ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

1.4 IWGPヘビー級、ICのタイトルマッチの意義とは

ダブルタイトルマッチへの通行手形

(出典:新日本プロレス公式)

 

2019年も残り1週間を切った。

となれば2020年 1.4そして1.5両日に渡って行われるWK14も間もなくということだ。

 

今回の史上初めて行われる2日間の東京ドーム興行の最大のテーマは、

ご存知の通り、これも史上初となるIWGPヘビーとICの2冠王をめぐる争いである。

 

他にも注目すべきカードは多数あるが、

焦点としてはこのテーマに集約されているといっていいだろう。

 

1.5で行われるダブルタイトルマッチに注目が集まることは当然だが、

それと反比例するかの如く、1.4の両タイトルマッチの意味が薄れているように思う。

 

つまり本来あるべきドーム興行のメイン、セミという意味合いではなく、

トーナメントの準決勝というように個人的には感じている。

もしかするとそのように感じている方もいるのではないだろうか。

 

1.4東京ドームという年間最大興行のメイン、セミの舞台には、

新日本所属、そして参戦しているレスラーの中でも、

ごく限られたレスラーしか立つことが出来ない場所だ。

 

それは近年のカードを見てみると良くわかるだろう。

 

2020年 メイン オカダ・飯伏、 セミ ジェイ・内藤

2019年 メイン 棚橋・ケニー、セミ ジェリコ・内藤

2018年 メイン オカダ・内藤、セミ ケニー・ジェリコ

 

3年間とも出ているのは内藤哲也一人である。

あのオカダカズチカさえ外れたことがあるくらいの限られた世界だ。

つまり、限られた世界だからこそ、絶対的な価値があるというわけである。

 

今回も出場選手に関しては、だれも異論はないだろう。

まさに現在の新日本のTop of Topである。

 

しかし各タイトルマッチの価値に関しては、近年のドームと比べ

期待感や高揚感などは低いと言わざるをえない。

 

これは2日間興行の副産物として、致し方ないところもあるとは理解している。

選ばれし4人のレスラーには、その見方を覆すファイトを期待したいと思う。

 

それぞれのタイトルマッチのポイント

ではここからはお客様の見方を覆すような試合となるポイントを書いていこうと思う。

個人的な主観であるが、考えて見たい。

 

IC選手権 ジェイ・ホワイト VS 内藤哲也

 

8月のG1、9月の神戸に続き、今年3度目の決着戦だ。

現在は内藤哲也の2連敗中であることは皆さんも知るところだろう。

 

お互いスタイルは似ているので、手が合うタイプであると感じている。

よって好勝負となることはお墨付きであろう。

 

しかしお客様に印象を残すには、これまでとは違った何かが必要となるだろう。

そのポイントは、内藤哲也のヒールターンであると思う。

 

内藤哲也の立ち位置はロスインゴ結成当時と変化し、

現在は実質ベビーフェイスと言えるだろう。

 

初期の制御不能っぷりは人気の上昇とともに影を潜め、

今のファイトスタイルは基本的にベビーフェイスのそれである。

 

しかし今回、現在のトップヒールであるジェイ・ホワイトに対し、

ロスインゴ初期時代を思わせるヒールファイトを見せれば、

会場、そして画面の向こうのお客様も狂喜することだろう。

 

全てのファンとは言わないが、内藤哲也には綺麗なファイトなど求めていない。

ファンが見たいのはやりたいことをやる制御不能な姿なのではないか。

ファンの心がわかる内藤哲也が、それに気づいていないわけはないだろう。

 

IWGPヘビー級選手権 オカダカズチカ VS 飯伏幸太

 

今年でいうとG1以来の再戦となる一戦だ。

前回は飯伏幸太が勝利し、G1優勝まで駆け上がったことは記憶に新しい。

 

この試合での付加価値となるポイントのヒントは、12.8広島大会で飯伏が見せた

ブリーフケースの殴打にあるだろう。

あの時のお客様の反応、衝撃は相当なものであったはずだ。

 

つまりお客様は本隊のエースというキャラクターではなく、

狂気的な飯伏幸太が見たいのではないだろうか。

俗にいう『キレた飯伏幸太』というヤツである。

 

絶対的な強さを持つ最強王者に対しては、

いつものムーブだけでは連勝することは難しいだろう。

 

そこにはオカダの想像を上回るような、そしてあの中邑真輔戦を超えるような

飯伏幸太が必要であると思う。

 

個人的にはそんな飯伏幸太を見ることが出来れば、これまでのドームのメインにも

引けをとらない戦いが生まれるのではないかと思っている。

 

最後に

この4人のレスラーには、選ばれしものの恍惚を感じ、

これぞドームのセミ、そしてメインだという戦いを見せてもらいたいと思う。

そんな運命のWK14まではあと1週間あまりだ。

 

では今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 


人気ブログランキング

twitter.com