですが、 おそらく実現されることになるのではないでしょうか? 飯伏選…

昨日の発表からわかったこと

見えてきたドームへの道 (出典:新日本プロレス公式) 昨日のG1一夜明け会見で、今後に向けいろいろなことが 発表されました。 今回はその事実から色々と紐解いていきたいと思います。 ・IWGPヘビー級タイトルマッチ まずはG1最終戦の流れ(タッグ…

KENTAの選択 それは柴田勝頼との決別だった

衝撃のバレットクラブ入り!! (出典:新日本プロレス公式) 昨日、G1クライマックスの最終戦が行われ、 飯伏選手の優勝で、その幕を閉じました。 自分的にはそれよりも、上の写真にもあります、 KENTAのバレットクラブ入りの方がワクワクしましたので、 …

G1クライマックス29 優勝決定戦

そのエンディングは、飯伏の笑顔か? ジェイの高笑いか? (出典:新日本プロレス公式) 昨日にて、G1クライマックス29の公式戦が全て終わりました。 僕の予想は大いに外れる結果となり残念です。。 (僕の予想は内藤対イービルの決勝戦でした) そして実…

レインメーカーか? ゴールデンスターか? ~Aブロックの行方~

最終的には本命同士の決着に。 (出典:新日本プロレス公式) G1 Aブロック公式戦、残るは武道館のみとなりました。 序盤は波乱もありましたが、最終的にはやはりこの二人の決戦です。 勝ち上がりの条件を念のため書いておくと、 オカダ:引き分け以上 飯…