ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

新日本プロレス THE NEW BEGINNINNG 札幌2連戦最終日

今回は札幌2連戦最終日について書いていこうと思うが、それに先立ち、前回の記事もごらんいただければ幸いだ。 (前回記事はコチラ) www.hi-jyapw.com さて札幌2連戦の最終日と言えば、昨年は以下のようなカードが組まれていた。 タイトルマッチだけでIWGP…

新日本プロレス THE NEW BEGINNINNG 札幌2連戦初日

何かが起こる札幌2連戦 初日 (出典:新日本プロレス公式) 前回の記事では大阪城ホール大会で開催される2冠王座戦をメインに書いたので、 今回は札幌2連戦初日をメインに進めていこうと思う。 毎年何かが起こると言われており、実際にも多くの出来事があっ…

新日本プロレス THE NEW BEGINNING開幕!

何かが起こる新春シリーズ開幕 何かが起こる札幌、そして大阪城ホール大会 (出典:新日本プロレス公式) 本日より新日本プロレスの新春シリーズ、ニュービギニングが開幕する。 WK14を終え、今年の戦いが本格的に始まるということだ。 なお今回は同時期にニ…

これからの新日本プロレスのタイトル戦線を考える  ~ジュニアヘビー級~

新日本プロレスジュニアの新時代のカリスマが独走するのか ここまで2冠王座、そして前回はNEVERとUSヘビーについて考えてみた。 今回は世界最高峰と言われるジュニアヘビー級について書いてみたいと思う。 (以下関連記事) www.hi-jyapw.com www.hi-jyapw.co…

これからの新日本プロレスのタイトル戦線を考える ~NEVER・USヘビー~

ゴツゴツした男たちの戦い 前回の記事では2冠王座のこれからについて書いてみた。 こちらもご覧いただければ幸いだ。 (前回記事はコチラ) www.hi-jyapw.com では今回は2冠王座以外のシングルタイトルである、 NEVERとUSヘビーについて書いていこうと思う。…

これからの新日本プロレスのタイトル戦線を考える ~2冠王座~

新日本の主役争い ルチャリブレの祭典、ファンタスティカマニアも先日20日をもって終了し、 新日本プロレスは間もなく、次期シリーズのニュービギニングに突入する。 前シリーズ中は新日本のタイトル戦線という意味では一休みということであったが、 札幌2連…

スターダム 後楽園9周年記念日大会で自己最高動員達成

団体史上最高の動員記録達成! 今回の結果はブシロード効果なのか www.daily.co.jp まずは上の記事をご覧いただきたい。 昨年新日本プロレスと同じグループ会社となった、女子プロレス団体スターダムの 9周年記念日大会が後楽園で開催され、過去最高の動員を…

内藤哲也が語ったこれまでのこと ~新日本プロレス公式サイトインタビュー~

インタビューで語ったこれまでのすべて (出典:新日本プロレス公式) 先日、公式サイトに初代2冠王者である内藤哲也のインタビューがアップされた。 一部は無料にて公開されているので、ぜひ皆様もお読みいただければと思う。 今回は前半ということなので、…

Beyond The legend ~新日本プロレスWK14の裏側~

史上初ダブルドームの舞台裏 この記事を書いている時点ではまだ見ることが出来てはいないが、 毎年恒例のドーム大会の裏側を見ることが出来る動画が今年もアップされるとのことだ。 (1分間のバージョンはアップ済) www.youtube.com (出典:新日本プロレス…

新日本プロレスの絶対王者 オカダカズチカがオールスター戦を提唱した。

2020年夏 プロレス界に何かが起こるのか headlines.yahoo.co.jp まずは上の記事をご覧いただきたい。 先日、2019年度プロレス大賞授賞式が行われたのだが、 その席上でMVPを受賞したオカダカズチカがある提案をぶちあげた。 それは『団体の垣根を超えたオ…

内藤哲也のオカダカズチカへの想い ~新日本プロレスの頂点を争う二人~

ライバルではない。でも特別な相手 (出典:新日本プロレス公式) WK14 1.5東京ドームにて2冠王座を賭けて死闘を繰り広げた、 内藤哲也とオカダカズチカ。 週刊プロレスなどでも詳しく書かれているわけだが、 今回はこの運命の、そして伝説の戦いを振り返っ…

タイチとオカダカズチカ 聖帝対レインメーカー ~新日本プロレス2.2札幌大会で決戦~

通算成績はタイチの1勝0敗 www.tokyo-sports.co.jp 先日ひさびさに東京スポーツ紙上にタイチの話題が登場した。 今回もタイチなりの視点でオカダカズチカのシングルマッチを語っている。 まずここまでの流れを少し整理しておこう。 タイチの方は11月の大阪大…

新日ジュニアが熱くなってきた。

チャンピオンからの新日ジュニアへの投げかけ (出典:新日本プロレス公式) 以下のコメントは1月12日、京都大会でのヒロムのコメントだ。 ヒロム「どう思う? どう思う、なあ? 上村がいいコメントを出してるぞ。 このベルトさんをどうやら狙ってるらしい。…

新日本プロレス大阪城ホール大会 このタイトルマッチの結果でKENTAの価値は変わるのか

問われるKENTAの価値 (出典:新日本プロレス公式) 史上最悪のバッドエンドを生んだ、ドームの乱入劇をきっかけに、 2冠王座の最初の挑戦の切符を掴んだKENTA。 方法論は賛否両論あれど、行動した結果チャンスを掴んだことは事実である。 まずはそのプロ意識…

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンの復権

2018年以降の停滞は全て2020年のためにあったのか。 (出典:新日本プロレス公式) ここ最近の印象ではあるが、ロスインゴの勢いが戻ってきていると感じる。 もちろんその大きな要因は、リーダーである内藤哲也の2冠奪取、 そしてヒロムのIWGPジュニアヘビー…

7万人が駆け付けた東京ドーム ~新日本プロレス WK14~

目標だった超満員には届かなかった。 (出典:新日本プロレス公式) 1.4 40008人 1.5 30063人 これは今年の東京ドーム、WK14の観客数である。 今回会社としての目標は、43000人×2日間の86000人を集客することであっただろう。 そのために特に年末に関しては…

内藤哲也と高橋ヒロム 新日本プロレス史上初の2冠王者、そしてIWGPジュニアヘビー級王者として戦う

3.3旗揚げ記念日で激突か? www.tokyo-sports.co.jp (出典:新日本プロレス公式) 先日、東京スポーツより久々に内藤哲也のファミレス記事がアップされた。 今回は何と高橋ヒロムも同席していたようだ。 その中で出た話の中心は内藤哲也とヒロムによるシン…

豪華すぎるやん! 2.9新日本プロレス 大阪城ホール大会の続き

もう一つのDESTINO 【2月9日(日)大阪城ホールの全カード決定!】モクスリーvs鈴木がUS王座戦で激突! ヒロムvsリーのIWGPジュニア王座戦! SANADAvsジェイ、IWGPジュニアタッグも実現! | 新日本プロレスリング 前回の記事では2.9大阪城ホール大会のメイ…

豪華すぎるやん! 2.9新日本プロレス 大阪城ホール大会

二冠王者 内藤哲也の伝説が始まる www.njpw.co.jp www.njpw.co.jp 先日、新日本プロレスより冬のビッグマッチ、 2.9大阪城ホール大会のカードが発表された。 これを見たときの感想は一言で言うと、『豪華』である。 新日本プロレスとしても、府立体育館から…

内藤哲也が語った2本のベルトのこれから ~新日本プロレスWK14 二夜明け記者会見~

www.njpw.co.jp IWGPとICは別々で防衛戦を行う方向か (出典:新日本プロレス公式) 先日ドームの2夜明け会見にて、2冠王者となった内藤哲也の記者会見が行われた。 すでにワールドにてご覧になった方も多いことだろう。 上の写真をみてもわかるが、やはり2…

新日本プロレス1.6大田区大会 『NEW YEAR DASH!!』を振り返る。

史上最悪の乱入者 (出典:新日本プロレス公式) 先日、ドーム後恒例のNew year dashが行われた。 毎年今後の展開を占うにあたり、いろいろなことが起きる大会である。 ファンの間ではドームより楽しみという方もいるほどだ。 そんなファンの期待を裏切らな…

逆転の内藤哲也 完結。そして新たな伝説が始まる。 ~新日本プロレスWK14 1.5東京ドーム~

歴史に名を刻む偉業達成 (出典:新日本プロレス公式) 伝説創るイッテンゴ。そのフレーズ通り1.5東京ドームで一つの伝説が生まれた。 皆様ご存知の通り、新日本プロレス史上初のIWGPヘビーとICの2冠王が誕生した。 その偉業を達成したのは、制御不能なカリ…

オカダカズチカの涙。そして逆転への一歩を踏み出した内藤哲也 ~新日本プロレスWK14 1.4東京ドーム~

40008人が見つめた1.4 (出典:新日本プロレス公式) WK14 1.4には40008人の大観衆が集まり満員という発表であった。 前年よりも大きく動員数は伸びたが、 オカダが公言していた超満員とされる43000人には及ばなかった。 試合後のマイク中、オカダが流した涙…

新日本プロレス WK14 2日目

伝説が生まれる日 www.njpw.co.jp 本日1月5日。それは史上初の2冠王者が生まれる日。 IWGPヘビーとICを同時に保持するという史上初の偉業が達成されるはずだ。 これを書いている時点では誰の元に二つのベルトが渡るのかはわからないが、 それについてはまた…

新日本プロレス WK14 初日

人生を変える男は誰だ!WK14が始まる。 www.youtube.com (出典:新日本プロレス公式) とうとうWK14が本日より始まる。 上は1月3日現在のチケット状況の動画であるが、これを見る限り両日とも、 スタンド席がまだ完売ではないようである。 つまり前売り段階…

2020年の内藤哲也は新日本プロレスで誰も見たことの無い景色を見せてくれるはずだ

プロレスが出来なくなるかも・・ (出典:新日本プロレス公式) 2020年1月1日、公式サイトより内藤哲也のインタビューがアップされた。 2冠王座の提唱者でありながら、何も持たざる男、内藤哲也は、 このインタビューで何を語ったのであろうか。 今回はそちら…

1.4 IWGPヘビー級とインターコンチネンタルのタイトルマッチを考える

世間に届くわかりやすいプロレス。 (出典:新日本プロレス公式) 間もなくWK14が行われる。 その初日のメインはもちろんIWGPヘビー級選手権だ。 チャンピオン オカダカズチカ 対 挑戦者 飯伏幸太。 レインメーカー対ゴールデンスターという、まさにヒーロー…

2020年の新日本プロレスとAEW

いよいよ本格開戦か www.njpw.co.jp www.njpw.co.jp 2020年 最初の記事はこの話題を取り上げたいと思う。 年末の棚橋弘至の発言に端を発し、それにクリス・ジェリコが答えた形だ。 詳細は上記の記事をご覧いただければ、良くわかるかと思うが、 端的に言うと…

2019年 gracias  新日本プロレス

2019年の新日本プロレス (出典:新日本プロレス公式) 2019年も本日で終わりとなる。 ありきたりではあるが、2019年の新日本プロレスを振り返ってみようと思う。 皆様も今年を思い返しつつ、ご覧いただければ幸いである。 さて今回は自分の記憶を頼りに振…

これからの新日ジュニア

WK14 ひとつの伝説が終わる時、新たな伝説が始まる www.njpw.co.jp www.njpw.co.jp 上は先日立て続けに公開された公式サイトでのインタビューである。 ジュニアのレジェンドと現王者の気持ちが書かれている。 また少し前にはヒロムのインタビューが3回に分か…