ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。

鹿児島大会 見どころ

地元で権利証を守れるか? ジュニア王座2冠なるか? 

 

(出典:新日本プロレス公式)

 

本日はディストラクションシリーズ

ビッグマッチ第2弾、

鹿児島大会が行われます。

 

今回はそちらの見どころなどを

書いていこうと思います。

 

こっそり組まれたNolimit対決

 

連日行われている、IC王座の前哨戦、

内藤哲也とジェイの戦いですが、


本日のジェイのパートナーは

裕二郎です。

 

こっそりとノーリミットの対決が

マッチメイクされています。


(念のため、説明しておきますと、

ノーリミットとは内藤選手と裕二郎選手が組んでいたユニットです。)

 

今となっては、その立ち位置に大きな

変化がありますが、


結成時は裕二郎に格上感、

主導権があったように記憶しています。

 

ノーリミット対決が組まれると、

いつも思うのですが、


裕二郎選手にも、

光が当たればいいなと思います。

 

シングルでは厳しいかもしれませんが、

チェーズとのタッグで、


タイトルに臨むなどであれば、

十分に盛り上げることは可能か

と思います。

 

この二人のタッグを好きなファンは

結構いると思うんで、

実現してほしいと願っています。

 

もちろん、内藤ージェイのリング上、

試合後、コメントでの絡みも

見逃せませんね。

 

神戸まであと1週間。

さらなる盛り上がりを期待したい

と思います。

 

IWGPジュニアタッグ選手権

 

個人的には今大会、

一番注目しているカードです。


前哨戦を見ていても、

好勝負必至の対決になる

ことは間違いないと思います。

 

注目はオスプレイの2冠獲得なるか、

というところになるでしょう。

 

またELPにしても、

ここで防衛すれば、

2冠へ希望がつながることになります。

 

個人的にはELPのファイトスタイルが

好きなので、ヒール側の2冠奪取を

期待しています。

 

現状であれば、そちらの方が

今後の展開も広がることでしょう。

 

そしてタッグの次の

チャレンジャーには、

鈴木軍からは金丸、DOUKI組。

 

ロスインゴからは、

もちろんあの男の復活を

期待しています。


ヒロムとELPの絡みを想像すると、

楽しみでしかありませんね!

 

IWGPヘビー級挑戦者権利証マッチ

 

 飯伏選手とっては、地元凱旋、

そしてG1のリベンジマッチとなります。

 

勝敗に関しては

大方の予想通りと思いますが、


KENTA選手にとっては、

これからを占う、

試金石になる試合に

なるのではと思います。

 

ヒールターンし、

BCとしての新しい姿での

KENTAを見せるのか、

はたまた真向勝負となるのか、

 

そこがこの試合の評価を分ける

大きなポイントかと思います。

 

試合結果は別として、

そこでファンを納得させることが


出来れば、KENTA選手にとっては

勝利といえるのではないでしょうか。

 

飯伏選手は、相手が何人でも受けて立つと言っていますので、

荒れ模様の展開になるでしょう。

 

そちらの方が、試合を面白く

成立させるにはより難しくなりますが、

上手くスイングすれば、

反対に評価は高まるはずです。

 

試合が終わった時に、

『面白かった!』と思える

試合を期待しています。

 

そして試合後、

闇の王EVILが登場してくるはずです。


EVILが何を話すのか?

そしてその対戦はどこで組まれるのか?


そちらも楽しみにしておきたい

と思います。

 

では今回はここまでです。

本日も熱い戦いを見せて欲しいと思います!

 

良かったらポチッとお願いいたします!

 


人気ブログランキング