ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

LOS INGOBERNABLES de JAPON 高橋ヒロムが新日本プロレスの興行を締める日常

f:id:yosikazukun:20200129161145j:plain

 

その姿に違和感なし!

f:id:yosikazukun:20200129161513j:plain

(出典:新日本プロレス公式)

 

新シリーズが始まり数試合が終了したわけだが、

そのすべての大会の締めを行っているのは、高橋ヒロムである。

 

これまでロスインゴで興行を締める役割を担っていたのは、

内藤哲也を筆頭に、EVIL、SANADA、であることがほとんどであった。

 

しかし今回は内藤哲也、SANADAとタッグを組んでいる中でも

その役割を担っているのは高橋ヒロムである。

 

現シリーズはここまで放送がないので、公式サイトでの確認だけだが、

このニュースを見たときに、ヒロムの立ち位置も変化してきたと感じた次第だ。

 

ヒロムにしても、ジュニアが主役となるシリーズではもちろん幾度となく、

興行を締めてきたことは皆様もご存知であるかと思う。

 

しかし今回のようなヘビー級も参戦しているシリーズで、複数回興行の締めを

任されていることは記憶にない所だ。

 

つまり新日本の序列においてもその重要性が、

増してきていると言えるのではないだろうか。

 

もちろん長期欠場をしていたこともあり、その復帰のお披露目を、

全国で行っているという意味もあるはずだが理由はそれだけではないだろう。

 

新たなジュニアのカリスマとして、いやその枠をも超えた活躍を、

新日本としてもとして期待しているはずだ。

今回の興行を締めるヒロムの姿は全国のファンにそれを伝えていると言えるだろう。

 (関連記事はコチラ)

 

www.hi-jyapw.com

 

世代交代

スポーツの世界であれば、

どのようなジャンルにおいても世代交代は避けられないことだ。

 

プロレスはその特殊性から息の長いスポーツであるかと思うが、

それでも定期的に世代交代がやってくる。

 

近年の新日本プロレスだけを見ても、

闘魂三銃士⇒第三世代⇒棚橋・中邑時代⇒オカダ・内藤時代

と大まかに分けられると思う。

 

これからの世代交代で言えば、いよいよ暗黒時代からのV字回復の立役者である

エース棚橋弘至もトップ戦線からは一歩引く立場となるだろう。

(本人は全力で否定すると思うが。)

 

そして現在の2冠王者 内藤哲也も年齢を考えるとトップを張れる期間の

カウントダウンは始まっていると言えるだろう。

 

つまりスポーツエンターテイメントであるプロレスというジャンルは、

常に新たなスターを作り続ける必要性があるということだ。

 

棚橋弘至に代わる次のエースを、そして内藤哲也に代わる次のカリスマを、

見つけておかなくてはならない。

 

これはプロレスというジャンルの特性だが、

ただ強いだけではファンの支持を得ることは出来ない。

 

当たり前だが、ファンの支持失くしてスターにもカリスマにもなれない。

ゆえに新たなスターを作るのに、非常に時間がかかるジャンルなのだ。

 

そのような特性を考えると、何年という長い時間をかけてでも、

ファンに刷り込んでいく必要があるということだ。

次のエース、カリスマはこの男であるということを。

 

しかしそのような後押しがあっても、

全員がそのポジションにたどり着けるわけではない。

 

新日本プロレスだけをみても、たどり着けなかったレスラーの方が多いだろう。

かつての内藤哲也もその一人であったと言える。

 

しかし内藤哲也は自分を変えることで、ファンの支持さえ変えカリスマへと昇華した。

その姿を間近で見ていたヒロムはその影響を受けていないはずはない。

最近どことなくヒロムの雰囲気が内藤哲也に似てきたのはそんなせいかもしれない。

 

つまり新世代のカリスマとなるべき素質を持つのは、

高橋ヒロムしかいないというのが今の個人的な結論だ。

彼なら新日本プロレスをもっともっと楽しませてくれるだろう。

 

では今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 


人気ブログランキング

 

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村

 

twitter.com