ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。

ヒロム 両国 モドル MODORU

ダリル・ナオルとともに。

髙橋 ヒロム 鬼神降臨!10.14両国 獣神サンダー・ライガーvs鈴木みのる、ついに一騎打ち!画像

(出典:新日本プロレス公式)

 

昨日、ヒロムの日記が更新されました。

(スマホサイトはコチラ⇩)

モバイルサイト | 新日本プロレスリング

 

その内容を書ける範囲で言うと、

 

・ジュニアは盛り上がってるの?

・両国へは行かないよ。

・復帰はいきなりの登場。

・ライガーが引退するまでには

姿を見せる。

 

というようなことでした。

 

額面通りに取ると、両国には登場しない

ということになりますが、

 

そこはあのヒロムのことです。

逆にこれは両国に登場する

布石ではないかと感じました。

 

ではもし登場するなら、

どの場面なのか?

 

ライガーへの対戦表明?

 

ヒロムの戦いたい相手である、

イニシャルK


それは鬼神ライガーであることは

皆さんもご存知かと思います。

 

この両国でその姿が

見れるかはわかりませんが、


みのる戦では、

通常の姿でライガー選手も

現われることはないでしょう。

 

またその試合の途中で、鬼神ライガーに

豹変することも十分に考えられます。

 

となれば、その試合後に

ヒロムが登場することも

展開的に考えられるのではと思います。

 

ヒロムの発言から想像すると、

どうやら『高橋ヒロム復帰戦』


というような

スタイルでは帰ってこないようです。

 

つまりファンからすると、

サプライズなタイミングで

その姿を現すということでしょう。

 

それが毎年サプライズが起こる、

この両国であっても、

何ら不思議はありません。


むしろここでしかないような

気がしてきました。

 

ジュニアタイトルマッチの勝者の元

もう一つの可能性としては、

ジュニアのタイトルマッチ絡みが

予想されるところです。

 

日記ではジュニアは

大丈夫と言ってはいますが、


誰よりも新日ジュニアを愛し、

 誇りを持っているヒロムからすれば、


少しでも早くその戦いに戻りたいのが

本音であるかと思います。

 

元々の復帰戦の本命は、

盟友でありライバルの

 

ドラゴン・リーであったと

思うのですが、


CMLLとの契約絡みで、

新日マットに戻るかどうかも

不明瞭になっていると聞きます。

 

であれば、

路線を変更せざるをえませんので、


この両国決戦で、

勝者つまりチャンピオンに

絡んでおく必要があるように思います。

 

『両国へは行かないよ』

というセリフが、


逆に登場を暗示しているような

気がしてなりません。

 

まとめ

ここまで書いたことは

すべて僕の想像にすぎません。


これまでもヒロムの復帰記事は

書いてきたりしています。

 (その記事はこちらです⇩)

www.hi-jyapw.com

 

www.hi-jyapw.com

 

しかしながら、その期待はこれまでは

期待のままで終わっています。

 

ヒロムのケガの場所が場所だけに、

確実に治ってから

戻ってきて欲しいのですが、

 

ワールド等で

ヒロムの映像を見たりすると、


早く動いているヒロムを

見てみたいな~と思ってしまいます。

 

これはファンの皆さまの

総意であると思ってます。

 

あの唯一無二の存在感。

そしてあのファイトスタイル。

誰にも真似できるものではありません。

 

ジュニアという視点で見ても、


ライガーが引退。

ドラゴン・リーも不透明。


信悟はヘビー転向。

そしてオスプレイも

その可能性はあるでしょう。

 

そう考えるとやはり次の

新日ジュニアの象徴は、

ヒロムしかいないと思います。

 

6人でのグータッチ、6人での大合唱、

そして6人での入場など、

まだ見ぬ景色もたくさんあります。

 

そのどれかが、両国で見れれば、

最高にハッピーなことですね!

 

では今回はここまでとなります。


サプライズは起こるのか?

両国まであと6日です!

 


人気ブログランキング
人気ブログランキング