ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。

別府大会 見どころ

エースはドームへの道を作ることが出来るのか?

 

(出典:新日本プロレス公式)

 

いよいよ本日は

ディストラクションシリーズの

ビッグマッチ、別府大会が開催されます。

 

 

それではその見どころなどを、

今回は書いていこうと思います。

 

どうなる?みのるとライガーの決着

 

少し前までは、

『出ていけ!』

『お前が出場するなら俺が出ていく!』

などと発言していたライガーですが、

 

ここに来て少々雲行きが変わり、

シングルでやってやると

いうようなテイストに変化しています。

 

以前の対戦を知っている

ファンにとっては、

ノスタルジックな気持ちに

なるかと思いますし、

 

その対戦を知らないファンにとっても、ライガーの引退までには、

 

ぜひ観ておきたいカード

ではないかと思います。

 

ライガーの提案している通り、

神戸での決着戦は組まれるのか?

 

この大会あたりで

見えてくるかもしれません。

 

少し、昔のことを書くと

前回の対戦の時、みのるはパンクラスで引退するか

どうか悩んでいました。

 

そこで当時、佐々木健介選手との

対戦が決まりかけていたのですが、

 

紆余曲折あり、

その対戦は流れてしまいました。

 

そこで名乗りを挙げたのがライガー

であったと記憶しております。

 

その対戦後、みのるは本格的に

プロレスに復帰しました。

 

そう考えると今のみのるを

作ったきっかけは

ライガーと言えるかもしれません。

 

そういう背景を知っていると

より楽しめる対戦かと

思い書いてみました。

 

飯伏、KENTA最初で最後の前哨戦

 

翌日の大会で組まれている

権利証マッチの

最初であり、最後の前哨戦となります。

 

おそらくはシリーズを通して、

当初は戦う予定で

あったかと思うのですが、

 

KENTA選手の体調を考慮し

大事をとったということかと思います。

 

10人タッグマッチなので、

多くの接触はないかもしれませんが、

 

明日につながるような戦いを

見せては欲しいと思います。

 

ここまで賛否両論ある

KENTA選手ですが、

 

それは見方を変えると、

ファンから注目される

存在であると言えます。

 

タレントとして、

一番いけないのは注目されない、

 

話題に上らないということで

あると思うので。

 

この飯伏選手との

権利証マッチを通じて、

 

ファンの見方を変えることを

期待しています。

 

一方飯伏選手ですが、

図らずともG1からここまで

間が空いてしまったことになりました。

 

これは飯伏選手の本意では

ないでしょうから、

 

主役の座をを取り戻すためにも、

巻き返して欲しいですね。

 

内藤選手に言動不一致と

言われないためにも・・。

 

 

IWGPタッグ選手権

NEVER選手権での乱入から始まり、

組まれたカードですが、

若干唐突感を感じているところです。

 

ヘビー級のタッグ戦線も長らく、

同様のメンバーでの

戦いが続いていたので、

 

シャッフルしていく

必要性があったのかなと思います。

 

しかし石井選手がタッグ戦線へ

向かうのは予想外ではありました。

 

今後の展開の広がり、

新鮮さを考えると、

 

CHAOSのタッグが

少し有利なような気はします。

 

もしタイトル獲得となると、

YOSHIHASHI選手とっては、

初めてのタイトル獲得となるようです。

 

YOSHIHASHI選手のファンにとっては、

喜ばしい出来事となるでしょう。

 

ブリティッシュヘビー級選手権

 

見どころは棚橋選手が

このベルトを糧に、

 

今後どのように、

ドームまでの展開を

見つけて行くかでしょう。

 

G1での負け越しなど、

今のトップタイトル戦線からは

少し離れている棚橋選手ですが、

 

そこはエースですから、

何か考えが必ずあるはずです。

 

どう動けば、

今後主役へと戻ることが出来るのか?

どう動けば、ドームでおいしいところをいただけるのか?

 

などを考えているはずです。

 

端的に言うと、

このザックとの一連の対戦で、

主役に戻っていくことは

難しいと思います。

 

すなわち、別の標的というか

対戦相手が必要です。

 

そのドームにつながる、標的とは・・・

おそらく『クリス・ジェリコ』

でしょう。

 

日米のレジェンド対決へと

進んでいくのではと予想しておきます。

 

そうなるとますます

ストーリーの本線からは、

離れていくことになるのですが、

 

それは時代の流れと

言えるかもしれませんね。

 

と今日はここまでです。

皆さんワールドで熱戦を楽しみましょう!

 

良かったらポチッとお願いいたします

 


人気ブログランキング

なぜ内藤哲也に人は惹きつけられるのか?

カリスマたる所以

内藤 哲也

(出典:新日本プロレス公式)

 

カリスマを辞書で調べると、こんな意味が出てきました。

 

『人々の心を引きつけるような

強い魅力。また、それをもつ人。』

 

まさに内藤選手のことを

言っているような気がします。

 

では、なぜ人は彼に

惹きつけられるのか?
その部分を考えていきたいと思います。

代弁者として

コチラはロスインゴを

立ち上げてからの話に

なるかと思いますが、

 

誰が相手でも言いたいことを言う

スタンスを続けています。

 

内藤選手のブレイクのきっかけは、

それまで誰もが思っていたが

 

言えなかったことを、

言ったことにあると思います。

 

その相手がオーナーであれ、

当時のトップレスラーであれ、

構わずに発言しました。

 

具体的に言うと、

木谷オーナーに対しての

『俺に2億円プロジェクトトはいらない』

 

そして当時のトップ、

中邑真輔がWWEに移籍の際、

 

『会社にとって、

そんなにWWEに行くのが

めでたいことか』

などが挙げられます。

 

これまでタブーとされていたことを、

平然と公言していったわけです。

 

そしてこれはプロレスファンの心に

強烈に刺さることになります。

 

人は誰しも、思っていても、

言えないことがあるはずです。

 

それを内藤選手が

代弁しているわけですから、

 

ファンの心に届かないはずは

ありません。

 

そしてファンは自分の代弁者として、

内藤選手を見るようになり、

惹きつけられていったのでしょう。

 

まさに自分を投影するように、

夢を見なくなった内藤哲也に、

ファンは夢を見るようになったのです。

 

口に出して伝えることの大切さ

そして一躍、

制御不能なカリスマとなった

内藤選手ですが、

 

今も言い続けていることがあります。

そう、あの言葉です。

 

『口に出さなきゃ、

誰にも何も伝わらない』

 

数々の名言を残している、

内藤選手ですが、

 

僕が最も心に響いているのは

この言葉です。

 

その言葉を、

有言実行するように内藤選手は、

 

今現在も、

自分が思っていることを

発信し続けています。

 

そしてこれがまた多くの

ファンを惹きつけ、

 

内藤選手の一挙手一投足に

注目が集まることとなります。

 

今なら2冠王のことを、

毎日のように手を変え、品を変え、

発信しています。

 

次は会社に対して何を言うんだろう?
対戦相手に対して、

どんなことを仕掛けてくるんだろう?

 

などファンの想像をかきたてることを次々行っています。

 

それがまた多くのファンを呼び、

人気は高まり続けるという

好循環が生まれています。

 

今、日本全国でテーマ曲

『スターダスト』が流れると、

 

全国どこでも、

内藤コールが巻き起こります。

 

それは今日も何かを見せてくれるかも

という期待感からくるものでしょう。

 

これは、オカダでも棚橋でもない、

内藤選手しか起こりえない現象です。

 

それがまさにカリスマと

呼ばれる所以かもしれません。

 

間もなく神戸ワールド大会ですが、

ディストラクションシリーズ

締めくくる、

 

サプライズを見せてくれることを

期待せずにはいられません。

 

僕の気持ちはすでに

ノートランキーロです。

 

では、本日はここまでです。

よかったらポチッとお願いいたします!

 


人気ブログランキング

内藤哲也 名古屋で2冠奪取を宣言

有言実行の男となるか?

(出典:新日本プロレス公式)

この行動の意図は?

 

連日、ジェイとの前哨戦を

各地で繰り広げている内藤哲也ですが、

 

愛知大会にて、お客様の前で高らかに

2冠奪取を宣言しました。

 

(そのニュースはコチラ⇩)

内藤が2冠獲りを高らかに宣言!「この史上初の偉業を俺が成し遂げてみせる」【9.11名古屋結果】 | 新日本プロレスリング

 

この行動の意図はお客様の前で

発言したことにより、

 

自分自身にプレッシャーを

かけるとともに、

 

新日本プロレスにも

プレッシャーをかける

ということでしょう。

 

このような行動を繰り返す結果、

ファンの中では、

2冠戦(ダブルタイトルマッチ)

が行われることが当然という

空気になるはずです。

 

会社にとっては、

もはや避けることができないことに

なっているような気がします。

 

これは普段のビジネスシーン

においても、よく使う方法であります。

 

壮大な目標を周りに

公言することにより、

自分の逃げ道を無くし、

 

やらなければならないように

自分を追い込むことと

今回の内藤選手の方法は

酷似しています。

 

こうなると、

もうやるしかないですから、

なんとか達成する方法を考え続け、

 

達成するには何をすればよいのかを

明確にする必要が出てきます。

 

それがもし一人で

出来そうもないとわかれば、

協力者が必要となります。

 

そんなことを今回の行動を見て、

僕自身も改めて

気づかされた次第であります。

 

おそらく内藤選手の中では、

2冠獲得までの道筋が

ハッキリと見えていることでしょう。

 

空気感の熟成

今回の行動だけではないですが、

内藤選手はやはり

 

上にも書いた空気感の熟成が

ホントに上手いと思います。

 

もちろん圧倒的なファンの

支持があるからこそですが、

 

それを上手に利用し、自分の目的、

目標を達成しようとしている印象です。

 

つまり自分がこう動けば、

お客様はこう思うであろう、

 

また自分がこういうことを言えば、

お客様はこう感じるであろう

 

ということが

わかっているのだと思います。

 

これはもちろんのことですが、

誰にでも出来ることではありません。

 

他のレスラーでは

きっとこうはならないでしょう。

 

つまり、内容もさることながら、

誰が言うのか、

誰がするのかということです。

 

内藤選手だからこそ、説得力があり、

共感が生まれるということでしょう。

 

こちらも普段に転用すると、

あの人の言うことは重要やし、

必要なことやから

聞いておこうと思われるか、

 

または、別に聞いても

大したこと言わへんし、

聞き流しとこうと思われているかの

違いです。

 

どちらがいいかは

言うまでもありませんね。

 

まとめ

まとめると、

内藤選手は新日本プロレスの中で、

最も発言、行動がファンの心に響く

レスラーあると言えるでしょう。

 

しかし数年前は、

日本中のファンから大ブーイングを

浴びていた存在でありました。

 

ファンからの不支持という

結果を変えるには、どうすればよいか?

 

ということを、当時の内藤選手はきっと考え抜いたと思います。

 

そして行動や発言を変えた結果、

現在のポジションを掴んだのです。

 

誰にでも出来そうで、

誰にでも出来ないこと。

 

それを現在も続けている内藤選手を

今後も応援していきたいと思います。

 

では本日はここまでです。

よかったらポチッとお願いいたします!

 


人気ブログランキング

LOS INGOBERNABLES de JAPON 最高の未来

 メンバーが輝く最高の未来とは?

新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

 

新日本プロレスが誇る、人気ユニット

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

 

現在は内藤哲也がインターコンチのベルトを

保持していますが、

 

その他のメンバーは、ベルトもなく、

決して良いポジションをキープしているとは

言えない状況です。

 

そこで、これからこうなれば、

メンバーが輝くであろう未来を、

想像全開で書いていこうと思います。

 

本当になれば、ロスインゴファンは、

間違いなく、大興奮することになるでしょう。

 

ヒロムの復帰

 

昨年より長期欠場が続いている、高橋ヒロム。

 ここ最近はやっと復帰近し!

というニュアンスの情報が

出てくるようになってきています。

 

最新のスマホサイト日誌でも、

復帰の際のおねだりをしているので、

 

もう少しすれば、ヒロムの姿を本当に

見ることが出来るかもしれません。

 

では、ヒロムにとって復帰にふさわしい舞台とは?

そして、復帰後の青写真とは?

 

ドームでのタイトルマッチを狙うなら、

遅くても間もなく復帰することが、

時間的にもベターかと考えられます。

 

そうなれば、やはり復帰の舞台となるのは

Jrヘビーのタイトルマッチが行われるあの場所。

10月の両国国技館ではないでしょうか?

 

タイトルマッチの後に登場するであろう、

1000%のヒロムを楽しみにしておきましょう。

内藤哲也・SANADA・EVIL

 

最高の未来をつくるために欠かせない、

ヒロムの復帰が決まったとします。

 

そこで各メンバーが描く、最高の未来とは

どのようなことが考えられるでしょうか??

(ここからは完全に想像の世界となります。)

 

まずはリーダーの内藤哲也。

内藤選手の最高の未来とは、ドーム2連戦が終わった時に

史上初のIWGPヘビー、ICの2冠王に輝いていることでしょう。

 

それには、神戸でのジェイとの一戦を

まずクリアしなければなりません。

(前哨戦の二人の絡み、楽しすぎる。)

 

そして、そこをクリアして、

さらに会社にダブルタイトルマッチを

認めさせなければいけません。

 

さらに、さらに1.4でIC防衛、

そして1.5でも勝たなければいけません。

 

とまあ、かなりのハードルがあるわけですが、

ここ1.2年の我慢を一気に晴らしてくれるでしょう!!

 

そしてドームで念願のハポン締めで大合唱です!

 

続いてはSANADA。

彼の最大の目標はオカダから、IWGPヘビーの

タイトルを奪取することにあると思います。

 

SANADAは新日本参戦後、その他のシングルタイトルに

挑戦すらしたことがなく、オカダと同様

王道の系譜を進んでいます。

 

ここまで順調ではなかったかもしれませんが、

ここ最近のオーラ感は半端ありません。

その勢いで10月の両国でタイトルを奪ってくれるはずです。

 

そしてEVIL。

ここ最近ではメンバーの中で、最も勝ち運から

遠ざかっていると言っても、過言ではありません。

 

肝心なタイトルマッチやシングルマッチで、

必ずといっていいほど結果が出ていない現状です。

 

そんなEVILですが、先日の後楽園でこう発言しました。

『俺が狙っているのは、IWGPヘビーだ!』

そうです。EVILが狙っているのは頂点のベルトのみです。

 

その為に今EVILが出来ることは、この後組まれるであろう、

飯伏選手との権利証マッチに勝利することです。

 

そうすればIWGPヘビーの挑戦権のみならず、

1.4のメインの座も獲得できます。

もう勝つしかありませんね。

 

そこで叫びましょう!『すべてEVILだ!』と。

(魔法陣と鎌を光らせて。)

 

これが全て現実となると、

1.4 メイン IWGPヘビー級選手権

(チャンピオン)SANADA 対 (挑戦者) EVIL

 

1.5 メイン IWGPヘビー級・IC ダブルタイトルマッチ

(IWGP王者)SANADA OR EVIL 対 (IC王者)内藤哲也

となります。

 

これはマジで見たくなってきますね!

 

鷹木信悟・ヒロム・BUSHI

 ではもう少し続きます。

 

信悟の今の目標は『シングルのベルトを獲得する』ことです。

 

これはコメントで会社に、

『後藤に勝ったら、その舞台を用意しろ』

と発言していることからもわかります。

 

そこで信悟が狙うベルトとは?

 

普通に考えれば、NEVERとなりますが、

KENTAとの因縁をどう作っていくのか?

 

また同門の内藤哲也に噛みつくのか?

(G1では負けたけど、

浜口ジムを入れれば100勝2敗やからとかで?)

 

はたまた意表を突いたUSヘビーなのか?

たしかにモクスリ―とはドラゲー時代に因縁があります。

 

でも新日の中でもかなり『和』に寄っている信悟ですが、

あえての挑戦もあるかもしれません。

 

でもこうやって書いていると

やっぱりNEVERかな。

 

神戸で後藤選手に勝って、ドームまでには

勲章を手にしてほしいですね。

 

そうなれば、僕を含めたドラゲー時代からの

ファンも感慨深いところです。

 

そして最後はジュニア勢ですね。

復帰(したと仮定)直後のヒロム。

そしてしばらく個人では結果の出ていないBUSHI。

 

そんな二人には両国が終わると、

うってつけのシリーズが始まります。

そうJrタッグのシリーズですね。

 

いずれシングル王座に挑むであろう

ヒロムの試運転も兼ねた

絶好のシリーズかと思います。

 

まずはここをサクッと優勝して、

バレットクラブかバーズオブプレイが持つ、

タッグのベルトをいただいちゃいましょう。

 

この二人のMIXバージョンのテーマ曲、

めっちゃカッコいいので大好きですし。

(あと、ハーフマスクも好きです。)

 

と長くなりましたが、全員の理想の未来を

考えて見ました。

 

ご覧の皆さんも応援している

ユニットや選手がいるかと思います。

 

こんな感じで理想の未来を考えると

大いに楽しめますよ!ぜひ!

(そんなことを書いている記事はこちら⇩)

www.hi-jyapw.com

 ではではよかったらポチッとしてやってください!

 


人気ブログランキング

鷹木信悟と後藤洋央紀 そしてタイチ

それぞれが狙うベルトは?

 後藤 洋央紀後藤 洋央紀

(出典:新日本プロレス公式)

 

9.22神戸大会、セミファイナルは

鷹木信悟と後藤洋央紀の

SPシングルマッチ。

 

前哨戦から、激しい戦いを

見せている両者ですが、

 

現在は全くの互角といって

よいでしょう。

 

鷹木信悟

昨年10月の参戦以来、

ジュニアで圧倒的な実力を見せ、

そのままの勢いでG1参戦。

 

そのG1は惜しくも負け越しましたが、

各地で好勝負を繰り広げ、

ヘビー級相手でも

十分に戦えることを見せつけました。

 

そして、G1最終戦での後藤戦勝利の後、

正式にヘビー級転向を宣言しました。

 

そして、

ディストラクションシリーズ中、

 

他のロスインゴメンバーが、

各自のベルトへの想いを発信する中、

それに負けじとこう発言しました。

 

『新日本プロレス! 

後藤に俺が勝った暁には

おい、まあ勲章と言ってわかんねえん

だったらハッキリ言ってやるよ。

(ベルトを巻くジェスチャーをしながら)これだよ、これ。

タイトル、それもシングルの! 

おい、しっかり俺においしい

舞台を用意しろ。』

(引用 新日本プロレス公式)

 

新日本に対し、はっきりと

シングルのタイトルマッチを要求。

 

これで、信悟が今一番欲しいものは、

目に見えるシングルのベルトという

ことがわかりました。

 

しかしどのベルトを狙うかまでは

言及していません。

 

 後藤洋央紀 

G1最終日勝てば、決勝進出か?

というところで、信悟に敗れ、

惜しくも予選敗退となりました。

 

そして、その流れのまま、

次は信悟に噛みつき、

現在に至っています。

 

これどこかで見た流れと思いませんか?

そう、ジェイに敗れ、リベンジを誓ったときと同じ展開になっています。

 

ジェイの時は、

LA修行というドラマがあり、

G1で完結という、ファンにとっては

最高の展開がありましたが、

 

今回はその時間もなく、

シリーズを通し、

前哨戦を戦っています。

 

すなわちドラマ性が

ジェイの時よりも弱く、

勝利の機運が今一つ盛り上がっていないように感じています。

 

また、和の精神やG1敗戦への

リベンジは語ってくれていますが、

 

勝って、それからどうすんの?

という部分が不透明です。

 

東金大会の発言で、

『しっかりと勝って、次の展開をこの口で発言してみせますよ』

とありますが、

具体的には語られていません。

 

後藤選手の思い描く展開とは一体??

 

タイチ

今シリーズ、

謎の欠場を続けているタイチ。

これには深い意味があるのか?

 

はたまた、ただカードが

組まれなかったのか?

 

今のタイチのポジションであれば、

前者と考えるのが妥当なところではないでしょうか?

 

ということは、タイチからの謎かけが

あるということですが、

僕には皆目見当がついておりません。

 

日記やTwitterで

動きは目にするのですが、

(日記はネタバレになるので

詳しくは書きませんが、

○○ DOJOに修行に行っています。)

 

いつ復帰するのか?(乱入するのか?)

次のターゲットは誰なのか?

そしてどのベルトを狙っているのか?

などは本当に読めないところです。

 

唯一そうだろうなと思うことは、

今回書いた二人に関わってくるのでは

ないかということです。

 

タイチを含む3名は、G1にて

同ブロックとなりました。

その結果を記しておくと

以下となります。

 

信悟=後藤〇、タイチ〇

後藤=信悟✖、タイチ✖

タイチ=信悟✖、後藤〇

 

これを見ると、タイチにとって信悟は、

リベンジを果たすべき相手と言えます。

 

また後藤選手には勝っていますが、

少し前Twitter上では絡んでいましたね。

まあ、年中行事かもしれませんが。

 

仮に信悟をターゲットにするなら、

どう動くのか?

 

最も近くでは、神戸で信悟が

勝ったところに乱入し、因縁勃発!

 

もしくは、信悟が神戸で勝利。

その後、信悟に

タイトルマッチが組まれる。

 

そして、そのタイトルマッチ終了後

乱入し、因縁勃発!

 

というようなところが

有力でしょうか??

 

どちらにしてもこの二人は、

試合が上手く、マイクも上手く、

 

またそれ以外でも

盛り上げが上手いので、

これが実現すれば、

かなり楽しめそうですね。

(実現希望)

 

そうなると・・

 

そんな展開になるとすると、

後藤選手はどうなるのか??

 

その時点で、

信悟に負けていることになるので、

タイトル戦線からは

大きく後退することになります。

 

タッグに行こうとしても、

相棒のYOSHIHASHI選手は

現在、石井選手とタッグタイトルを

狙っています。

 

つまり、シングル、タッグとも

実に厳しい感じになります。

 

そのままであれば、

中堅選手にどっぷりはまりそうです。

 

もし後藤選手が変化を求めるなら、

ユニットを出るしかないでしょう。

 

KENTAのような

ヒールターンが王道ですが、

そんなチャンスがありながらも、

見送ってきた経緯があります。

 

でも年齢的にも厳しくなる前に

動くなら今しかない。

荒武者から悪武者への変身を

期待しようと思います。

 

そしてこの3名の動きは、トップ戦線とは

言えないかもしれませんが、

 

新日本にとって、

重要なパーツであることは

間違いないところです。

 

ドームに向かう流れの

大きな潮流として、

存在感を見せつけて欲しいと

思っています。

 

9.22神戸の試合が

全ての始まりになるはずなので、

しっかりと見届けたいと思います。

 

では、最後までありがとうございました。

良かったらポチッとしてやってください!

 


人気ブログランキング

新日本プロレスを動かすのは、やはり内藤哲也なのか?

話題の中心には、常にこの男の存在がある。

 新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE内藤 哲也

(出典:新日本プロレス公式)

 

ディストラクションシリーズが始まったばかりですが、

秋のビッグマッチ、ドームに向け、

一気に動きが加速しています。

 

そんな動きの速い現在の

新日本の話題の中心は

やはり制御不能なカリスマ、

内藤哲也と言えるでしょう。

 

ここ最近の2冠ブームの潮流を作り、

またそれだけではなく、権利証にまで、

その動きを広めようとしています。

 

またここのところなりを潜めていた、

会社への提言も久しぶりに

繰り出しています。

 

ダブルタイトルマッチを

するのか、しないのか

早く答えを出せ!

と会社に迫っています。

 

 やはりすべてはこの男の掌の上と

いうことでしょうか?

 

ドームに向け、一気に主役の座を

掴みそうな勢いを感じます。

 

内藤選手が、2冠、権利証、

両方向に目を向けるということは、

 

それに関わる選手も一気に

増えるということに他なりません。

 

思いつくままに挙げると

 

IWGPヘビー級王者 オカダカズチカ

IWGPヘビー級次期挑戦者 SANADA

権利証保持者 飯伏幸太

次期IC挑戦者 ジェイ・ホワイト

次期権利証挑戦者 KENTA

次期権利証挑戦者候補 EVIL

 

と、多くの選手との絡みが

一気に期待できることになります。

 

僕が改めて新日本を

見るようになってから、

 

ドームまでに、チャンピオンや権利証の移動はなかったと記憶しています。

 

しかし今年は少し様相が

違うように感じていて、

 

その理由はやはりドームが

2連戦ということでしょう。

 

それを成功させるためには、

これまでと違うストーリーを

 

見せないといけない

という危機感からくるものかと

推測されます。

 

この新日本の決断はファンにとっては、

大変朗報であると言えるでしょう。

 

これまでの予定調和で

あった世界が崩され、

 

見たことの無い混沌とした世界が見れるかもしれないということなので。

 

そして、内藤選手は先日の

後楽園で言っています。

 

『もし同じユニットの仲間が

同じ方向を向いてたら、

戦わない手はないでしょ? 

 

俺の言ったことに、文句というか……

目標がかぶるのであれば、

俺と戦えばいいよ。

 

それがシングルマッチなのか、

それともタッグマッチで

一緒に組みながら戦うのか、

いろんな戦い方があるよ。

 

でも、こうやって競い合って

いくことこそ、

ユニットを高める最高の方法だと、

俺は思うからね。

 

EVILがどう思ってる、

鷹木がどう思ってる、

SANADAがどうしようと思ってる、

そんなことは関係ないよ。

 

今俺が何をしたいかが、

一番大事なわけで、それをこうして、

皆様の前でしっかり伝えること、

これが一番大事だと、思うからさぁ。

俺は、俺の思う道を行くだけだよ。』

(新日本プロレス公式より抜粋)

 

つまりユニット内でも、

目標が同じであれば、対決も辞さない、つまり同門対決を示唆しています。

 

これも基本的に同門対決のない

(G1以外)新日本では

新たな提案といえるかと思います。

 

内藤vsEVIL

内藤vsSANADA

内藤vs信悟

 

など、ファン垂涎のカードが

G1ではなくタイトルマッチで

 

見ることが出来るかも

しれないということです。

 

こんなタイトルマッチが組まれれば、

ロスインゴファンはもちろん

 

それ以外のファンもテンションが

爆上げすること間違いなしです。

 

最後に・・。

 

発言一つ、行動一つで、ファンの思考を刺激する存在である内藤哲也。

 

まさに唯一無二の存在です。

 

たしかに今、強さの象徴、

頂点にいるのは

オカダカズチカかもしれません。

 

しかし今、本当に動かしているのは

内藤哲也であることは

間違いないと思います。

 

これからもそんな内藤選手を応援していきたいと思います!!

 

では、今回はここまでです。

神戸ワールドまで残り2週間。

ジェイとの前哨戦を楽しみたいです。

 


人気ブログランキング

ディストラクションシリーズのここまで

仲良しの内藤哲也とジェイ・ホワイト

(出典:新日本プロレス公式)

 

ディストラクションシリーズも始まり、

各タイトルの前哨戦も

激しくなっています。

 

その中で今一番盛り上がっているのは、

やはりインターコンチをめぐる、

 

内藤哲也とジェイ・ホワイトの

戦いではないでしょうか。

 

ジェイの凱旋帰国後、

先だってのG1最終戦まで、


長い間寝かされていた対戦ですが、

リング内外を通じ、

非常に噛み合った展開を見せています。

 

この抗争が始まる前は、

どうなるのかと思っていましたが、

いざ、始まってみると

 

アメリカでのジェイの2冠王宣言

内藤選手の新日本への

ダブルタイトルマッチの返答要求

開催しない場合の権利証への挑戦

ジェイのベルト強奪

 

などなど、ファンの目を惹きつける

展開を見せています。

 

また二人を見ていると、良い意味で

この抗争を楽しんでいるように感じます。

 

こういうのは、見ているファンにも

伝わるので、ファン側としても、

非常に楽しめますね。

 

このまま、まずは神戸ワールドまで、

どんどん盛り上げていって

欲しいと思います。

 

続いては、ジュニア戦線について。

ここはオスプレイとELPを中心に

展開しています。

 

別府でタッグのタイトルマッチ。

両国でシングルのタイトルマッチ

が組まれています。

 

両者にとっては、シングル、タッグの

2冠のチャンスもありますが、


無冠に転落する恐れもありますので、

どういう展開になるのか注目ですね。

 

少し前を振り返ってみると、

シングルは


オスプレイ

石森

ドラゴンリー

スカル


タッグは

3K

デスぺ、金丸

ロスインゴ


中心であり、少々マンネリ感も

ありました。

 

特にタッグに関しては、

その傾向が顕著であったので、

今のケイオスとバレットの絡みは

新鮮にうつります。

 

これまで通りであれば、

2冠というのは難しいとなりますが、


これまでと違う展開を作ろう

という意図が、

 

最近の新日本からは

感じるところがあるので、


タッグのタイトルは

バーズ・オブ・プレイへ

移動するかもしれません。

 

となれば誰よりも先駆けて

オスプレイは2冠王となり、

ロビーの格上げにもつながるでしょう。

 

ヒロムが復帰するまでに

ジュニアをさらに盛り上げるには、

これくらいのインパクトが

必要かもしれません。

 

そしてヒロムが復帰した時には、

『オスプレイ。ベルトさんいっぱい

持ってるね。俺も欲しいな~』

なんていう展開を期待したい

と思います。

 

最後はIWGPヘビー級ですが、

特にインターコンチ戦線と比べると、

まだ目に見える盛り上がりは

見せていないように思います。

 

お互い、ファンからの声援を欲しがる

など、らしいところは見せていますが、

 

内藤選手とジェイの絡みのように、

大きな話題にはなっていないように

感じます。

 

お互いタイトルマッチを

上記の二人のように、

表立ってアピールするタイプ

ではないですが、

 

他のタイトルに負けないよう、

そして、またリマッチかという声

にも負けないよう


これから先のシリーズでテンションを

高めていって欲しいと思います。

 

と、今回はここまでです。

 

今週末には、別府大会もあります。

今回書いたことが、どうなっているのか

楽しみにしたいと思います!

 

ではではよかったらポチッとしてやってください!

 


人気ブログランキング