ひーじゃープロレス日記

プロレスのこと、そこから学んだことなど、思いつくままに書いてます。

同じ系譜を持つ二人が交わった先にあるもの

脱落するのはエースかそれともcoldskullか

 

(出典:新日本プロレスワールド)

 

本日の愛知大会で、上写真の公式戦が開催されますが、

メインの全勝対決はさておき、

ここではセミの棚橋ーSANADAを取り上げてみたいと思います。

 

この二人は立場や団体は違えど、藤波ー武藤の系譜を持つ者同士です。

タナは新日本内で育ち、そのまま武藤の系譜を継ぎ、

エースの座につきました。

 

かたやSANADAは武藤が全日本に移籍後、そこでデビューし、

エースとして期待されていました。

それから紆余曲折あり、新日本にロスインゴとして参戦し、

現在に至っています。

 

さてG1のここまでの両者の成績ですが、

タナ=2勝2敗

SANADA=1勝3敗

と両者とも崖っぷちです。

 

この対戦で負けた方はおそらく優勝戦線からも脱落となってしまうでしょう。

ということで二人とも絶対に負けられない戦いです。

 

実はこのG1が始まる前にタナの全敗予想を立てたのです。

コチラです⇩

www.hi-jyapw.com

www.hi-jyapw.com

 

初戦、2戦目と連敗し、予想通り全敗という方法で、

このG1を最後にするのかな~と思ったのですが、

そこから連勝となりましたので、どうやらこのストーリーはなさそうです。

 

かといって優勝決定戦出場、まして2連覇というのも無理があるでしょうから、

落としどころが難しいところでもあります。

 

かたやSANADAもG1前までにオカダとの戦いなどで、ライバルという位置づけまで

格を上げてきたわけですから、1勝のままというわけにもいかない気がします。

 

つまりどっちを勝たせる、

また負けさせるという選択が

難しい一戦と言えます。

 

こういう想像がまた楽しいのですが、

今回はSANADAが勝つのではと思います。

 

タナにはまだ勝っていないはずですし、

次世代のトップ候補を、このタイミングでG1から脱落させないでしょう。

 

タナにしても3敗ならまだ望みは

つなげるので。

 

エース超えという箔付けは、

SANADAにとって、そろそろ必要ですからね。

 

またタナは今大会では、

SANADA、飯伏の前に敗れることになると思いますが、戦いの中で、エースとはこういうモノだということを伝承することが、

本当の役割かもしれませんね。

 

では今回はここまでです。

結果はどうなるかは、

もう少し想像しながら待ちたいと思います‼️

人気ブログランキングへ