ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているブログです。

鷹木信悟 ~The dragonが次に目指すもの~

ジュニアとして、そして無差別級として

鷹木 信悟

(出典:新日本プロレス公式)

 

本日はG1出場も決まった、

鷹木信悟のことを書きたいと思います。

(前記事でLIJメンバーのことを書いているので、良かったら見てください。)

 

決勝では負けてしまいましたが、

BOSJで圧倒的な強さを見せた信悟。

 

その後、無差別級を宣言し、

G1出場をアピールしました。

結果見事出場を果たしております。

 

今年の出場選手は、過去最高とも言われており、

いわゆる白星配給係の選手が見当たりません。

その中でどのような結果が残せるか、

大変楽しみですね。

 

さてご存知の方も多いと思いますが、

簡単に信悟のこれまでを振り返りたいと思います。

 

2004年にドラゴンゲート(DG)でデビューしていますので、

今年でキャリア15年になります。

キャリアで言うと、内藤選手より少し先輩になりますね。

 

DG当時を知らない方は、信じられないかもですが、

大ブーイングを浴びるトップヒールの時代が長かったです。

今の新日本で言うと、ジェイのようなポジションでした。

 

そのDG時代もビッグマッチで数多くメインを務めているので、

その部分での経験も問題はありません。

だからこそ新日本としても今回、両国のメインを任せたのでしょう。

 

また実際DG時代は強さが突出していたので、

今の環境は信悟にとって、大変やりがいのある状況かと思います。

 

ジュニアでこれだけの手ごたえがあるなら、

ヘビーの連中はどれだけのもんなんだ!、やってみてぇ~、

と今回信悟が考えたのは、必然であったかもしれませんね。

 

ということで、リーグ戦で当たるのは以下の選手たちです。

(出典:新日本プロレス公式)

 

まさに手応えしかない選手たちがそろっていますね。

(矢野さん除く)

 

これは今後の自身のキャリアを考え、

新日本に来た信悟が、やりたかった大きなひとつであると思います。

 

少し話は逸れますが

仕事をしている方にはよくわかるかと思いますが、

ある場所で、それなりのキャリア、ポジションにつくと、

なかなか実際には環境を変えることに対し、踏ん切りがつきません。

 それを実際に行った信悟は、それだけでスゴイと思います。

 

また、『まだ俺を試すのか?』と言っていましたが、

会社で言う転職試用期間は無事クリアし、

今回の抜擢になったということですので一安心ですね。

 

話は戻りますが、正直優勝うんぬんは厳しいでしょう。

強烈なメンバーですので、もしかすると大きく負け越す可能性もあります。

(個人的には、5勝4敗あたりかと予想していますが。)

 

しかし、各試合においては必ず『信悟、スゲーな』と思わせてくれることでしょう。

これを試金石とし、どのような道へ進むかはわかりませんが、

そこはトランキーロとしておきましょう。

 

今回はここまでです。

最後までありがとうございました。

良かったらポチッとお願いいたします!