ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

これでこそ内藤哲也だ。

制御不能なカリスマとして

内藤 哲也

(出典:新日本プロレス公式)

 

昨日、スマホサイトで内藤哲也の日記が更新された。

まだ見ていないという方は、ぜひ見ていただきたいと思う。

(リンク先はコチラ)

モバイルサイト | 新日本プロレスリング

 

前回の日記で書く意義が見つからない・・・。

もうやめるかもしれない・・・。と語っていたので心配であったが、

今回は無事更新されたのでまずは一安心だ。

 

沈黙を続けたまま、しばらくのオフに入った内藤哲也が、

ここにきて何語るのかを期待する半面、

またネガティブなことを書いているのではという思いもあった。

 

しかしそんな心配は杞憂に終わることとなった。

詳細は省くが、会社への進言、アンチテーゼを提起したのである。

つまりこれまでの内藤哲也が帰ってきたということだ。

 

日記を見たときに持った自身の感想は、『嬉しかった』という感情である。

多くの内藤哲也ファンもそうであったのではないだろうか。

 

ファンのことを思い、今の内藤哲也を見せたい。俺はだから出続けたいんだ。

これは内藤哲也が持つブレない思いだ。

それが年に1回のところであればなおさらだろう。

 

全く持って正論であるが、時として会社はそうでない判断を下すこともある。

大人の事情ってやつだ。

 

ロスインゴ後の内藤哲也は、常にそのようなことに真っ向から噛みついてきた。

それが大衆を掴み、結果時代を掴んだ大きな要因である。

 

鳴りを潜めていたその姿が、今回垣間見られたことはファンにとって朗報だ。

ドームまで1か月を切り、前哨戦は多くて後楽園の3連戦しかない。

 

今回の日記をきっかけに、沈黙を破り全方位に向け噛みつく姿を期待してしまうのは、

自分だけではないだろう。

後楽園では是非その姿を見たいものである。

 

長らく続いた2冠論争であるが、

やはり最後は内藤哲也が、全て持っていくのだろうか?

 

内藤哲也の沈黙のあとにくるものは、

ロスインゴファンの歓喜の声ということかもしれない。

全ては掌の上ということか。

 

単行本も発売

www.njpw.co.jp

 

そして週刊プロレスで連載中の『手のひら返しdeあっせんなよ』が

単行本化されるということだ。

 

メイ社長の新著も含め、新日本プロレスのファンなら買わなければいけない

一冊であると思う。

 

ここでしか聞けない話題が盛りだくさんであるので、

皆さんもぜひ読んでみてはいかがだろうか。

 

最後に内藤哲也の日記と同日に、EVILの日記も更新された。

 

EVILのタッグリーグにかける思いなどがつづられているが、

その中で内藤哲也へのことも少し書かれている。

 ロスインゴオリジナルメンバーの二人にしかない関係がそこにはあるのだろう。

 

EVILが言いたいこと。

それはユニット内でも切磋琢磨するということこそが、

ロスインゴの原点であるということであろう。

 

では今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

明日はWTL最終戦!!

 

 


人気ブログランキング

twitter.com