ひーじゃープロレス日記

プロレスのこと、そこから学んだことなど、思いつくままに書いてます。

昨日の発表からわかったこと

見えてきたドームへの道

(出典:新日本プロレス公式)

 

昨日のG1一夜明け会見で、今後に向けいろいろなことが

発表されました。

 

今回はその事実から色々と紐解いていきたいと思います。

 

・IWGPヘビー級タイトルマッチ

 

まずはG1最終戦の流れ(タッグにてみのるがオカダにフォール勝ち)

から決まりました、IWGPヘビー級のタイトルマッチです。

 

今回の流れを見て感じたのですが、

みのるがG1に出れなかった(もしくは出なかった)理由が

ここにあったということです。

 

 

つまりG1以外の流れから、タイトルに絡むという

新たな手法しか挑戦につなぐことが、

ストーリー的に難しかったということでしょう。

 

具体的には、みのるがG1優勝ということはさすがに厳しい。

であれば、リーグ戦で勝つということになるが、

 

オカダは今回に関してはSANADAと飯伏しか、

今後を踏まえると負けることが出来なかった。

 

そうであれば、みのるを挑戦させるにはG1枠外から

一気に決めるしかなかった。

ということですね。

 

結果的にこれで、みのるに今一度スポットが当たり、

ファンとしても留飲が下がったことでしょう。

 

また開催場所もイギリスということもポイントなのでしょう。

みのるは海外では相当な人気があるようですので、

もしかするとそちら方面より要請があったのかもしれません。

まあそんなことを考えるのも楽しいことですね。

 

現状タイムリーには(9月に放送?)

ワールドなどでも放送がないようですので、

タイトル移動というのは少し難しいと考えていますが・・。

 

(*投稿後、CSにて生放送が発表されました。)

その情報はこちら⇩

日本時間・8月31日(土) 深夜1時30分~ CSテレ朝チャンネル2にてイギリス・ロンドン大会を国内独占生中継! | 新日本プロレスリング

 

・飯伏選手の発言(1.4IWGPヘビー、1.5IC挑戦)

続いては会見中にありました、飯伏選手の

『1.4にIWGPヘビー級に挑戦し(獲得)、1.5でICに挑戦する。』

発言です。

 

これを見たとき、僕だけではないと思いますが、

『これは内藤選手の2冠王者のための発言?』

と感じました。

 

IWGPヘビーに挑戦するのはもちろん理解できますが、

それと同時にここで飯伏選手がICのことを言うのは、唐突感が否めません。

もっと言うと、自分の意志で言ったようには思えませんでした。

 

そのような経緯を踏まえ、

『伝説創るイッテンゴ。』というキーワードを改めて考えると、

会社としては2冠王者というものを作りたいのかもしれません。

 

それが内藤選手なのか、飯伏選手なのか、もしくはオカダ選手なのかは

現時点ではわかりませんが。。

 

それらを踏まえると、1.4のメインはこれまで通りIWGPヘビーで、

1.5のメインはIWGPヘビーとICのダブルタイトルマッチ

というようになるのではないのでしょうか。

 

そう考えると1.5のドームは独立したお祭り的なものではなく、

1.4の結果を受けてのものになるということかもしれません。

 

G1が終わりましたので、このような感じで、

これからはドームに向けてのいろんなことを考えることが

楽しみになってきますね。

 

まさにこの記事に書いているヤツです。

(その記事はこちらです⇩)

www.hi-jyapw.com

 

では、今回はここまでです。

G1ロスに負けずに、これからも毎日書いていきたいと思います!!

皆さんも良かったら見てやってください!!

 

ついでに良ければポチッとしてやってください!

人気ブログランキングへ