ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

ヒロム オカエリ OKAERI

HIROMU is back


(出典:新日本プロレス公式)

 

髙橋ヒロム 復活。

今回の記事を一言で書くと、ただそれだけです。

 

これまで多くの選手がケガから復帰という道を歩んできましたが、

これほど大歓声を浴びた、すなわちこれほど復帰を心待ちにされた選手はいたでしょうか?

 

少なくとも僕が再び新日本プロレスを見るようになってからは記憶にありません。

つまり髙橋ヒロムというレスラーは、新日本のファンにとって

ひいては新日本プロレスにとっても代えの利かない特別なレスラーであるといえるでしょう。

 

今回はそんなヒロムのことを思う存分書いてみたいと思います。

(関連記事はコチラ↓)

 

www.hi-jyapw.com

 

 

www.hi-jyapw.com

 

 

www.hi-jyapw.com

 

 

圧倒的な存在感と華

ヒロムが欠場中に感じていましたことですが、ヒロムがそこにいないと

ロスインゴ全体の空気がすっきりしない印象がありました。

(すっきり以外の表現が見つかりませんでした・・)

 

誰が悪いという事ではないのですが、そこにいるべき人がいないという

空虚感のようなものでしょうか?

 

見出しにもあるように、欠場前は圧倒的な存在感と華を持っていましたので、

その影響はユニット全体にとってもゼロではなかったと思います。

 

その影響もあったのか少し前までは、ロスインゴ全員がベルトも

そして目標も見失っていた状態でした。

(ベルトはまだありません。)

 

しかしヒロムの復帰に合わせるかのように、

内藤哲也、BUSHIがまず変化を見せ動き出します。

 

今も続いていますが、あの饒舌な内藤哲也がほぼ言葉を発することなく、

沈黙を貫いており、笑顔すら見せません。

 

『思いは口に出さなきゃ伝わらない』と言い続けていた内藤哲也が、

思いを発しない。

それは逆説的にそれだけ思いが強いからという風に僕自身は感じています。

 

ヒロムの復帰までのリハビリなどを、内藤哲也はもちろん

目や耳にしてきたでしょうから、ヒロムの復帰が見えた時に、

俺も自分の夢の為に変わらなければいけないと思ったのかもしれません。

 

1.4ドームで内藤哲也、ヒロムともにそれぞれチャンピオンとなれば、

これ以上ない復帰祝いとなるでしょう。

 

そしてジュニアの盟友でもあるBUSHI。

 

結果的には、ヒロム登場直前のIWGPジュニアヘビー選手権で敗れてしまいましたが、

あのオスプレイをギリギリまで追い詰め、シングルプレイヤーとしての健在っぷりを

ファンに見せることが出来たのではないでしょうか?

 

そんなBUSHI選手がこのタイトルマッチをオスプレイに受諾させるまでには、

まさに制御不能な、それでいて強い思いが見える行動をとり続けました。

 

その根底にはヒロムの復帰をチャンピオンとして迎えるという、

BUSHI選手の思いがあったということかもしれません。

もしヒロムがチャンピオンになれば、その時にまたチャレンジして欲しいと思います。

 

これからのヒロム

1.4ドーム初戦でのオスプレイとのタイトルマッチは、

おそらく確実に行われることになるでしょう。

 

あとはそのドームでのタイトルマッチが復帰戦となるのか?

もしくは今後のシリーズにて復帰し、試運転をするのかということですが、

現時点ではまだ発表されておりません。

 

普通に考えれば、次期シリーズ、タッグマッチなどで肩慣らしをして・・と思いますが、

ヒロムの価値を考えれば、それは何か違うなという勝手な思いもあります。

 

復帰初戦で、ジュニア最強のオスプレイに勝ってチャンピオン!という方が、

ヒロムには似合うような気がします。

 

昨日の動きを見ていると、即復帰も出来そうですが、

しっかり見極めて時期を決めて欲しいですね。

 

またマイクを聞いていると、これまでのスタイルは変えない!という強い意志が見えます。

 

これについては心配してもキリがないので、ヒロムが雑誌Number誌上でも、

言っていたように、『クソ楽しむ』ようにしようと思います。

 

最後にヒロムの昨日のコメントを皆さんご覧ください。

 

ヒロム「こんなにもお集まりで、ありがとうございます。世界中の、世界中のヒロムちゃんファンなら、11月の大阪大会に出てくるって、簡単にわかった。簡単にわかってるはずですよ。ね、簡単だったでしょ? まず第一に、俺は相手が誰であろうと、IWGPジュニアヘビー級のベルト、そこにしか興味がない。そして第二に、最大級に、最大限に目立てる場所で、挑戦する。そう、『WRESTLE KINGDOM』、東京ドーム大会。これを考えたら、簡単だったんじゃない? 俺が『(BEST OF THE)SUPER Jr.』を欠場した時点で、わかりきった話でしょ。だって、たいがいこの11月の大会で、『WRESTLE KINGDOM』、ジュニアのカード決まるでしょ? そこしかないじゃん。俺が好きなの。IWGPジュニアヘビー級に決まってるじゃん。簡単でしょ、そんなの? ところがところが、BUSHIさんの挑戦、スゲエ刺激的だったよ。BUSHIさんがどんな思いで、この11月のこの大阪の場所、オスプレイのタイミングを見て、挑発し、ここに、この11月3日の大阪で挑戦したか。俺には気持ち、たぶんだけど、たぶんだけどわかるから、俺はBUSHIさんに心から敬意を表する。ここで言う言葉、ここで大事なことを言う。一つだけ、一つだけ大事なことを言う。ウィル・オスプレイ、東京ドームでIWGPジュニア、いただくよ。TIME BOMBだけだと思うな!」

(引用:新日本プロレス公式)

 

ではどちらかポチっとお願いいたします!

 


人気ブログランキング
人気ブログランキング