ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

間もなく11.3大阪大会 

チケットは全席完売!

f:id:yosikazukun:20191022143414p:plain

(出典:新日本プロレス公式)

www.njpw.co.jp

 

今シリーズのビッグマッチ、11.3大阪大会が迫って来ました。

 

少し前まで、若干チケットは残っていたのですが、

先日全席完売となった模様です。(当日券の販売もなし。)

 

内藤哲也の発言などの影響で、一気にチケットが動いたのかもしれません。

今回も超満員の会場で、多くの熱戦が繰り広げられることでしょう。

 

そして今、発表されているカードは以下の通りです。

(試合順未定)

IC選手権 ジェイ・ホワイト vs 後藤洋央紀

NEVER無差別級選手権 KENTA vs 石井智宏

スペシャルシングルマッチ 内藤哲也 vs タイチ

スペシャルタッグマッチ オカダ・YOSHIHASHI vs 飯伏・棚橋

ジュニアタッグリーグ決勝戦

 

今回もビッグマッチにふさわしい、豪華なカードが行われる予定です。

さらにジュニアのシングルのベルトに絡んだカード、

また抗争中のカードも追加になる可能性があります。

 

1.4、1.5のダブルドームに向けての展開を占う

重要な大会となることは間違いないでしょう。

 

戦いの現在地

今シリーズを通じ、各対戦の前哨戦が連日繰り広げられてます。

ではそれぞれの戦いの現在地は今どのようになっているのでしょうか?

 

IC、NEVERの戦いは、バレット対ケイオスという事もあり、

連日4選手はタッグマッチにて前哨戦を繰り広げています。

 

構図としては、神経戦を繰り広げる

バレットクラブと直線的な攻撃を仕掛けるケイオスというようになっています。

 

これはそれぞれのファイトスタイルとも酷似しており、

ヒールサイドのチャンピオンとそれを力で迎え撃つ挑戦者という図式が鮮明なため感情移入しやすくなっています。

 

ケイオスの面々はこれまで通りという印象ですが、

チャンピオンの二人はあの手この手で挑発を仕掛けています。

 

ジェイのそのあたりの上手さは、ディストラクションシリーズの

内藤哲也との抗争でもわかるように、天下一品ですが、

今回の抗争にて株を一気に上げているのは、間違いなくKENTAでしょう。

 

激情型の石井智宏に対し、リング上のみならず、バックステージでも

絶妙なコメントを残し続けています。

 

その斜め上からのコメントは、これまでKENTAを嫌悪してきたファンも

手のひらを返すほどのクオリティーです。

 

これはもう唯一無二の個性と言えるでしょう。


そして今、この2つのタイトルマッチの前哨戦を喰う勢いを見せているのは、

ご存知の通り、内藤哲也とタイチです。

 

シリーズ開始当初は、タイチが自分の想いを連日口にし、

内藤哲也はダンマリを決め込むという構図でした。

 

タイチの主張をまとめると、

 

・お前の出来なかった2冠王に俺が代わりになってやる。

・後藤が挑戦できるなら、G1で後藤に勝った俺もICに挑戦できる。

・そして俺はG1で内藤にも勝っている。使わないならリマッチ権はもらう。

・だからこの試合に勝った方は次のICの挑戦者である。


このような連日の発言をすべて無視するかのように、

内藤哲也は何も答えることはありませんでした。

 

そしてその風向きが変わったのが、先日の後楽園2連戦です。

とうとうリング上でマイクをとり、タイチの主張を受け入れる発言を行いました。

 

そして狂気的な姿、表情を見せタイチに向かっています。

この動きから一気にこのカードの盛り上がりもヒートアップしたように感じます。

 

11.3大阪での戦いは、本気になった二人の戦いが見れることでしょう。

 

そのほかの戦いはどうなるのか?

真っ先に上がるのは、ジュニアヘビーのベルト戦線になるでしょうか。


まずBUSHIの挑戦表明をオスプレイが受けるのかが焦点となります。

 

現在は条件付きのYESのようですが、BOPがタッグリーグで決勝進出を

逃すという事になれば、大阪大会で実現する可能性は残されています。

 

そして挑戦表明時にBUSHIが発した、

『俺にも考えがある』という言葉の意味を推測すると、

BOPの決勝進出を阻む行動にでる可能性があるかもしれません。

 

シリーズ公式戦の最終戦である11.1大阪府立第2体育館での

BUSHIのアクションには注目です。

 

最後は鷹木信悟と鈴木みのるの抗争。

今シリーズを通じ、この二人の遺恨は日毎に激しさを増しています。

 

この両者の決着戦も11.3大阪大会で組まれる可能性がありそうです。

そしてこの試合の勝者は、ドームに向けNEVERのベルトに目を向けるのではないでしょうか?

 

NEVER王者の前に現れるのは、THE DRAGONかそれともプロレス王か?

 

そんな好カード目白押しの11.3大阪大会までは、残すところあと3日です。


タッグリーグの行方も含め、楽しみにして待ちたいと思います!

 

では良かったらどちらかポチっとおねがいします!

 


人気ブログランキング
人気ブログランキング