ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

高橋ヒロムが帰ってきた

もっともっと楽しませる!

(出典:新日本プロレス公式)

 

11.3大阪大会にて高橋ヒロムが電撃的に登場した。

その瞬間の会場の歓声は、大阪大会の中でも最大であったかもしれない。

 

欠場から1年4か月。それだけファンはヒロムの復帰を待っていたということだろう。

欠場前と変わらぬオーラを放ち、ファンの前に姿を見せたヒロム。

 

復帰後、どんな世界を見せてくれるのか楽しみでしかない。

今回はそのあたりについて書いていきたいと思う。

 

WK14で最強王者に挑戦。

11.3大阪で現チャンピオン、ウィル・オスプレイに挑戦表明したことは、

皆さんもご存知であるかと思う。

 

ヒロムの欠場中に、主要な選手をすべて倒し、絶対王者として君臨するオスプレイ。

表明時にヒロムが言った、『オレ以外に誰が挑戦するんだ~!』は、

まさにその通りであると思う。

 

この絶対王者を止めるには、もうこの男しかいないとファンなら感じているはずだ。

そのタイトルマッチが1.4東京ドームで行われることが決定した。

試合順も含め大注目カードであることは間違いない。

 

メイン・セミはおそらく2冠戦線の2試合だが、もしセミ前に組まれたら

一気に会場の雰囲気も高まり良い流れが出来るはずである。

 

それくらいこのカードの意味や役割は大きいと思う。

大切にこのカードを扱ってくれることを新日本プロレスには望みたい。

 

復帰戦が東京ドームのタイトルマッチとなれば、いかにもヒロムらしいド派手さだが、

さすがにオスプレイ相手ではきびしいように思う。

 

開幕したWTLには出ないようなので、そうなれば12月の後楽園3連戦しかない。

そこで前哨戦を兼ねた試運転を行い、ドームでベストバウトを見せて欲しいと思う。

 

そしてもちろんWK14ではヒロムの戴冠の姿が見たい。

その時ヒロムはきっとこう言うだろう。『ベルトさん、おかえり』

 

 

戴冠後の展開予想

もし戴冠となれば、どのような挑戦者が予想されるだろう。

 

ヒロムの希望はもちろんドラゴン・リーだろうが、現在はご存知の通り、

新日本参戦のメドが立っていない状態である。

 

そこで是非タイトルマッチで対戦して欲しいのは、この男である。

『そのレスラーは『エル・デスペラード』(以下デスぺ)

エル・デスペラード

(出典:新日本プロレス公式)

 

実は同期であるこの二人は、YL時代からしのぎを削ってきた仲である。

また前回タイトルマッチで対戦した時も名勝負であった。

 

またデスぺは大変頭のいいレスラーと感じるし、マイクも超一流である。

1.6大田区でチャンピオンとなったヒロムの前に登場したら、

ファンも大興奮となるであろう。

 

その決戦の場が2月の大阪城ホールであれば、二人の戦いの場に、

ふさわしいと言えるのではないだろうか。

それまでのリング上、リング外の前哨戦も大いに期待できるはずだ。

 

ライガー引退後、新日本ジュニアのアイコンとなるであろうヒロム。

ヒロムにしか見せることのできない、新しい景色を見せてくれるのではないだろうか。

そしてもっと、もっと新日本ジュニア楽しませてくれることだろう。

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

本日はWTL後楽園大会!

twitter.com

 


人気ブログランキング

   (関連記事はこちら)

www.hi-jyapw.com

 

 グッズ発売決定!

www.njpw.co.jp