ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

逆転の内藤哲也 完結。そして新たな伝説が始まる。 ~新日本プロレスWK14 1.5東京ドーム~

 

歴史に名を刻む偉業達成

(出典:新日本プロレス公式)

 

伝説創るイッテンゴ。そのフレーズ通り1.5東京ドームで一つの伝説が生まれた。

皆様ご存知の通り、新日本プロレス史上初のIWGPヘビーとICの2冠王が誕生した。

その偉業を達成したのは、制御不能なカリスマ 内藤哲也だ。

 

1.5はワールドにて鑑賞していたが、この試合が始まる直前久しぶりに緊張したのだ。

プロレスファンの悪い癖だが、長くなればなるほど見ていて緊張感がなくなってしまう。

 

自分もそんなファンの一人であったと思うが、この試合は違った。

それだけこの試合を特別に楽しみにしていたのだろう。

 

当ブログをご覧の皆様はご存知かもしれないが、自分は内藤哲也のファンである。

そんな自分の推しの選手が2冠王者になるかもしれないのだ。

 

終わったことなどでここに記すが、2冠王者になる確率はかなり高いとは思っていた。

でも試合中もドキドキが止まらなかった。

 

そして内藤哲也が勝利した瞬間、感無量となりテレビに向かい拍手していた。

恥ずかしながら、このようなことをこれまでしたことはない。

それくらい自身がこの偉業を待っていたということの証拠だろう。

 

そうか、2018年のドームで敗退してからの2年間はこのためにあったのか。

 

この想いはロスインゴファン、そして内藤哲也ファンの総意であろう。

 

多くのファンの夢を背負った内藤哲也

の逆転劇がついに最高な形で完結したはずだった。

 

東京ドームに響くブーイング

しかし東京ドームを包む最高の多幸感は最後まで続くことはなかった。

あとはハポン締めのみというところでKENTAが乱入してきたのだ。

(出典:新日本プロレス公式)

 

近年のドームのエンディングでこんなバッドエンドはあっただろうか?

自身の記憶としてはないと思うのだが。

 

もちろんこのKENTAの乱入はSNSを中心に賛否両論渦巻いている。

しかし考え方を変えるとそれは、

この続きを期待しているということと同義であると思う。

 

自身の感想としては、そう来たか新日本。というところが本音だ。

 

また別の見方をすると内藤哲也が2冠を獲得して終わりではなく、

まだ伝説の続きがあるとも言えるだろう。

そう考えると楽しみも増えるということが言えるのではないだろうか。

 

そして間違いないことは、次の内藤哲也の抗争相手はオカダでもジェイでも飯伏でもなく

KENTAが相手ということだ。

 

これはKENTAのステージが一歩上がったともいえるのではないだろうか?

時の2冠王者の最初の相手に選択されたということは、極めて重要なことであると思う

 

一般のビジネスシーンで言うと、鳴り物入りの中途入社の社員が、

一定以上の成果を上げ、大きなところを任されるというようなことである。

それだけ新日本プロレスも2020年はKENTAに期待しているはずだ。

 

そしてステージが上がるほど団体のトップになった経験、

そしてWWEで苦汁をなめた経験というモノが活かされることになる。

 

棚橋弘至のジェリコ戦での敗戦も考えると、現在のトップどころに

次に食い込むのはKENTAということなのかもしれない。

さあ、KENTAのお手並み拝見というところだ。

KENTAにはこれまで同様、ファンをざわつかせることを個人的には期待している。

それでこそ、真のプロレスラーと言えるのではないだろうか。

 

では今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

2020年も新日本プロレスを楽しんでいきたいと思いますので、

引き続きよろしくお願いいたします。

 


人気ブログランキング

 

twitter.com