ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

棚橋弘至 ~鉄の意志を持つ、疲れない男~

エースの散り際

棚橋 弘至

(出典:新日本プロレス公式)

 

G1は先週末にアメリカで始まりましたが、

現在は中休みになっています。

 そこで今日は、棚橋選手について書いてみたいと思います。

(以下タナ)

 

タナは先日のダラス大会のメインで、オカダ選手に敗れ、

黒星スタートとなりました。

 

これまでのG1では、このカードは引き分けが続いていたのですが、

今年はさすがにそのストーリーは厳しかったようです。

 

昨年のG1は主演映画の公開も控えていたこともあり、

優勝を飾ったタナではありますが、

 

その後のドームでのIWGPヘビー獲得を頂点に

下降フェーズにある現在です。

 

皆様もご存知の通り、ここ数年は欠場、復帰を繰り返し

体調やリング上での動きも全盛期には程遠い状態です。

 

それでも会社サイドの思惑などもあり、何とか第一線に

踏みとどまっていますが、今年のG1を境にそれも

終わるのではないかと僕は考えております。

 

まず今年のG1は鈴木みのる選手を筆頭に、

ある程度の年齢(50歳前後?)の選手は出場しておらず、

出場選手の世代交代が、一気に進んだ印象があります。

 

それを契機におそらくリング上のストーリーにおいても

世代交代が進むような気がします。

 

つまりオカダ選手を頂点とし、その同世代の選手たちが

中心になっていくはずです。

 

ギリギリ内藤選手の年代の選手たちが、

上限になりそうです。

 

したがって世の常として、タナもその中心から外れることに

なるのではと思ってます。

 

しかし戦いの中心から外れることになっても、

ストーリーに関わることは可能です。

 

WWEにおけるGMやHHHのような経営層での登場など、

興行責任者としての関与は可能かと思います。

むしろそういう姿が見てみたいですね。

 

恐らく実際にも経営層にいずれ参画するでしょうから、

今後はその方面で盛り上げてくれればな~と思ってます。

 

話は戻りますが、G1は黒星発進となっています。

エースとして派手に散るなら、いっそ全敗でもいいかなと思ってます。

 

古くは長州選手が全敗で敗退したなど、そのような歴史もありますので、

その方が後世に語り継がれるのではないでしょうか。

 

タナが各選手に今出来る全てを出して、派手に散っていく。

試合に負けても、プロレスファンは、

そんなドラマに惹かれる部分を持っています。

まあ、これは僕の只の願望ではありますが。

 

最後に次のG1公式戦は、KENTA選手が相手です。

元WWEの外敵に対するは、新日本のエースでありアイコン。

 

相手はストライカーでもあるので、

派手に散るにはもってこいの相手です。

 

新日本を照らす太陽は、今後は自らを照らすのではなく、

相手を光らせるようになるのではないでしょうか。

 

今回も最後までありがとうございました。

良かったらポチッとお願いいたします!