ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。

伝説創るイッテンゴ。それは新たなステージの始まり。

 1・5ドームのメインは、新日本最強のカード、

オカダvs内藤となるのか?

『WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム』! 2020年1月4日(土) 、1月5日(日)ドーム2連戦の特設サイトが早くも開設!

 (出典:新日本プロレス公式)

 

 前回は1・4ドームのことを想像を駆使し書いてみました。

(その記事はこちらです⇩)

www.hi-jyapw.com

 

今回はそこで告知していたように、

1・5ドームのことを書いていきたいと思います。

 

まずは今一度前提として、こちらをご覧ください。⇩

 

上のツイッターはすでに各界隈で大きな話題となっている、

ダブルタイトルマッチ、2冠王者構想のお話しです。

この飯伏選手の主張が受け入れられた前提で以降は進めていきたいと思います。

 

前回記事にも書いてますが、僕の予想する1・4のカードは

 

メイン:IWGPヘビー級選手権

(チャンピオン)オカダカズチカ 対 (挑戦者)飯伏幸太

 

セミ:IWGPインターコンチネンタル選手権

(チャンピオン)内藤哲也 対 (挑戦者)ケニー・オメガ(希望)

(*ICの挑戦者は、モクスリ―やジェイの可能性もあり。)

 

そしてこの対戦の結果予想は・・

ともにチャンピオンの勝ち!になると考えています。

 

そしてメイン後に、こんなことが起きればいいなと想像しています。

 

 

メインの勝ち名乗りを受けるオカダ選手のもとに、

ユラユラと制御不能のカリスマが登場。

 

そして、

内藤:『オカダ~!俺が何のために来たのかわかるか?

飯伏が言ってたように、明日のメインで、

ダブルタイトルマッチやりますか?、やりませんか?

今この場で答えていただけますか?』

と、問いかけるはずです。

 

そしてオカダも呼応するように、こう言うでしょう。

オカダ:『内藤さ~ん。面白れぇ~じゃねーか、やってやるよ。』

 

最後に内藤選手が、観客の皆様にこう問いかけるでしょう。

内藤:『東京ドームにお越しのお客様!、

チャンピオンがこう言ってますが、よろしいでしょうか??』

 

ドームはもう割れんばかりの大歓声です。

 

完全に想像ですが、こんな感じで1・5のメインが決定すれば、

次の日に向け、プロレスファンのテンションは爆上げです。

 

そして当日を迎え、正式にこのカードが発表されるはずです。

 

1・5東京ドーム・メインイベント

IWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタル・ダブルタイトルマッチ

 

(IWGPヘビー級王者)

オカダカズチカ

(IWGPインターコンチネンタル王者)

内藤哲也

 

ドーム2連戦のトリを飾るにふさわしい、新日最高のカードが

2年ぶりに実現することになるはずです。

 

そして試合は大熱戦の末、内藤選手が勝利すると思います。

そして自身の公約であった2冠王者となり、

1.5のサブタイトルである、伝説を創ることになるでしょう。

 

そして締めはもちろんロスインゴファン待望のドームでの大合唱!

そしてそこで次の仕掛けなどが発表されれば、なお熱いですね!

 

例えば、

 

G1クライマックス決勝戦を東京ドームで!

春夏秋冬でドームツアー!

 

などが発表されれば、

まさに新日本としても次のステージへ進んだと

言えるのではないでしょうか。

 

そんなことを想像しながら、このG1終わりを楽しんでいます!

皆さんも自分で思い描く、最高の展開を考えてみてはいかがでしょうか?

 

と今回はここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

よかったらポチッとしてやってください!

人気ブログランキングへ