ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

内藤哲也が2冠王者を口にした理由

内藤哲也が2冠を口にした日

 

内藤 哲也

(出典:新日本プロレス公式)

 

WTL後半戦、只今タッグリーグとは別に、IWGPヘビー級の前哨戦が行われている。

そして前半戦ではICの前哨戦が行われていた。

 

そして1.4ドームでそれぞれのタイトルマッチが行われ、

その勝者が2冠を賭けて、1.5ドームでダブルタイトルマッチを行う。

これが2冠戦線の流れであるところは、皆さんもご存知であろう。

 

そもそもであるが、この2冠の流れが出来たきっかけは今年1.29後楽園大会で、

内藤哲也が口にしたコメントが始まりである。

そのコメントの主要部分を以下に抜粋してみた。

 

札幌大会にて行われるIWGPインターコンチネンタル選手権まで、あと5日。

タイチ選手、そして、タイチ選手を応援している皆様には申し訳ありませんが、

皆様の予想通りの結果、そして、IWGPインターコンチネンタル王座を、

俺は防衛することになりますよ。

内藤哲也は、インターコンチネンタル王座を保持しながら、

一体何を見据えているのか。

皆様、去年の10月、両国大会を思い出してくださいよ。

当時のIWGPヘビー級チャンピオン、ケニー・オメガに、飯伏幸太、

そして当時のUSヘビー級王者、Codyが挑戦したわけですよ。

つまり、他の王座を保持しながら、

IWGPヘビー級王座に挑戦することは可能ってことでしょ? 

じゃぁ、俺はそこを狙っていこうかな。

インターコンチネンタル王座と、IWGPヘビー級王座を同時に保持すること、

俺はその史上初の偉業を目指していきますよ。

 

当時内藤哲也はICを保持しており、直近にタイチとの防衛戦を控えていたところだ。

そして防衛を前提として、次なる目標を口にしたわけである。

 

その論理はいかにも内藤哲也らしく、

前年のジ・エリートのメンバーで行われた、

3wayでのタイトルマッチを持ち出したわけである。

 

コメントにもあるように当時のチャンピオンのケニーに、

飯伏、コーディーが挑戦したわけだが、当時コーディーはUSチャンピオンであった。

 

内藤哲也はそこをうまく拾い、自身のコメントの正当性を主張したわけである。

まさに内藤哲也らしい、会社の隙をついた論理である。

 

ここからは推測だが、自身の立ち位置や内容を考えると、

突発的に思いついたわけではないはずだ。

 

トップレスラーとなり、カリスマと呼ばれ、ある意味頂点に立ってしまった内藤哲也は

次の目標をずっと考えていたのだろう。

そして今一度圧倒的な主役となるべく、2冠という言葉を口にしたと思う。

 

ファン投票

今回の2冠戦決定は、オカダカズチカが11.3大阪で口にしファンに委ねるという形で、

決定したことは皆さんも記憶に新しいことだろう。

 

オカダ、ファン投票というキーワードが出れば、

内藤哲也には忘れられない思い出がある。

 

2014年1.4東京ドーム、IWGPヘビー級選手権であるオカダ対内藤戦が、

ファン投票の結果、IC戦である中邑対棚橋戦に敗れセミファイナルに降格したことだ。

 

この屈辱的な出来事を、あの内藤哲也が忘れているわけはないであろう。

本人は今も、そしてこれからも口にしないかもしれないが2冠を目指す理由には、

きっとこの出来事も関係していると思う。

 

あの日の出来事の屈辱を晴らすために、

IWGPヘビーとICを同時に保持するということだ。

 

2冠を保持すればファン投票など関係なく、誰も認めるトップとなり、

メインを張れるわけである。内藤哲也のリベンジはそこで完結するのかもしれない。

 

1.5東京ドームのメイン後、大合唱の前に内藤哲也の口から何が聞けるのか?

それとも聞けないのか? その答えは内藤哲也しかわからない。

ファンはトランキーロで待つしかないということだろう。

 

では今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

今週末はWTL最終戦 広島大会!

 


人気ブログランキング

twitter.com