ひーじゃープロレス日記

プロレスのこと、そこから学んだことなど、思いつくままに書いてます。

闇の王よ 絶対王者を乗り越えろ!

 盟友SANADAに続くことは出来るのか?

(出典:新日本プロレスワールド)

 

大阪大会でのSANADAのオカダ戦初勝利に

盟友のイービルも続くことは出来るでしょうか?

 (その記事はこちら⇩)

www.hi-jyapw.com

 

たしかあれは2年前のG1であったかと思いますが、

大阪大会でイービルがオカダを撃破し、

会場はダークネスワールドに支配されました。

 

そしてその時、イービルはこう叫びました。

『お前より俺の方が強ぇ~んだよ。』と。

その言葉が嘘ではないと証明するため、

そして自身の決勝進出のため、
またオカダを破り、IWGPの道を手繰り寄せるため、
最後に一番負けたくないSANADAとの差を縮めるためにも、

この試合は負けるわけにはいきません。

 

ここでオカダに勝てば星取的にも現実的な希望がだいぶ見えます。

 (イービル決勝への道はこちら⇩)

www.hi-jyapw.com

 

 決勝進出は飯伏選手次第のところが多分にあるのですが、

 

もし今大会で飯伏選手がザックに負けるようなことがあれば、

さらに可能性が増します。

(細かく言うと、タナとKENTAの勝敗の具合もありますが、割愛。)

 

そしてこの想像通りに行くと、最終戦を前にこんな感じに変化。

 

オカダ:6勝2敗

飯伏:5勝3敗

イービル:5勝3敗

 

そして最終戦で、イービルと飯伏が勝つと、(つまりオカダ3連敗ということ。)

直接対決の結果で、イービルが初進出となります。

 

これはほぼ、僕の願望、想像、妄想によるところですので、

現実はどうなるかはわかりません。

 

たしかに会社的に考えれば、飯伏選手の進出の方が、

棚橋選手からのエース継承というドラマもあります。

そしてその可能性は普通に考えれば高いかもしれません。

 

また今後のストーリー展開を考えれば、
KENTAの格上げ(箔付け)や

 

タナの復活というテーマの方が

ファンに響くかもしれません。

 

それでも僕は、ここ最近のイービルのシングルでの扱いは、

この決勝進出のフラグであったと思いたいです。

 

あれだけ闇が深ければ、その反動で決勝進出くらいは

あって然りかと思います。

 

上に書いたことを現実にするには、

明日勝つしかありません。

 

これも願望、想像ですが、内藤選手が信悟との一戦で、

カナディアンデストロイヤーを出しました。

言わずと知れたヒロムの得意技です。

 

もしオカダに勝つために、ヤングライオン時代からの

盟友ヒロムの技(タイムボム希望)を出し、それが勝利につながれば、

確実に涙腺はヤバいことになります。

 

今回も想像満載ですが、これでおしまいです。

では皆さんもこのG1の中休み、自分なりの最終盤の展開を

想像し楽しんでくださいませ!!

 

よかったらポチッとしてやってください!

人気ブログランキングへ