ひーじゃープロレス日記

プロレスのこと、そこから学んだことなど、思いつくままに書いてます。

カリスマとスーパースター

生え抜きの意地とプライドと新日本愛

 

(出典:新日本プロレスワールド)

 

今週日曜日の愛知大会で、

内藤選手とモクスリ―の公式戦が行われます。

 

モクスリ―はここまで4連勝と絶好調。

かたや内藤選手は2勝2敗となっています。

 

今大会、元WWE枠としてモクスリ―は、

KENTAとともに参戦し、

結果としては両選手とも4連勝中なのですが、

ファンの評価は両極端に分かれているのではないでしょうか?

 

モクスリ―はハードコアな要素を前面に押し出し、

試合を組み立てていますが、動きもスムーズですし、

受けもしっかりしているように感じます。

ですのでファンの評価もおおむね高いのではと感じます。

 

かたやKENTA選手は、ご存知の通り結構叩かれていますね。

『蹴ってばっかり』、『受けが・・・』などなど。

今は新しい職場のスタイルに合わせる期間ということなんでしょうかね・・。

 

話を戻しますがその適応力などをみると、

モクスリ―はだてにWWEのトップを張っていなかったな~と感じてます。

 

そしてそんなモクスリ―がいよいよ、

新日本のトップの一角である

内藤選手と対戦することになります。

 

早速バックステージや、東スポなどで挑発を始めている

内藤選手ですが、そこかしこに新日本愛やプライドを

感じます。

 

こんなに自分の会社のことを好きになれるのは、

一つの才能ですね。

好きだからこそ、いろいろな欲も出てきますし、

それを達成するために行動を起こそうとします。

 

立場はそれぞれ違いますが、自分も含め、

これはすべての人が

見習うべきところかと思います。

 

さて試合の方ですが、結果から言うと、

おそらく内藤選手が勝つような気がします。

そしてジェイも連勝し、ここから一気に混戦模様に

移行していくでしょう。

 

試合内容はどんな展開が待っているか楽しみですが、

モクスリ―の路線に合わせるなら、

ロスインゴ初期当時の、制御不能な姿が、

久々に見れるかもしれませんね。

 

現在はそれを封印しているところもあるので、

期待しているファンも多いのではないでしょうか??

 

そのうえで、モクスリ―の良いところも引き出し、

ケニーのいない今、新たな名勝負になることを

楽しみにしています!!

そして愛知大会もハポン締めですね。

 

この前の広島大会で久々にハポン締めを見ましたが、

やっぱり会場中が多幸感に包まれますね。

 

もう結構な期間行っているものですが、

ニーズはまだまだある、つまり内藤人気は今だ不変ということでしょう。

 

と今日はここまでです。

今日でG1の中休みも終わり、明日からまた大会が始まりますね。

それを楽しみに、今日も頑張りたいと思います!

 

では良かったらポチッとしてやってください!

人気ブログランキングへ