ひーじゃープロレスブログ

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

新日ジュニア

【新日本プロレス】高橋ヒロムが提言したジュニアヘビー級の入門テストは実現するのか?

(出典:新日本プロレス公式) SUMMER STRUGGLE 2021 – 東京・後楽園ホール 2021/8/27 – 第5試合 30分1本勝負 | 新日本プロレスリング (njpw.co.jp) 少し前の話となるが8.27で復帰をはたした高橋ヒロムが、 試合後のコメントで今後のジュニアについて語った…

【新日本プロレス】高橋ヒロム復帰後のジュニアの展開はどうなるのかを考えてみる

(出典:新日本プロレス公式) 【8月27日(金)後楽園大会の全カードが決定!】メインは、注目の“高橋ヒロム復帰戦”! DOUKIとシングルで激突! セミでは、ロビーvsワトがノンタイトル戦!! | 新日本プロレスリング (njpw.co.jp) 8.27後楽園ホールのDOUKI戦…

【新日本プロレス】高橋ヒロム復帰後のジュニアはどうなるのか?

(出典:新日本プロレス公式) 7.25東京ドーム大会でついに公に復帰宣言をはたした、 新世代ジュニアのカリスマ・高橋ヒロム。 その復帰宣言とともに表明したジュニアタイトル挑戦も、 9.5メットライフドームで行われることが正式に決定した。 この展開を見…

【新日本プロレス】東京ドーム大会のあと、ジュニア戦線はどう展開していくのか?

(出典:新日本プロレス公式) (関連記事はこちら↓) www.hi-jyapw.com www.hi-jyapw.com 7.10札幌大会で行われた王者エル・デスペラードと 挑戦者石森太ニの間で行われたIWGPジュニア選手権。 結果は30分近い熱戦の末、王者デスペラードが2度目の防衛をは…

【新日本プロレス】ジュニアタッグ戦線を活性化するためにはどうすればいいのか?

(出典:新日本プロレス公式) 先日の6.23後楽園大会でRoppngi3KからIWGPジュニアタッグの タイトルを奪取したBCの石森太ニとエル・ファンタズモ。 石森にとっては7.10のシングルのタイトルマッチに向け、 大きな弾みがついたと言っていいだろう。 今回の戴…

【新日本プロレス】4.4両国のジュニアタッグ王座戦で何かが起こるのか?

(出典:新日本プロレス公式) 4.4両国 SAKURA GENESISで行われるIWGPジュニアタッグ選手権。 挑戦者のYOHにとっては復帰戦がタイトルマッチとなる。 それについて王者デスペラード、そして金丸義信がツイッターで苦言を呈しているが それはチャンピオンから…

【新日本プロレス】 Road to POWER STRUGGLE 主要カード発表

(出典:新日本プロレス公式) www.njpw.co.jp www.njpw.co.jp 先日10.23後楽園ホール大会での流れを受け、 今シリーズ後半戦の後楽園2連戦にて、 上記二つのタッグタイトルマッチが決定した。 これで11.7の大阪大会と合わせ、IWGPジュニアを除く 主要な…

新日本プロレスワールド 金丸義信VS高橋ヒロムを見て思ったこと ~新日本ジュニアの現在地とこれから~

www.njpw.co.jp 先日、新日本プロレスワールドで高橋ヒロム対金丸義信の試合が、 そしてスマホサイトでは金丸義信の一問一答がアップされた。 皆さんはすでにご覧になっただろうか。 これを見てまず思ったことは、もし通常通り大会が行われていたならば、 ヒ…

新日本プロレス 高橋ヒロムが妄想した自主興行のカードとは? スマホサイト日記より

今週の高橋ヒロム選手の最新日記は「ずっと大好きだ!」豪華カードが目白押し!メインはヒロムvs○○……!?筆者が妄想した自主興行『高橋ヒロム&佐藤健太デビュー10周年記念大会〜この場所で生まれた〜』の詳細とは?☆新日本プロレスのスマホサイトで掲載中!⇒ht…

新日本プロレス 各タイトルの次期挑戦者は誰だ② ~IWGPジュニアヘビー級~

目次 IWGPジュニアヘビー級王座 IWGPジュニアタッグ王座 前回の記事では2冠王座、そしてIWGPタッグの タイトルの行方について書いてみた。 (前回記事はこちら) www.hi-jyapw.com 今回は今もっとも勢いがある高橋ヒロムが牽引する ジュニアについて書いて…

新日本プロレス The New Beginning  2.9大阪城ホール大会 Vol 2

ジュニア新時代は、新たなカリスマとライバルのあの時の清算から始まる (出典:新日本プロレス公式) 前回の記事では2冠王座戦を筆頭としたヘビー級のことを書かせてもらった。 今回はその続きとして、2.9で行われるジュニアのことを中心に書いていきたいと…

これからの新日本プロレスのタイトル戦線を考える  ~ジュニアヘビー級~

新日本プロレスジュニアの新時代のカリスマが独走するのか ここまで2冠王座、そして前回はNEVERとUSヘビーについて考えてみた。 今回は世界最高峰と言われるジュニアヘビー級について書いてみたいと思う。 (以下関連記事) www.hi-jyapw.com www.hi-jyapw.co…