ひーじゃープロレス日記

プロレスのこと、そこから学んだことなど、思いつくままに書いてます。

2人だけの世界 ~19年の時を経て~

なぜそれほどまでに受ける? それこそが内藤選手の凄み

(出典:新日本プロレス公式)

 

昨日の大阪大会のメイン。

内藤哲也 vs 鷹木信悟。

皆さん、ご覧になりましたか??

 

初日のメイン、オカダ vs SANADAに負けない、

好勝負となりました。

 

二人にとっては、対戦相手のみならず、

初日のメインの残像とも戦っていたかもしれません。

 

その評価は皆さんの中にもあると思いますが、

僕はこの試合も、初日に負けず劣らず感動しました。

 (良かったらこちらも見てください)⇩

www.hi-jyapw.com

 試合は攻めに攻める信悟、

それを受けまくる内藤という

構図で進んでいきましたが、

 

お互い遠慮がなく、見ている僕たちファンに、

『ホンマにこの二人スゴイな!』

と思わせてくれました。

 

間違いなくプロとしては初対戦のはずなのに、

こんなにスイングするんや、と驚嘆しました。

 

お互いの技量の高さやプロレス頭の良さ、

視野の広さなどがそこに凝縮されていたように感じます。

二人は本当のトッププロレスラーですね。

 

内藤選手は若手のころから天才と呼ばれ、

そのセンスは皆さんも知るところですが、

 

信悟もだてにDGでトップを張っていたわけではありません。

本人も言ってますが、インディー上がりという風評はこれでなくなったはずです。

 

僕はDGも長く見ていたので、その頃の信悟も良く知っています。

これで間接的ではありますが、

DG自体もただのインディーではないともいえるのではないでしょうか。

 

そして最後はハポンの大合唱。

エンディングとしては最高なものとなりました。

 

さて、内藤選手はこれで4勝3敗。

そしてジェイも4勝3敗。モクスリ―は5勝2敗。

 

かなり内藤選手の決定戦進出の雰囲気が漂ってきましたよね。

やはり僕はもう一度内藤選手の優勝が見てみたいです。

そして対戦相手はイービルであって欲しい。

 

ロス推しと言われれば、それまでですが見たいものは見たいです。

その先に見据える2冠王の姿もやはり見たいです。

 

アンチもたくさんいますが、やはりこれほどまでに

人を惹きつける内藤選手は、今の新日本で唯一無二の存在で

あることは万人が認めるところでしょう。

 

武道館最終戦まで、僕の期待が続いてくれるよう、

今週も頑張ってくれればと願います。

 

と、今日はここまでです。

よかったらポチッとしてやってください!

人気ブログランキングへ