ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

豪華すぎるやん! 2.9新日本プロレス 大阪城ホール大会の続き

もう一つのDESTINO

 

【2月9日(日)大阪城ホールの全カード決定!】モクスリーvs鈴木がUS王座戦で激突! ヒロムvsリーのIWGPジュニア王座戦! SANADAvsジェイ、IWGPジュニアタッグも実現! | 新日本プロレスリング

 

前回の記事では2.9大阪城ホール大会のメイン、セミファイナルについて書いてみた。

(関連記事はコチラ)

www.hi-jyapw.com

 

この大会はメイン、セミ以外でも好カードが目白押しである。

よって今回は前回書けなかったその他のカードについて書いてみたいと思う。

前回の記事と併せご覧いただければ幸いである。

 

ケジメのタイトルマッチ

(出典:新日本プロレス公式)

 

まずはヒロムとリュウ・リーのIWGPジュニアヘビー級タイトルマッチについて。

まさにこの戦いは運命、そしてお互いにとってケジメとなる戦いとなるはずだ。

 

この二人はヒロムが海外修行中に出会い、そしてお互いを認め永遠のライバルとなった

そしてヒロムが凱旋帰国後も新日マットで、限界点を超えた激闘を繰り広げていた。

 

しかし二人の運命は、あの2018年7月7日から大きく変わってしまった。

そう、ヒロムが欠場するきっかけとなってしまったあの試合だ。

 

それによりヒロムは身体に、そしてリュウ・リーは心に大きなダメージを負ってしまった。

それは両者とも一時は引退を考えるほどの深いものだ。

 

そんな二人がここで改めてタイトルマッチを行えることは、ファンにとっても

なにより嬉しいことである。

 

ヒロムはリュウ・リーをけっして恨んでなんかいない。

その証拠にヒロムはことあるごとにこう言っている。

プロレスラーは全員覚悟を持って戦っているんだと。

 

この戦いはタイトルマッチではあるが、二人にとってはケジメを付ける戦いでもある。

新日本プロレスファンならそれを見守る義務があるということだ。

 

CLASSICAL MODERN

(出典:新日本プロレス公式)

 

次は1.6 New Year Dashにて因縁が生まれた、

SANADA対ジェイ・ホワイトのSPシングルマッチについて。

 

この戦いに今のところ付加価値はついていないが、今後のタイトル戦線を占う上で、

重要な意味を持つ試合になるのではないだろうか。

 

この試合に勝利した方が、同日に行われる2冠戦線の先頭にに大きく浮上すると思われる。

そんな視点からも注目の一戦と言えるだろう。

 

おそらくだが、両者はこれまで試合で絡むことはほとんどなかったはずだ。

よってファン目線からすると、新鮮であり非常に楽しみなカードである。

 

また両者のファイトスタイルは、素人目線ではあるが

クラシカルなレスリングをベースにしていると思う。

しかしそのルックスなどは極めてモダンであると言えるだろう。

 

SANADAにしてみれば、ザックとは一味違う

新たなライバルが登場したと言えるのではないだろうか。

 

そしてジェイにしても、2冠戦線からは一歩後退したが、

トップ戦線にいるSANADAをここで倒せば、同じロスインゴのメンバーである

内藤哲也を再び標的に入れることだろう。

 

NJCに向けどちらが弾みをを付けるか、

古くて新しい二人のプロレスを堪能したいと思う。

 

新日本プロレスはWK14の興奮も冷めやらぬ中、早くも次期シリーズが開幕した。

この2.9大阪城ホール大会まで1か月くらいあるがあっという間に本番が訪れるだろう。

 

この速い流れについていけるよう、今年もしっかりと新日本プロレスを追いかけたいと思う。

 

では今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

ひーじゃー (@hiijyaa) | Twitter

 


人気ブログランキング