ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。

ヒロム ナオッタ NAOTTA?

「プロレスなめんな」「クソ楽しめ」

髙橋 ヒロム

(出典:新日本プロレス公式)

 

www.hi-jyapw.com

 今回は上記事に続き、Numberのヒロムの記事から、

感じたことを書きたいと思います。

 

まず嬉しいことで言えば、ヒロムはすでに、

首の痛みもない状態であるということです。

 

またトレーニングも再開し、

復帰に向け、順調であるとのことです。

 

そして復帰後も

『これまでと変わらぬスタイル』

で戦うと宣言しています。

 

こうなると出てくるのが、

『最近のプロレスは危険すぎるんじゃないの?』

論争ですが、これにはヒロムはこう言ってます。

 

『安全が保障されたプロレスなんて面白いか?』

『評論家ぶんな、ただクソ楽しめ』 と。

 

ヒロムらしい言葉ですね。

まさにその通りだと思います。

 

語弊はありますが、安全なプロレスはきっと面白くありません。

僕を含めたファンは、自分が出来ないことを平然と行う

プロレスラーに共感や尊敬の念を抱きます。

 

すなわち常人が出来ないことをするアスリートであり、

 

かつ思いを伝える演者であるからこそ、

『プロレスラー』として、ファンに支持されるということでしょう。

 

ですので危険すぎるということは簡単ですが、

プロレスラーを信じてくれ、

というヒロムの思いは、彼が言うからこそ重みがあると思います。

 

またヒロムが言う、

クソ楽しめという言葉は=純粋に楽しめという事と思いますが、

プロレスファンの性として、キャリアが長くなると

斜に構えて見てしまうことが多々あります。

(僕もそうかもしれません。)

 

ヒロムはファンが純粋に楽しんで、盛り上げてくれたら、

それが試合を作り、レスラーの力になると言っています。

 それはまさにそうですよね。

 

どれだけいい試合をしていても、

ファンがそっぽを向いていたら

 

それは最高の作品とは言えませんし、

逆もまた然りです。

 

つまりプロレスというジャンルは、

レスラーとお客様が一体となって作り上げるものですよ。

 ということを

ヒロムは言いたいのかもしれません。

 

最後にヒロムに関して、

感じたことを書きたいと思います。

 

ヒロムの存在感の大きさは

欠場してより鮮明に感じたということ。

 

これはロスインゴだけでなく、

ジュニアにおいても。

 

ヒロムという唯一無二の個性は、

誰にも埋めようがないということ。

 

そして、とうとう6人のロスインゴが、

近々見れるのが、楽しみでしかないということ。

(一番つながりの深い、イービルはどんな顔するのかな~と思ってます。)

 

と今回はここまでです。

ヒロムの復帰がどこなのかは・・・トランキーロということで。

 

最後までありがとうございました。

良かったらポチッとお願いいたします!