ひーじゃープロレスブログ

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

【新日本プロレス】 決戦間近 POWER STRUGGLE 展望 Vol.2

f:id:yosikazukun:20201025141414p:plain

(出典:新日本プロレス公式)

www.njpw.co.jp

 

 

前回の記事では11.7大阪大会の第一試合、

そして第二試合についての展望を書かせていただいた。

そちらは以下の記事をご覧いただければ幸いである。

www.hi-jyapw.com

 

 

よって今回の記事ではその続編として、

第三試合のSPシングルマッチ 

オカダカズチカ対グレート・オーカーン、

 

 

そして第四試合のUS王座権利証マッチ 

KENTA対棚橋弘至について書いていきたいと思う。

 

 

この2試合は2冠戦線とは異なる路線であるが、

別の視点で見るとかなり興味深い戦いであると思っている。

それらを含めた展望をそれでは進めていこう。

 

 

スペシャルシングルマッチ オカダカズチカ対グレート・オーカーン

 

f:id:yosikazukun:20201103140903p:plain

(出典:新日本プロレス公式)

 

 

このオカダとオーカーンによる第三試合は

個人的には今大会でもっとも注目しているカードだ。

 

 

そしてこの試合のポイントは

大きく分けて以下の3つがあると考えている。

まずはそれをご覧いただきたい。

 

①初対決でオーカーンはオカダ超えを果たせるのか

②オスプレイ、ビー・プレストリーの介入はあるのか

③新メンバーの投入はあるのか

 

 

やはりこの試合のポイントで

もっともウェートが大きいのは勝敗という部分になるだろう。

 

 

大方の予想はオカダ有利かとは思うが、

もしオーカーンがいきなりオカダ超え果たせば、

それは重要な意味を持つと言えるだろう。

 

 

なぜならオカダを破るということは、

ある一定の選手しか超えることの

できない領域であるからだ。

 

 

もしその領域にオーカーンが一気に踏み込むことができれば、

以降の各タイトル戦線への参入が可能となるはずだ。

 

 

固定されつつあるタイトル戦線にオーカーンのような

新たな選手が加われば、それは新たな展開を生み出し、

活性化することは確実だ。

 

 

そう考えるとあながち今回オカダを破るという

サプライズもあり得るのではないかと思う。

 

 

またもし敗れるとしても、何か爪痕を残したいところだ。

どちらに転ぶにせよこの戦いは、

オーカーンにとって最初の試金石と言えるだろう。

 

 

つづいてはユニットメンバーである

オスプレイ、そしてビーの介入だが、

これはどのような形であれ行われるはずである。

 

 

オーカーンとともに立ち上げたばかりのユニット自体の

存在意義も見せないといけないので、

良い悪いは別として必要なことと言えるだろう。

 

 

ましてオーカーンのキャラクターや、

オスプレイの言動を見てみると明らかにヒールよりの

ユニットを目指しているように感じる。

 

 

そうであればこのオカダ戦はそれを

見せつける大きなチャンスと言えるだろう。

 

 

またそれとリンクし期待される

新しいユニットメンバーの登場も期待したいところだ。

 

 

現状の動きからは、別ユニットから引き抜くのか、

または別ユニットと合体するのかは読み切れないが、

この先を考えればこの大阪で何か動きがあるはずだ。

 

 

以上のような点からこの試合はただのスペシャルマッチではない、

注目すべき戦いであると言えるだろう。

 

 

IWGP US王座権利証マッチ KENTA対棚橋弘至

 

f:id:yosikazukun:20201021103925p:plain

(出典:新日本プロレス公式)

 

 

このUS王座の権利証マッチも、今後のことを考えると

大きな意味を持つ戦いであると言えるかと思う。

 

 

その理由は皆さんもよくご存じかと思うが、

現在AEWとの間をつなぐ、唯一のタイトルであるからだ。

 

 

ひとまず状況を整理しておくと、

現在のUS王者はジョン・モクスリーである。

またモクスリーは現AEW世界王者であり、形を変えた2冠王者と言える。

 

 

またモクスリーはジェリコとともに、

日本限定であるが新日本への参戦を許されている。

 

 

つまり現在の新日本とAEWはモクスリー、

そしてジェリコとの個人間でしか

結ばれていない状況であるということだ。

 

 

ここからは推測であるが、今回US王座の権利証が出来たということは

モクスリーの来日にめどが立っているということだろう。

 

 

そしてさらに重要なことは新日本の体制の変化により、

AEWとの関係が良い意味で変化があるのでは

という憶測があるということだ。

 

 

そしてそれらをつなぎ合わせる存在として、

同じ時期にWWEに在籍していたKENTA、

そしてすでにレジェンドと言える棚橋弘至が選ばれたということだろう。

 

 

WWE時代を知っているKENTAはもちろん、

棚橋弘至にもモクスリーとは間接的な因縁がある。

 

 

それはモクスリーが新日本参戦を決めたきっかけは、

鈴木みのると棚橋弘至の試合を見たからだと言われている。

 

 

一方の鈴木みのるとはUS王座をかけて戦ったことを考えれば、

もう一方の棚橋弘至と戦うことは必然とも言えるだろう。

 

 

またおそらくこの試合の勝者はモクスリーとドームで

戦うことになるかと思うが、AEWとの関係が上手くつながり、

かつコロナ禍が改善することがあれば、

 

 

新日本からのAEWへの個人的な参戦や、

アメリカでのタイトルマッチも可能となるかもしれない。

 

 

そうなればそれは引き続き行われるであろう、

新日本の海外戦略に向けて大きなプラスになることかと思う。

 

 

おそらくこの試合後、モクスリーの映像による登場か

会場への登場があるかと思われる。

 

 

きっとそこでこのベルトを巡る次の展開が見えることになるだろう。

個人的には両団体の活発な交流を望むばかりである。

 

 

さて今回はオカダとオーカンによるSPマッチ、

そしてUS王座を巡る権利証マッチについて書いてみた。

 

 

両方とも正式なタイトルマッチではないが、

それとは別に大きな意味を持つ戦いであると言えるだろう。

 

 

この2試合に関しては試合中はもちろんのこと、

試合後も決して目を離してはいけない。

きっとそこに次につながる何かが起こりえるからだ。

 

 

ついに参加メンバーが決定したBOSJ優勝者アンケートはこちら

 


プロレスランキング

 

twitter.com