ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

タイチのスゴさ

聖帝 VS LA DOJOの行方

(出典:新日本プロレス公式)

 

昨日の広島大会で行われた、Bブロックの公式戦。

タイチ対後藤選手の対戦は、上の写真の通り、

タイチがタイチ式外道クラッチで勝利を収めました。

 

もうこれって、番狂わせと思われてなくないですか?

タイチがヘビー級に転向した、2年ほど前は、

二人の格的なものは大きく開いていましたよね。

 

もちろん後藤選手の方が、上だったわけです。

というか比較されてもないレベルであったかもしれません。

それが、たった2年弱でタイチはここまで上がってきたわけです。

 

僕が思うにプロレスラーの格って、勝ち負けで上下しない、

序列を崩すことが難しいものと思ってます。

 

それこそ10年単位でも変わらないことが往々にあります。

それがトップとはいえないまでも、ここまで上がることは、

ほんとにスゴイと思うんです。

 

で、タイチが何をやったか?

ということを考えようと思います。

当たり前ですが、お客様の支持(反応)がなかったら、

会社もコイツをプッシュしようと思わないはずです。

 

一番ダメなのは、応援もブーイングも受けないことであると思います。

これはお客様から、存在を認知されていないことと同じなんで、

レスラー(タレント)としては一番ダメなヤツです。

 

ですので、タイチは元々のキャラを活かし、

まずは嫌われようとしたわけですが、

いつしかお客様の支持を集めるようになってきました。

 

これってどこかで見た風景ですが、

ロスインゴの内藤選手と同じです。

 

会場内外、媒体問わずあらゆるところで、

主張などを発信し、好きなことを言っていました。

 

完全に内藤選手の手法をパクったわけです。

いいもの、成功したものは徹底的にパクる。まさにTTPですね。

 

それを続けているうちに、とうとう今のところまで昇ってきました。

 

最近では内藤選手の代わりに、会社にモノ申したりもしてます。

 

これって会社からの期待の裏返しではないでしょうか。

発信力がなければ、そういうことをさせないと思いますので。

 

ここまでくると、ファンは次のステージを期待したくなります。

それは散々言われている、タイチ軍(仮)の結成ですよね。

 

そこでリアルヒールユニットのトップをぜひ務めて欲しいです。

そこに、昨日対戦した混迷している荒武者も加入させて、

なんとかしてください・・。

 

と、今日はここまでです。

最後までありがとうございました。

 

よかったらポチッとしてやってください。

人気ブログランキングへ