ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。

別府大会 見どころ

エースはドームへの道を作ることが出来るのか?

 

(出典:新日本プロレス公式)

 

いよいよ本日は

ディストラクションシリーズの

ビッグマッチ、別府大会が開催されます。

 

 

それではその見どころなどを、

今回は書いていこうと思います。

 

どうなる?みのるとライガーの決着

 

少し前までは、

『出ていけ!』

『お前が出場するなら俺が出ていく!』

などと発言していたライガーですが、

 

ここに来て少々雲行きが変わり、

シングルでやってやると

いうようなテイストに変化しています。

 

以前の対戦を知っている

ファンにとっては、

ノスタルジックな気持ちに

なるかと思いますし、

 

その対戦を知らないファンにとっても、ライガーの引退までには、

 

ぜひ観ておきたいカード

ではないかと思います。

 

ライガーの提案している通り、

神戸での決着戦は組まれるのか?

 

この大会あたりで

見えてくるかもしれません。

 

少し、昔のことを書くと

前回の対戦の時、みのるはパンクラスで引退するか

どうか悩んでいました。

 

そこで当時、佐々木健介選手との

対戦が決まりかけていたのですが、

 

紆余曲折あり、

その対戦は流れてしまいました。

 

そこで名乗りを挙げたのがライガー

であったと記憶しております。

 

その対戦後、みのるは本格的に

プロレスに復帰しました。

 

そう考えると今のみのるを

作ったきっかけは

ライガーと言えるかもしれません。

 

そういう背景を知っていると

より楽しめる対戦かと

思い書いてみました。

 

飯伏、KENTA最初で最後の前哨戦

 

翌日の大会で組まれている

権利証マッチの

最初であり、最後の前哨戦となります。

 

おそらくはシリーズを通して、

当初は戦う予定で

あったかと思うのですが、

 

KENTA選手の体調を考慮し

大事をとったということかと思います。

 

10人タッグマッチなので、

多くの接触はないかもしれませんが、

 

明日につながるような戦いを

見せては欲しいと思います。

 

ここまで賛否両論ある

KENTA選手ですが、

 

それは見方を変えると、

ファンから注目される

存在であると言えます。

 

タレントとして、

一番いけないのは注目されない、

 

話題に上らないということで

あると思うので。

 

この飯伏選手との

権利証マッチを通じて、

 

ファンの見方を変えることを

期待しています。

 

一方飯伏選手ですが、

図らずともG1からここまで

間が空いてしまったことになりました。

 

これは飯伏選手の本意では

ないでしょうから、

 

主役の座をを取り戻すためにも、

巻き返して欲しいですね。

 

内藤選手に言動不一致と

言われないためにも・・。

 

 

IWGPタッグ選手権

NEVER選手権での乱入から始まり、

組まれたカードですが、

若干唐突感を感じているところです。

 

ヘビー級のタッグ戦線も長らく、

同様のメンバーでの

戦いが続いていたので、

 

シャッフルしていく

必要性があったのかなと思います。

 

しかし石井選手がタッグ戦線へ

向かうのは予想外ではありました。

 

今後の展開の広がり、

新鮮さを考えると、

 

CHAOSのタッグが

少し有利なような気はします。

 

もしタイトル獲得となると、

YOSHIHASHI選手とっては、

初めてのタイトル獲得となるようです。

 

YOSHIHASHI選手のファンにとっては、

喜ばしい出来事となるでしょう。

 

ブリティッシュヘビー級選手権

 

見どころは棚橋選手が

このベルトを糧に、

 

今後どのように、

ドームまでの展開を

見つけて行くかでしょう。

 

G1での負け越しなど、

今のトップタイトル戦線からは

少し離れている棚橋選手ですが、

 

そこはエースですから、

何か考えが必ずあるはずです。

 

どう動けば、

今後主役へと戻ることが出来るのか?

どう動けば、ドームでおいしいところをいただけるのか?

 

などを考えているはずです。

 

端的に言うと、

このザックとの一連の対戦で、

主役に戻っていくことは

難しいと思います。

 

すなわち、別の標的というか

対戦相手が必要です。

 

そのドームにつながる、標的とは・・・

おそらく『クリス・ジェリコ』

でしょう。

 

日米のレジェンド対決へと

進んでいくのではと予想しておきます。

 

そうなるとますます

ストーリーの本線からは、

離れていくことになるのですが、

 

それは時代の流れと

言えるかもしれませんね。

 

と今日はここまでです。

皆さんワールドで熱戦を楽しみましょう!

 

良かったらポチッとお願いいたします

 


人気ブログランキング