ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

KENTAの生きざま

コメントの裏に隠された本音

f:id:yosikazukun:20191105145732p:plain

(出典:新日本プロレス公式)

11.3大阪大会のNEVER選手権にて、石井智宏を下したKENTA。

そしてその大阪大会でのコメントを以下に記載します。

 

KENTA「めっちゃ怒ってた…。あんなこと言わせるからめっちゃ怒ってたじゃん…。そりゃ怒るよね、どこの誰だかもわからないやつに変なこと言われて……。いやぁ……キツかった。でも、誰勝ったの? TOMO?(カメラが間違って頷く)勝ったのTOMO……?(カメラが頷く)勝ったのTOMOじゃないだろ! 何言ってんの、勝ったのTOMO?(カメラが否定)いや、ちょっと頼むよ(苦笑)。『ウン』しか言わないと思ったら、手を抜いたな!(カメラが否定)。いやーでも……キツかったな今日。でも凄くシリーズ通して楽しかった、純粋に。まあTOMOの…おかげかな。まあこれでTOMOとの物語はとりあえず、最終回になっちゃうわけだけど。また機会があれば、また……絡むこともあるだろうし、なければないし。いや、あの普段から割となんだろう。アメリカ行って、何も残せなかったヤツって言う言われ方する時は、やっぱりあるんだよね、どうしても。でもそれは事実だから、別にそこに対して何も反論とかするつもりないし、それは事実だし。でもいま俺は新日本で“新しいチャレンジ”前向いてやってるから。そこを否定されても、どうしようもないもんね、変えられないし、別にそれはそれだし。でもそのへんで文句言ってるヤツって結局、何か自分で挑戦したこと、本気で挑戦したことないヤツでしょ、たぶん。そうだと思う。誰か挑戦する気持ちがあるんだったら、そんなこと人に言わないもんね。まあとにかく、今日このシリーズ通して、またさらにまあいい感覚掴んで来てるからね。まあ、次のシリーズまた、楽しみにしていて欲しいし。また次のシリーズは会いに来てくれる?(カメラが頷く)約束だよ?(カメラが頷く)もうTOMOと俺、間違えない?(カメラが頷く)……イメージビデオかよ、だからコレ! 安いヤツ! (立ち上がりながら)まあ、とにかくこのシリーズ通して何を言いたかったかって言うと、まあ1回の失敗ぐらいまた立ち上がればいいってこと。違う違う違う違う、もう1個あった! YOSHI-HASHIはブスってこと! ブスはブス‼」

(引用:新日本プロレス公式)

 

最後はYOSHIHASHIネタやイメージビデオか!といって、茶化してはいますが、

 

中盤あたりの、

『今シリーズ、楽しかった』や

『文句言っているヤツは本気で挑戦したことがないヤツ』

『いい感覚を掴んできている』

は、KENTAの本音の部分であると思います。

 

ノアで頂点を極め、WWEへ進みそこで成功出来なかった経験。

これ自体、選ばれたレスラーしか経験出来ないものです。

 

今までの全ての経験を、KENTAは新日本で活かそうと、

まさに本気で挑戦している最中であるかと思います。

今後のKENTAには期待しかありません。

 

今回はそんなKENTAのことを書いてみようと思います。

 

次なる標的は?

11.3大阪大会で石井智宏(#TOMO)とのNEVER選手権試合を制し、

チャンピオンの座を死守したKENTA。

 

ではその次の標的は誰になりそうなのか?

候補としては2人。

 

それは後藤洋央紀と柴田勝頼。

両者との間には、大きな因縁が生まれつつある展開を見せています。

 

まずは後藤洋央紀との因縁です。

11.3大阪大会のジェイ対後藤のIC戦に、KENTAが乱入し、結果的にそれが勝敗を左右し、ジェイが勝利しました。

(出典:新日本プロレス公式)

 

後藤洋央紀はバックステージでも『絶対許さない!』と言っていますので、

おそらくドームまでにNEVER選手権としてシングルが組まれるのではないでしょうか

 

石井智宏と同じケイオスに所属し、ファイトスタイルも石井と似ている後藤洋央紀。

KENTAは#HIROで、今度は攻めるのでしょうか?

ツイッター上の戦いも見逃せないところになりそうです。

 

(KENTAのツイッターはコチラ)

twitter.com

 

 

そしてもう一人は、柴田勝頼。

(出典:新日本プロレス公式)

 

柴田との間にも相当深い因縁が出来つつあります。

 

ご存知の通り、WWEを退団したKENTAを新日本に連れてきたのは柴田勝頼です。

そもそも二人は、ソウルメイト、親友という間柄であったはずです。

 

そして記憶にも新しいG1最終戦の衝撃の裏切り。欠場中である柴田を襲撃し、

KENTAはバレットクラブ入りを果たすわけです。

そして今回の展開につながっています。

 

G1時もそうでしたが、今回もKENTAは柴田に容赦なく攻撃を加えています。

これはいい意味で柴田が回復傾向にあるという事かもしれません。

 

欠場から約2年半が経過し、復帰は難しいとの情報をよく目にします。

 

しかし、学生時代からの盟友、後藤の敵討ち、

そして自らの敵を討つためにも、もしかすると限定復帰を行い、

KENTAと闘う事があるのでしょうか?

 

もし実現すれば、その場所は東京ドームしかないでしょう。

 

 

唯一無二のヒールとして

 現在はバレットクラブに在籍し、ヒールとして活躍しているKENTA。

 

その姿はこれまでのステレオタイプのヒールではない、

独自のスタイルを築きつつあります。

 (関連記事はコチラ)

www.hi-jyapw.com

 

リング上では、ファンを煽り、神経を逆なでするような挑発を繰り返しています。

その部分は同じバレットクラブのリーダー、ジェイに似ている気がします。

 

ジェイとKENTAは、今同じバレットクラブに所属し、ユニットの2トップと言っていいでしょう。

 

二人を見ていると、どうしたらファンのヒートを買うのか、

またどうしたら多くのブーイングをもらえるのか? など

ヒールとしてどうすべきか?ということを共に高め合っている気がします。

(完全に想像です。)

 

そんな二人には、これからももっとヒール道を極めて欲しいと思ってます。

 

またKENTAの独自性たる所以は、バックステージなどのコメントにあります。

前シリーズから、一気に開花しいた感がありますが、

すでにコメントが楽しみになってきています。

 

またSNS戦略も巧みに使い、#TOMOというキラーワードを作りました。

だれもしたことのない角度から、石井智宏を挑発しファンの関心を生み出したことは

大きな功績であると思います。

 

これも今の新日本で生き残るために、KENTAが考え抜いたことの表れかと思います。

KENTAの今後のさらなる活躍を期待したいと思います。

 

#KENTA#BulletClub・・・・。

 

良かったらポチっとお願いいたします!

 


人気ブログランキング
人気ブログランキング