ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

IWGPヘビー級の戦いは盛り上がっているのか?

至宝のベルトの現在

シリーズ画像

(出典:新日本プロレス公式)

 

10.14両国にて、チャンピオンの

オカダは、SANADAを、


権利証保持者の飯伏は

EVILをそれぞれ破り、

 

1.4のメインである、

IWGPヘビーのタイトルマッチは

この二人の戦いとなりました。

 

内藤選手やロスインゴの事を中心に書くことが多い当ブログですので、


あまりオカダ選手、飯伏選手のことを

書くことは無いのですが、

 

今回はこの二人の戦いについて、

書いてみたいと思います。


この至宝のベルトをめぐる戦いは、

今後どのように

ヒートアップしていくのでしょうか?

 

ベルトの価値

以下はこれまで両者が公の場で

発言した内容です。

 

オカダの主張

・2冠には興味がない。

・IWGPヘビーこそが金メダル。

・ICの価値がわからない。

 

飯伏の主張

・2冠になることが目標。

・IWGPもICも両方が金メダル。

・IWGPは最強、ICは最高、

だから両方必要。

 

などと発言しているかと思います。

 

見てわかるように、両者の主張は

真っ向から対立しているわけです。


今年のドームのケニーと棚橋の

間にもありましたが、


これも形を変えたイデオロギー闘争と

言えるでしょう。

 

ベルトの価値を考えると、

アントニオ猪木が創設し、


脈々とレジェンド達に

受け継がれてきた、


IWGPヘビーの方が

圧倒的に重みがあるように思います。

 

またICはもろもろの思惑から派生した

ものであったかとは思いますが、


中邑真輔により価値が爆上げされたと

言って過言は無いでしょう。

 

よってこの二つのベルトを

同等に考えることは、

そもそも無理があるのですが、

 

飯伏選手が言いたいことは、

内藤選手と同様に、


史上初の偉業を達成すると

いうところにあるのでしょう。


それを最強と最高という言葉で表現しているのではないかと思います。

 

よって飯伏選手は決して、

オカダがいうベルトの価値を

軽視しているということでは

ないかと思います。

 

ベルトの行方、そして2冠の行方

では今、この戦いは

盛り上がっているのか?

ということですが


対戦がまだ先という事もあり、

そうとは言い切れないでしょう。

 

飯伏選手はまだ、積極的に発言などを

するタイプかなと思いますが、


オカダに関しては

そこまでではないかと思います。

 

まずは1.4を満員にするためには、もっともっと世間にアピールする必要が

あるかと思いますので、

二人の今後のアクションにも注目ですね。

 

さてチャンピオンのオカダですが、

2冠には否定的な発言に

終始していますが、


先日のドームの記者会見にて、

2日間連続でのタイトルマッチは

行うと発言しています。

 

となるとやはり1.5のメインは、

ダブルタイトルマッチかはさておき、


IWGPをかけてのタイトルマッチは

行われるという事でしょう。

 

そしてそれに向かうのは、大方の

予想通り1.4のIC戦の勝者かと思います


そしてその1.4のIC戦は、

ジェイと内藤哲也の戦いのはずです。

 

よって、オカダをめぐる3名は飯伏、

ジェイ、内藤となるわけですが、


3名とも2冠狙いなわけですので、

1.5のタイトルマッチは

避けられないでしょう。


まさに伝説を創る戦いが

そこで生まれることになるはずです。

 

かなり気が早いですが、その1.5の戦いは誰と誰になるのか?


これは僕の願望でもありますが、

やはりオカダカズチカ対内藤哲也

しかないでしょう。

 

ダブルドームの本当の

メインを飾るのは

全てのことを考えてもこの二人

しかいないような気がします。

 

どちらが勝つかまでは言及しませんが、

2日間とも満員にするには、

このカードを切るしかないでしょう。

 

その試合後にドームで巻き起こるのは、

カネの雨なのか?

もしくはドーム初の大合唱か?

 

答えはまだ先の話ですね。。

 

では今回も最後まで

ありがとうございました。

良かったらポチっとお願いします。

 


人気ブログランキング
人気ブログランキング