ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。

G1後の景色 

2冠王者か?絶対王者か? 

シリーズ画像シリーズ画像シリーズ画像

 

G1も残るところわずかとなってきましたが、

今回は少し先取りし、G1後の各タイトルの様相を

想像していきたいと思います。

 (想像って最高!という記事はこちら⇩)

www.hi-jyapw.com

 

さて現時点で各ブロック7試合が終わり、

いよいよ最終盤となっています。

 

これからが、G1の本番!というところですが、

残りのG1の勝敗予想も込みで進めていきたいと思います!

 

IWGPヘビー級=Ⓒオカダカズチカ

 

ドームまでにおそらくタイトルマッチは1回か2回でしょう。

そしてオカダは残りのG1、

大阪で敗れたSANADAに加え、

イービル、飯伏選手にも負けてしまうのではと予想しております。

 

順当に考えれば、挑戦者はそのうちの誰かとなりますが、

ジェリコも前回の終わり方から考えると、

このままでは終わらないような気がします。

 

ドームまで引っ張るような気はしますが

そこも踏まえると、なかなか予想も難しいところです。

 

しかし人員、人材の豊富さはこういった予想をしてみると

溢れるくらいいるので、スゴイことですね。

このタレントの豊富さが、新日の強さの源と言えるでしょう。

 

もちろん賛否両論ありますが、

会社視点で考えればその豊富な人材を活かすために、

ベルトをいろいろ作っちゃうのも頷ける部分があります。

 

さて話を戻すと次期シリーズに、ビッグマッチとして

鹿児島大会があります。

 

ここは飯伏選手の地元ですので、

メインで何らかのタイトルマッチが行われると読むのが順当です。

もしかするとここでオカダ選手に挑戦するかもしれません。

 

おそらく鹿児島ではあまりタイトルマッチが

行わることはないと思うので、お客様もきっと喜ばれることでしょう。

こう考えてみると、この説は結構濃厚かもですね。

しかし残念ながら、行われたとしても飯伏選手への移動はないと予想します。

 

そしてもう1回あるとすれば、両国か大阪になるはずです。(大阪希望)

そして相手は今年2回目のIWGPヘビー挑戦となるSANADAか?

または2年ぶりの挑戦となるイービルか?

 

この二人であれば、今回はおそらくイービルかと思います。

そしてあの玉座に乗ったイービルが再び見れることでしょう。

(伝説の玉座のイービルはこれ⇩)

 

そしてここも残念ながら、イービルは負けちゃうかなと予想します。

結局ドームまではやっぱりオカダなんか~い。ということになりそうです。

会社的にもドーム2連戦にオカダのチャンピオンは外せないでしょう。


インターコンチ=Ⓒ内藤哲也

内藤選手はG1優勝と予想しておりますので、インターコンチ自体は1回かと。

権利書マッチも1回と予想しております。

 

ここはシンプルに、インターコンチはタイチとの対戦でしょう。

前哨戦の舌戦も加え、この二人の対戦は、

名勝負が期待できるカードに仕上がってきています。

 

また会場人気も高く、発信力もある二人ですので、

どこでやっても期待感とともにお客様も一杯になることでしょう。

僕も何回も見てみたいカードの一つです。

 

結果予想としては、内藤選手の勝ちと考えています。

 

理由としては、もしG1優勝が予想通り現実となれば、

2冠王者への道のりは、ドームまでの最高の盛り上げツールになるはずです。

プロレスファンは、『これ初めて見るぞ!』ということが大好きですからね。

 

そして権利書は、やはりモクスリ―でしょうか?

USのベルトがどうなっているかにもよりますが、

今の状態ではアメリカでUSのタイトルマッチが出来ないようですので、

長期間保持することはないような気がします。

 

おそらくUSヘビーをジュースに渡した後に、

この対戦が組まれるのかなと思います。

であればG1での内藤選手の敗戦も頷けるところです。

 

ここも防衛と予想はしますが、ドームが2連戦と考えると、

まさかもあるかもと思います。

 

NEVER=Ⓒ石井智弘

ここはゴツイ枠のレスラーが集まってくるのではないでしょうか?
信悟がG1の残り2戦、後藤、石井戦を残しているので、おそらく連勝します。

そして後藤選手はすでに、石井選手に勝っています。

 

よっておそらくこの3名の組み合わせで、複数回タイトルマッチが組まれるはずです。

試合内容自体は保証できるので、次期シリーズのビッグマッチのどこかで

開催されることでしょう。

 

そして最終的には信悟が持っていると予想しています。

やはり信悟が持っていると、誰と対戦しても新鮮味があるので、

おそらくそうなるのでは。

 

信悟にとっても、参戦1年でシングルのベルト保持となれば、

今後の格付けも良い位置までいけるはずです。

 

USはインターコンチのところで、触れましたので割愛します。
(モクスリ―からジュースへの移動)

 

と、僕のタイトル戦線予想はこんな感じです。

皆様も秋以降の動きを想像し、楽しんでみてくださいね!!

 

では良かったらポチッとしてやってください!

人気ブログランキングへ