ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

豪華すぎるやん! 2.9新日本プロレス 大阪城ホール大会

二冠王者 内藤哲也の伝説が始まる

 

www.njpw.co.jp

www.njpw.co.jp

 

先日、新日本プロレスより冬のビッグマッチ、

2.9大阪城ホール大会のカードが発表された。

これを見たときの感想は一言で言うと、『豪華』である。

 

新日本プロレスとしても、府立体育館から大阪城ホールへと会場を拡大したこともあり

相当力を入れているということであろう。

理由はどうあれ、素晴らしいカードが見れることは大歓迎だ。

 

またこれは残念と言っていいのかはわからないが、

主力どころで参戦しない選手も多々発生している。

ロスインゴのEVIL、鷹木、BUSHI、ケイオスの石井、後藤などが出場しない。

 

これだけの選手が出場しなくても、ビッグマッチのカードが組める新日本プロレス。

まさに恐るべしである。

2020年はよりレスラーの生存競争が激しくなるのではないだろうか。

 

ではここからは各カードのことを書いていこうと思う。

 

二冠王座 ダブルタイトルマッチ決定

(出典:新日本プロレス公式)

 

内藤哲也の思いとは別に、あっという間にダブルタイトルマッチが決定した。

これに対し内藤哲也は、何も考えていない、悪しき前例などと会社に毒づいていたが。

 

しかしこの二人の試合は、これから行われる(行われている)

リング内外の前哨戦も含め、非常に楽しみである。

 

この戦いのキーワードは『言葉』であろうか。

両者とも、圧倒的に弁が立つことは皆様も良くご存知のことだろう。

つまりリング上の直接的な戦いだけではなく、リング外でも心理戦が楽しめるということだ。

 

現在のマット界では、自発的な発信に代表される

自己プロデュース力が問われる時代である。

 

そして新日本の中でもその力が高い二人が絡み合うわけだ。

その展開が面白くないわけがないだろう。

 

賛否両論渦巻く前哨戦をまるごと楽しむしかないということだ。

 

相思相愛の二人の戦争

(出典:新日本プロレス公式)

 

セミファイナルはMOX対みのるのUSヘビー級タイトルマッチだ。

WK14でのランス戦とは趣が違うが、かなり刺激的な戦いである。

 

モクスリーは新日本プロレスへの参戦当初から

「俺がニュージャパンをディープに好きになったきっかけの試合が、

2012年のタナハシとスズキの試合」「俺はあの試合を“何百回”と観てるんだ」と公言。

「スズキと闘うことで自分の可能性を試してみたいんだ。なにが起こるか見てみたい」

と鈴木との対戦を“熱望”していた経緯がある。

(引用:新日本プロレス公式)

 

上記はモクスリ―が語っていた言葉である。

つまり新日本プロレスを好きになったきっかけを作ったレスラーとの対戦というわけだ

 

たとえて言うと、棚橋弘至が武藤敬司と、

内藤哲也が棚橋弘至と戦うというようなことである。

 

またみのるも以前よりモクスリ―と戦いたいということを公言していた。

この二人はつまり相思相愛というわけだ。

 

しかし戦いとなれば、それは全く別の話で二人とも戦争だ!ということを言っている。

どんな展開かは予測はつかないが、ファンを楽しませてくれることは間違いない。

世界のスーパースターとプロレス王の遭遇から目を離してはいけないということだ。

 

今回はメインとセミについて書いてみた。

この他にもジュニアのタイトル戦、

そしてスペシャルシングルマッチなど注目カードが目白押しである。

 

次回はそのあたりのことを中心に書いていこうと思う。

今日からはファンタスティカマニアでルチャの世界を楽しむ時だ!

 

では今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

ひーじゃー (@hiijyaa) | Twitter

 


人気ブログランキング