ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

内藤哲也の覚悟 ~トップレスラーとしての矜持

number.bunshun.jp

内藤 哲也

(出典:新日本プロレス公式)

 

Numberの記事を読んで

昨日発売のNumber内にある、

内藤選手の記事を読んだ感想を、

今日は書きたいと思います。

 

◆試合に出続ける意味

根底にはプロレスファンであった当時の、

期待感と落胆から生まれているようです。

 

詳細は省きますが、見たい選手を見れなかった時の

(試合がなかったり、欠場していた)

失望感を、今のファンに持ってほしくないということです。

 

レスラーサイドから見れば、

一つの地方大会かもしれませんが、

 

お客様から見れば、年1回、またはそれ以上ぶりに、

生で見れるとワクワクしています。

 

そんな中、最も需要があると言われている、

内藤選手が出ない!となると、

 

その振り幅は、期待感との裏返しで

相当大きくなってしまいます。

 

今の姿は今しか見せることが出来ない、また見れない。

つまり一期一会を大切にしているということです。

 

そこまでファンのことを考えてくれているということは、

やはり伝わりますので、

これだけの支持を、長期間獲得できているのも頷けます。

 

これは普段の仕事などにも当てはまり、

会社から見れば、普通のこと、、また当たり前のことも、

お客様から見れば違うということはよくあります。

 

そのあたりを理解できている人と、

そうでない人では、結果に差が出るのと同じ理屈かと思いました。

その視点から見てもやはり、内藤選手はスゴイなと思います。

 

◆名前を残したいという欲

ある意味頂点を極めた内藤選手ですが、

最近新たな欲が生まれたそうです。

 

それは20、30年後のお客様のために、

名前を残したいという欲です。

 

まずスゴイなと思ったことは、

そんな先を見据えて動こうとするレスラーが、

これまでいたのか?ということです。

 

これも会社などで言えますが、

どうしても目先の利益を追い求め、

長期的なビジョンなどは、後回しになってしまいます。

 

今回の記事を見て、先を見据えて動くという大切さを

再確認させられました。

 

このように内藤選手によって、

気づかされることはたくさんあります。

そういう時、プロレスファンでよかったな~と思います。

 

話は戻りますが、20、30年後の名前を残すために、

つまり内藤哲也、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン

という名前を残すためにしたいことは、

 

6大ドームツアーと2冠王者ということです。

 

これらの共通項は、史上初ということです。

 

たしかになんでもそうですが、初めてという事は、

記憶にも記録にも残りやすいですので、

この目の付け所にも共感した次第です。

 

2冠王者は次のG1を制覇すれば、

いよいよ現実味を増しますし、

 

ドームツアーの関しては、

今冬のドーム2連戦を成功に導き、

 かつ会社自体の上場等が実現すれば、

内藤選手の全盛期中に、実現するかもしれません。

 

ドームツアーに関しては、海外戦略とともに、

会社の最重要プロジェクトととして取り組んで欲しいと思います。

(メイ社長お願いいたします!!)

 

さて最後に書きたいことですが、

内藤選手は、このようなことも言っています。

 

『自分自身に納得したことはない』

『満足すれば、あとは衰退するのみ』

 

これも僕自身に言い聞かせたいと思います。

内藤選手、ありがとうございました!!

 

という内藤ワールド全開の記事でした。

最後までどうもありがとうございます。

 

良かったらポチッとお願いいたします。