ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

内藤哲也がついに口を開いた

史上初の偉業への踏み台。

(出典:新日本プロレス公式)

 

10月27日の後楽園ホール大会にて、とうとう内藤哲也が口を開きました。

以下はリング上でのコメントです。

 

「オイ、タイチ。シングルマッチ、やるに決まってるだろ?お望みどおり、

逆転の内藤哲也、そして! 史上初の偉業への踏み台にしてやるよ、カプロン!」

 

依然、バックステージではノーコメントを貫いてますが、

ファンとしては久しぶりに内藤哲也の声を聞くことが出来ました。

 

スマホサイトの日記で、内藤哲也が何度も書いていた、

『諦めない気持ち』

ついに言葉にしました。

 (その記事はコチラご覧ください)

www.hi-jyapw.com

 

 

11.3大阪まで残りわずかですが、一気に機運が高まってきたと言えるでしょう。

逆転の内藤哲也、見せていただきましょう。

 

喜ぶタイチ

内藤哲也のこの行動にタイチは以下の発言をしています。

 

タイチ「へっへっへ、(折れたマイクスタンドを見ながら)こんなんするまで力いっぱい殴りやがって。ここまでする意味が、あいつがここまでした意味が……へへへへ。言ったよな? (東スポの岡本記者に向かって)てめえ友達だから聞いたよな? 言ったな、あいつ。やるんだな? よし、それでいいんだよ、内藤。最初っからよ、今日の一撃といい、試合中の顔。がむしゃらさ。懐かしいな。昔、俺が初めて新日本プロレスに出た頃、初めての対戦相手はお前だったな。言ったよな、俺に。『新日本プロレスで一番下っ端の俺がタイチを倒してやる』って。あいつは俺に向かって言ったよ。俺を殺すような目でな。それが戻ってきたな。そうでなくちゃいけねえ。その内藤に、その本気になった内藤に勝ってこそ俺の次が見えるんだ。楽しみだ、本気になった内藤哲也。もう何回やったかわかんねえ、4回、5回、6回……。本気の決着つけようぜ」

(引用:新日本プロレス公式)

 

本気になった内藤哲也と戦えること、そしてやっと反応があったことは、

タイチにとって嬉しいことなんだなと伝わってきます。

 

内藤哲也とジェイの抗争の時に、『好きだから壊したい』

とありましたが、タイチもまさにそのような気持ちではないでしょうか。

 

これで残りの前哨戦が、ますます楽しみになってきたと思います。

内藤哲也からの答を聞いたタイチは、どんな手を打って来るでしょうか?

 

今年だけでも複数回、抗争している二人ですが、

毎回、抗争の中身が違うので何度でも見たくなる対戦です。

これもやはり二人は本質的に似ているからこそでしょう。

 

制御不能を取り戻した内藤哲也

10.27 後楽園大会で内藤哲也が選んだ選択肢は、

『反則負け』でした。

 

タイチのマイクスタンドで攻撃したのち、ディスティーノを決め、

KOした姿を皆さんもご覧になったと思います。

(見逃した方はコチラのリンクでワールドへ)

https://njpwworld.com/feature/timeline

 

そのアクション、そのたたずまいはまさに、ロスインゴ初期当時の

内藤哲也の姿であったように見えました。

 

またこの姿こそが、SNSの反応などを見ても、内藤哲也ファンが

見たかったものであると感じました。

 

もしかすると、人気が出すぎたため、ベビーになりかけていた内藤哲也に、

ファンは不満、不安を持っていたのかもしれません。

そしてそれが少しづつほころびとなっていた可能性は否めません。

 

原点回帰ともいえる、制御不能な行動をおこなうことは

内藤哲也の答え、覚悟といえるでしょう。

 

『こんな内藤哲也を久々に見たかった』という声は、

ファンの正直な気持ちでしょう。

 

何か壊れていきそうな雰囲気があった、ロスインゴにとっても、

このリーダーの決意は、BUSHIの挑戦表明とともに

良い影響を与えることになるはずです。

 

内藤哲也、そしてロスインゴの制御不能な姿を、今後も楽しみにしています。

 

最後に

大阪までノーコメントかと思われた内藤哲也からの発言により、

この試合の勝者は、IC次期挑戦者となるはずです。

 

そしてこれで逆転の2冠王獲得への道が、内藤哲也にもよりくっきりと

見えてきたことでしょう。

 

それは同時にタイチにも言えることです。

これでもし内藤哲也に勝利すれば、こちらも逆転の2冠王が見えてきます。

(1.6大田区で3冠を狙うとも発言しています。)

 

11.3大阪で笑うのは、

制御不能なカリスマか

愛を捨てた聖帝か

 

運命の決戦まで待ったなし!

 

良ければポチっとお願いいたします!

 


人気ブログランキング
人気ブログランキング