ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

新日本プロレス 11.3大阪 POWER STRUGGLE

生き残るのは誰だ。

 シリーズ画像

(出典:新日本プロレス公式)

 

11.1にて全ての前哨戦が終わり、本日その決着戦となる大阪大会が開催されます。

(15時より開始。チケットは全席完売となっています。)

 

主なカードは以下の通りとなっています。

 

IC選手権 ジェイ・ホワイト 対 後藤洋央紀

NEVER無差別級選手権 KENTA 対 石井智宏

IWGPジュニアヘビー級選手権 ウィル・オスプレイ 対 BUSHI

スペシャルシングルマッチ 内藤哲也 対 タイチ

スペシャルタッグマッチ オカダ・カズチカ、YOSHIHASHI 対 飯伏幸太、棚橋弘至

ジュニアタッグリーグ優勝決定戦 エル・デスペラード、金丸義信 対 SHO、YOH

 

全てのカードはドームに向け、重要な一戦となる事でしょう。

今回はそれに先立ち、いろいろとそのあたりを考えていきたいと思います。

 

2冠王に向けて

この2冠戦線にかかわるカードは、IC選手権と内藤とタイチのシングルとなります。

タイトルマッチに勝った方はチャンピオンとして、

 

そして内藤、タイチのシングルに関しても、正式にはコメントされていませんが、

勝った方は1.4ドームでICのチャレンジャーとなる事でしょう。

 

つまりこの4選手は全員2冠王を狙っていますが、勝てばその道は続き、

負ければそこで終わりということになります。

先を考えると本当に負けられないというわけです。

 

前哨戦からの盛り上がりという部分では、内藤哲也とタイチの戦いはかなり

印象的です。

 

タイチが内藤哲也の制御不能な部分を引き出したことにより、

その久しく見せていなかった狂気的な内藤哲也の姿は多くのファンを魅了しています。

 

この戦いは初期ロスインゴのようにまさに何でもありの戦いになるような気がします。

もちろん鈴木軍もヒールですので、両軍の介入などを含め、

どんな戦いになるか楽しみで仕方ありません。

 

結果に関してはおそらく内藤哲也が勝利することになるでしょう。

そしてメイン終了後に再びチャンピオンの前に登場し宣戦布告するはずです。

 

そしてその宣戦布告する相手はジェイ・ホワイトであるかと思います。

現在2連敗中の相手に向かい、大嫌いなリマッチ権を行使はずです。

1.4でのICの戦いは二人の運命、まさにディスティーノを懸けた戦いになる事でしょう。

 

 

ジュニアヘビー級選手権の先にあるもの

EVILの負傷欠場により、シリーズ途中からの参戦となったBUSHI。

そして突如としてタイトル挑戦をぶち上げ、11.1の乱入により

この日のタイトルマッチを一気に決めてしまいました。

 

ロスインゴのバイプレイヤーであるBUSHIは、約3年ぶりのタイトル挑戦となりますが

ここ最近はシングルでは目立った活躍を見せているわけではありません。

そんな中強引にタイトルマッチまで、持って行ったことには何か思いがあるはずです。

 

それは日記にも書いていたお母様のこと、そしてチャンピオンとしてヒロムを待つ

という気持ちがこの行動につながったものと思います。

ロスインゴの華々しい復活に向け、ここは是非勝ち取ってほしいと思います。

 

またこのタイトルマッチの結果はどうなるかわかりませんが、

次期チャレンジャーとしてヒロムが登場する気がしています。

東京ドームのタイトルマッチでの復帰戦は、ヒロムにピッタリではないでしょうか。

 

もしこの願望が事実となれば、ジュニアヘビー級は、

シングルそしてタッグもより活気づくことは間違いないでしょう。

 

 

その他の戦いは?

今シリーズの柱であるジュニアタッグリーグ優勝決定戦は、

3Kとデスぺ・金丸組による戦いとなりました。

 

3連覇がかかる3Kですが、個人的な意見としてはもういいかなと思います。

会社としては人気もあるので、推したい気持ちは良くわかりますが、

タッグ戦線を盛り上げるのは3Kではないような気がします。

 

そして最後はNEVER無差別級選手権。

リング上のみならずKENTAのコメントや#TOMOなどでツイッターなどでも

盛り上がりを見せたこの戦い。

 

KENTA (@KENTAG2S) | Twitter

twitter.com

 

KENTAの試合を盛り上げるこの行動には拍手を送りたいと思います。

相手の石井智宏はリング以外では、そこまで盛り上げるタイプではないので、

世間に少しでも広げるという意味では、KENTAはかなり貢献したのではないでしょうか。

 

ここはリベンジマッチとなりますが、返り討ちにしてドームでは新たな敵と戦って欲しいと思います。

 

その相手は鷹木信悟なのか、もしくは鈴木みのるか。

この両者であれば前哨戦も含め楽しめる一戦となるのではないでしょうか。

 

では本日15時から始まるこの大会を存分に楽しみたいと思います。

皆様も会場やそしてワールドなので楽しんでくださいませ!

 

では良かったらどちらか、ポチっとお願いいたします!

 


人気ブログランキング
人気ブログランキング