ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

王者からカリスマへの伝言

新日本の闘いは世界一!

f:id:yosikazukun:20190728134935j:plain

(出典:新日本プロレス公式)

 

昨日のメインで、KENTA選手を倒した

オカダ選手よりこんな発言がありました。

『俺が負けたら、海外よりも下っていうことになっちゃうでしょ。

まあそれは明日も言えるかな。』

 

これはまさに、本日のメインでモクスリーと戦う、

内藤選手に送られた伝言そしてエールではないでしょうか??

 

オカダにすれば、『俺は元WWEのKENTAに勝った。だから内藤さん、

アンタも必ずモクスリーに勝てよ!』

という事を伝えたかったのでしょう。

 

僕の記憶では、こういうことは無かったと思うので、

オカダにしてもそういう思いが強いのでしょう。

 

もちろん内藤選手も新日本を思う気持ちや

プライドは負けているはずはありません。

 

まして生え抜きということもあるので、

オカダ選手とはまた違った思いがあると思います。

 

ここでも書いてます↓

www.hi-jyapw.com

 

内藤選手にしてみれば、

『お前に言われなくてもわかってるよ!』

というところでしょうか。

 

表立って絡むことが、ここ最近ではない二人ですが、

新日本の闘いは世界一である!という思いは共通なんでしょうね。

 

さて海外戦略の強化ということもあり、

ここ最近は特に外敵の流入が多くなってきている様に思います。

 

そしてその流れはおそらく今後加速することはあっても、

減速することは無いと思われます。

 

そうなると新日本のトップであるオカダ選手や内藤選手は、

常にその外敵を最終的に迎え撃つ立場になります。

 

迎え撃つという事ですがプロレスという側面上、

一概にただ勝てばいいと言うわけではなく、

状況によっては負けることもあります。

 

そしてその外敵が、新日本にマッチするのか、

またどのような立場が適切なのかなどを見極める必要があります。

結果、会社に有益かどうかということが重要となりますので。

 

と言うわけでモクスリーは別として、

KENTA選手はまさに今その査定上にあると思います。

 

格的にどれだけの選手なのか?

誰と戦わせるといいのか?

どのタイトル戦線がいいのか?

そもそも新日本に今後も継続させるのか?

 

などなどを、

G1の戦いを通じ見極められていると

言えるのではないでしょうか?

その結果は次のシリーズ以降のカードなどで

判明することになると思います。

 

その査定項目の一つには、

もちろんファンの声や支持というものもあるでしょう。

KENTA選手がG1の戦いを通じ、

現状の評価をどこまで高められるかも注目と言えますね。

 

と、今日はここまでです。

本日の愛知大会も間もなく16時からスタートです。

内藤選手がオカダ選手のエール通り、

モクスリーに勝てるのかはもう少しのお楽しみです!

 

良かったら少し下にランキングがあるので、

ポチっとお願いします。