ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

ヒロムの復帰戦は再デビュー戦

あの日引退を覚悟したヒロム (出典:新日本プロレス公式) KENTAに続き、先日高橋ヒロムのインタビューもスマホサイトにアップされた。 こちらも公式ページで一部無料で読むことが出来る。 1年4か月の欠場中、そしてあの瞬間、ヒロムが何を思っていたのか…

#KENTA 意識高い

KENTAの思いを聞け。 (出典:新日本プロレス公式) 先日、KENTAのインタビューがスマホサイトにアップされた。 一部、公式サイトでも無料で見ることが出来るので、 皆さんもぜひ読んでいただければと思う。 今もっともコメントを期待させる男である、KENTA…

これでこそ内藤哲也だ。

制御不能なカリスマとして (出典:新日本プロレス公式) 昨日、スマホサイトで内藤哲也の日記が更新された。 まだ見ていないという方は、ぜひ見ていただきたいと思う。 (リンク先はコチラ) モバイルサイト | 新日本プロレスリング 前回の日記で書く意義…

オカダカズチカ ドームへ向けてのプロモーション活動

チャンピオンとしての責務 headlines.yahoo.co.jp 先日、東京スポーツ紙上にてオカダカズチカのニュースが発表された。 すでにご覧になった方も多いと思うが、今一度記載しておく。 内容はというと、日本テレビ系列の朝の情報番組『スッキリ』の1コーナーの…

内藤哲也が2冠王者を口にした理由

内藤哲也が2冠を口にした日 (出典:新日本プロレス公式) WTL後半戦、只今タッグリーグとは別に、IWGPヘビー級の前哨戦が行われている。 そして前半戦ではICの前哨戦が行われていた。 そして1.4ドームでそれぞれのタイトルマッチが行われ、 その勝者が…

WTL 最終盤へ

3連覇か 現チャンピオンか まさかのスーパーマンか?? (出典:新日本プロレス公式) 今回も細かい星取表だが、出来るだけ引き延ばしてみた。(12/2時点) これでタイチも少しは見えるようになっただろうか。 そんな前置きはさておき、いよいよWTLも終盤と…

ヒロムとカワトサン

現在と未来の新日ジュニアの希望 (出典:新日本プロレス公式) 昨日月曜日に高橋ヒロムのスマホサイトでの日記が更新された。 是非皆さんもご覧いただきたいと思う。 (スマホサイトへはこちら) https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/09/sp.jpg …

内藤哲也は無言のままドームへ向かうのか

”完黙”の理由 www.tokyo-sports.co.jp 先日東京スポーツの記事にて、内藤哲也の言葉が聞けた。 内容をまとめると、 言葉で返したい気持ちはあった。しかしそれに集中できない理由があった。 詳しくは言えないが、余裕がなかったことは認める ということであ…

目標は新日本プロレス越え スターダム新体制記者会見

動き出す新戦略 prtimes.jp 11月28日、新日本プロレスと同様にブシロード傘下となったスターダムの 新体制記者会見が実施された。 詳しくは上の記事をご覧いただきたい。 一般のビジネスシーンでもよくあるが、親会社が変更となったので、 今後の方針等を発…

温故知新

受け継がれるもの (出典:新日本プロレス公式) 温故知新 この言葉の意味を調べると、以下の意味となる。 以前学んだことや、昔の事柄を調べなおしたり、考え直したりし、 新たな道理や知識を探り当てること。 なぜこの言葉を出したかというと、時間がある…

WTL ここまでとこれからのこと

前半戦終了! (出典:新日本プロレス公式) WTL ここまでのこと ( 関連記事はコチラ) www.hi-jyapw.com 上図は11/27時点のWTLの星取表である。 やはり細かすぎて見えにくいが、ここに来て上下の差が出来つつあるようだ。 優勝ラインを20点から22点。すな…

WK14 当日地上波放送決定

テレビ朝日が方針を変えた理由とは? hochi.news まずは上の記事をご覧いただきたい。 WK14 ダブルドームの地上波放送が決定したというニュースである。 (26時より90分間) またBS朝日では両日とも生放送とのことだ。 記事によると1か月前の定例会見では、…

WTLのコメントから紐解く今後の展開

WK14に向けての伏線 (出典:新日本プロレス公式) 連日好試合が続くWTL。 EVILが言っているように、ファンにとっては面白いシリーズであると言えるだろう。 そんな中、各レスラーがバックステージコメントで、 いろいろなことをファンに向け発信している。 …

誰が2冠王者にふさわしいのか

ベルトを輝かせることが出来るのは? (出典:新日本プロレス公式) 11月も残りわずかとなり、現在開催中のWTLも中盤戦へと進んできた。 それが終われば、いよいよダブルドームが近づいてくるということになる。 以下の記事にも書いたが、ダブルドームの核と…

KENTA最高かよ!ってこと

見つけた居場所 (出典:新日本プロレス公式) まずはこちらのコメントを見てもらいたい。 11.23川崎大会のKENTAのバックステージコメントだ。 KENTA「(※NEW JAPAN WORLDのカメラに背後から近づき、レンズを手で覆って)だーれだ? え? 正解! よく分かっ…

WK14 ダブルドーム超満員に必要なこと

世間に届け! プロレスって面白い (出典:新日本プロレス公式) WK14 1.4、1.5東京ドーム大会まで、残り1か月半。 そして今回は史上初の東京ドーム2連戦である。 新日本プロレスにとって次のフェーズに向けた大勝負であることは間違いないだろう。 何を持っ…

言葉を捨てた内藤哲也

大切なものを捨てた真意とは (出典:新日本プロレス公式) 依然ノーコメントを貫く内藤哲也。 そして昨日のスマホサイトの日記では 詳細は省くが、日記の連載からの撤退も示唆している。 つまり会場でも声は聞けず、ワールドでもコメントは聞けず、 そして…

SANADAの2冠と棚橋弘至のエール

エースと次世代エースが話したこと www.tokyo-sports.co.jp SANADAの考える2冠とは まずは上の記事をご覧いただきたい。 これは先日SANADAが思う2冠について話した記事である。 内容を端的にまとめると、 IWGPとICの2冠ではどちらかの魅力が薄まるのではない…

プロレスはメジャーなスポーツとなりえるのか

プロレスはメジャースポーツを超えることが出来るのか? www.njpw.co.jp プロ野球 1500~2000億円 Jリーグ(サッカー)1100億円 Bリーグ(バスケ)150億円 プロレス 120億円 上記の数字が何かというと、日本における各プロスポーツの市場規模である。 プロレ…

WTL ここまでのできごと

序盤戦を見て気づいたこと。 (出典 新日本プロレス公式) タイチ曰く、小さくて見えねえ!かもしれないが、 11.18後楽園大会終了後のWTL星取表が上の図である。 複数以上リーグ戦を消化した中での全勝は、すでに石井・ヨシハシ組だけと 早くも混戦模様の様…

鈴木軍対決 11.17後楽園大会

至極の名勝負 11.17後楽園大会のセミファイナル。 WTL公式戦、鈴木みのる・ランスアーチャー対タイチ・ザックセイバージュニア。 このカードを見たとき、面白い対決になることは予想できたが、 その予想をはるかに上回る、至極の名勝負となった。 他団体をほ…

WK14に向けての各タイトルの展開

2冠以外のタイトルの動向は? (出典:新日本プロレス公式) 現在WTLを開催中の新日本プロレス。 今シリーズが終わると、年内残すは12月のRoad to TOKYO DOME のみとなる。 (アメリカにて2試合あり。) もちろんドームに向けての主役は、2冠戦線ということ…

高橋ヒロムが帰ってきた

もっともっと楽しませる! (出典:新日本プロレス公式) 11.3大阪大会にて高橋ヒロムが電撃的に登場した。 その瞬間の会場の歓声は、大阪大会の中でも最大であったかもしれない。 欠場から1年4か月。それだけファンはヒロムの復帰を待っていたということだ…

SANADAと武藤敬司の物語

SANADAの日本で一番好きな技 (新日本プロレス公式) 先日新日本プロレススマホサイトでSANADAの一問一答の企画があった。 詳細は以下をご覧いただきたい。 www.njpw.co.jp 少しだけ言うと、日本で一番好きな技は、『ラウンディング・ボディプレス』 そして…

木谷オーナーの野望 

男女NO.1のプロレス団体を手に入れたブシロード 約1か月前に、女子プロ団体NO1と言われるスターダムを買収したブシロード。 ご存知の通りプロレス団体NO1である、新日本プロレスの親会社でもある。 その実質的オーナーはブシロードの木谷高明取締役であるこ…

内藤哲也はもう一度頂点を掴めるのか

人生を変え、伝説を創るのは内藤哲也であってほしい。 (出典:新日本プロレス公式) 事あるごとに見てしまう試合がある。 それはG1クライマックス27 優勝決定戦 内藤哲也対ケニー・オメガ。 おそらくもう何十回と見ているが、見るたびに興奮する自分がいる…

タイチの新日本愛

愛を忘れた聖帝の素顔 (出典:新日本プロレス公式) 世界一小ずるい男から、愛を捨てた聖帝に呼び名を変え、 今、新日本で最も発信力が高い男であるタイチ。 その経歴はざっと以下であります。 2002年 全日本でデビュー 2005年 全日本退団 2006年 新日本参…

2冠戦線に関わるレスラーの胸の内

はじめての2冠戦。 (出典:新日本プロレス公式) ご存知の通り、1月5日東京ドームでIWGPヘビーとインターコンチの ダブルタイトルマッチの開催が先日正式に決定しました。 つまりそれは1月5日の東京ドームにて、新日本プロレス史上初めて、 IWGPヘビーとIC…

NEW  JAPAN SHOWDOWN 観戦記

日本以上の盛り上がり!! (出典:新日本プロレス公式) 昨日、LAにて11.3大阪大会、またダブルタイトルマッチが正式決定後、 初めての大会、サンノゼ大会が開催されました。 ダブルタイトルの前哨戦やブリティッシュジュニアヘビー選手権、 そしてUSヘビー…

WORLD TAG LEAGUE 2019

タッグリーグの季節がやってきた。 (出典:新日本プロレス公式) 先日ワールドタッグリーグの出場チームならびに対戦カードが発表となりました。 前年より2チーム増え、全16チーム総当たりのリーグ戦となります。 また2冠に関わるオカダ、飯伏、ジェイ、内藤…