ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

#KENTA 意識高い

KENTAの思いを聞け。

(出典:新日本プロレス公式)

 

先日、KENTAのインタビューがスマホサイトにアップされた。

一部、公式サイトでも無料で見ることが出来るので、

皆さんもぜひ読んでいただければと思う。

 

今もっともコメントを期待させる男である、KENTA。

今回はインタビューを読んで感じたことなどを書いていこうと思う。

(リンク先はコチラ)

www.njpw.co.jp

 

楽しんでいるKENTA

まずKENTAは、今新日本で戦っているこの状況を楽しんでいるということだ。

仕事をするにおいて楽しむということは、持っているポテンシャルを発揮しやすくなり

結果が付いてくることが多いと感じる。

 

同じ状況でも苦しいと感じるのか、それを楽しむのか、気の持ちようで行動も変わる。

今のKENTAは状況を楽しんでいるということであろう。

 

WWE時代、つまりヒデオ・イタミ時代のことは正直詳しく知っているわけではない。

ケガをしていたこと、go2sleepを使えなかったこと、

結果あまりプッシュされなかったこと、くらいである。

 

完全にパッケージされている団体から、新日本へ参戦し、

ここでは自ら自分を、ブランディングしなければいけない。

 

KENTAが楽しいと言っていることは、

その過程を楽しんでいるということではないかと思う。

 

その過程で見つけたモノが、斜め上を行くコメントとツイッターである。

意識的かどうかはわからないが、ファンにばっちりと刺さったことは事実だ。

 

今多くのファンはKENTAのコメントやツイッターを楽しみにし、

それと比例するように注目度もアップしている。

 

あとは本人ももう少しと語っていたが、

リング上での説得力をさらに充実させるというところだろう。

 

これでリングでも完全に試合勘などが戻れば、まさに鬼に金棒となり、

本当のトップ戦線への参入も可能となるのではないだろうか。

 

KENTAの目指すべき場所

新日本プロレスで居場所を見つけつつあるKENTAだが、

彼の目指すべき場所はどこにあるのだろうか。

 

現在はNEVER王者であるが、ここを最終地点とはもちろん思っていないだろう。

しかし今回のインタビューではIWGP、2冠に関しては多くを語っていない。

まだ獲っていないモノに対しては、話せないというようなスタンスだ。

 

とは言っているが新日本に参戦している以上、

そこを目指さないという選択肢はないだろう。

 

生え抜きではないが、一定のキャリアと名前があるKENTAには、

会社としても求めるところは高いはずだ。

一般のビジネスシーンで言うと、結果を求められる中途入社ということである。

 

となればファンの支持を得ることが大前提となるが、

現在のトップ戦線への参入がKENTAには求められるというところであろうか。

 

しかし今の4強の壁は思っているより分厚いものがあると思う。

その中には同じバレットクラブのリーダー、ジェイ・ホワイトもいる。

しかも全員がIC以上のタイトル経験もある。

(飯伏以外はIWGPヘビー保持経験があり、ジェイ以外G1優勝者でもある。)

 

この中にファンに認められる形で参入することは、相当困難なミッションであるが、

不遇をかこっていたWWE時代を思えば、やりがいもあるだろう。

今後のKENTAが大注目であることは間違いないところだ。

 

まずはゴトヒロとのNever戦ということになるだろう。

そしてそれをクリアすれば、次の チャレンジャーはおそらく鷹木信悟であろう。

Never戦線を盛り上げ実績を積み、今後の糧にしてほしいと思う。

 

ここまでいろいろ書いてきたが、結局何が言いたいかっていうと、

『これからのKENTAには、多くのファンが期待しているってこと!』

ということだ。

 

では今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

本日WTL最終戦!

優勝は、イビサナかフィンジュースかGODか?要注目である。

 

twitter.com

 


人気ブログランキング