ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

内藤哲也のオカダカズチカへの想い ~新日本プロレスの頂点を争う二人~

f:id:yosikazukun:20200117100703j:plain

 

ライバルではない。でも特別な相手

(出典:新日本プロレス公式)

 

WK14 1.5東京ドームにて2冠王座を賭けて死闘を繰り広げた、

内藤哲也とオカダカズチカ。

 

週刊プロレスなどでも詳しく書かれているわけだが、

今回はこの運命の、そして伝説の戦いを振り返ってみたいと思う。

 

まずは内藤哲也のオカダカズチカへの想いである。

これは有名な話だが、内藤哲也が目標にしていたことは全てオカダが先に達成した。

 

IWGPヘビー級戴冠、G1優勝、ドームのメイン、そしてドームのメインでの勝利など、

内藤哲也が少年時代から思っていた全ての目標を。

そして先を行くオカダに対し強烈なジェラシーを抱いた。

 

また今回の週プロでも語っていたが今の新日本はイコールオカダであると。

俺は認めていないと言っていたが、それは本音ではないだろう。

 

多くのファンがそう思っていることは、内藤哲也自身肌で感じていたはずだ。

そしてまたそのことに強烈なジェラシーを抱いたはずである。

 

つまり内藤哲也がオカダカズチカに感じている想いは、

根本的にはジェラシーということであるはずだ。

 

後輩であり、かつ生え抜きでもないオカダが、自分の先を走っていることは、

我々ファンが思っているより悔しいものがあるのではないだろうか。

 

それらの想いを総合して内藤哲也は、

今回オカダはライバルではない、でも特別な相手だ。と語ったのではないだろうか。

 

試合後、内藤哲也がオカダカズチカの髪を掴んだ理由

今回の試合後、印象的なシーンがあったことを皆さん覚えているだろうか。

激闘の後、内藤哲也がオカダカズチカの髪を掴んだあのシーンだ。

 

その瞬間は何かを語っていたというわけではなかったようだが、

そこには理由があったようだ。

 

内藤哲也が言いたかったのは、

『俺たちの戦いはこれで終わりじゃない』

ということであったとのことだ。

 

現在の新日本プロレスにおいてのトップオブトップは、

他の意見もあると思うが、やはりこの二人と言って問題ないであろう。

 

つまりこれからも二人の主役争いの戦いはまだまだ続いていくということだ。

しかし内藤哲也の年齢や体調などを考えれば、残された時間は少ないかもしれない。

 

内藤哲也ファンである、自分とすればそれは悲しい話であるが、

10年後もそうであるとは誰も言い切れないだろう。

 

だから内藤哲也がいつも言うように、今この瞬間を我々ファンは楽しまなけれならない

リング上で提供される戦いはその一瞬、一瞬が二度と見れないモノだ。

 

最高の興奮とカタルシスを与えてくれる戦いはその時にしか起こらない。

そういう意味では1.5の二人の戦いはまさに伝説を創ったと言えるのではないだろうか

 

まもなくファンタスニカマニアも終わり、

札幌、そして大阪城ホールへ向けての前哨戦が始まることになる。

 

内藤哲也の相手はKENTA。そしてオカダカズチカの相手はタイチである。

つまりこの二人が直近で交わるということはおそらくないだろう。

 

2人の運命が次に交わるのはいつの日になるだろうか。

前回はシングルマッチの間隔が丸2年もあった。

次回再び二人の運命が交わる日を待つばかりだ。

 

では今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 


人気ブログランキング

 

twitter.com