ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。

後藤洋央紀登場 in 仙台

 一体何が変わったのか

(出典:新日本プロレス公式)

www.hi-jyapw.com

 KIZUNA ROAD最終戦、

大方の予想通り?後藤選手が登場しました。

 

やはりヒールターンなどではなく、

ジェイへのリベンジを直近のテーマとするようです。

 

前記事にも書きましたが、僕はやはりこれでいいのか?

という思いが強くあります。

 

見た目は多少シャープになり、

髪も黒髪から少し茶色くし,

イメチェン感はありました。

 

しかし発した言葉は、

外道さんと柴田選手のオマージュであり、

何かちょっと違うなと思った次第です。

 

会場のお客様はそれなりに沸いていたようですが、

これがわざわざ欠場してまで、

ファンの皆様が求めてた姿なのでしょうか?

 

今回の変化のテーマは動画などから推察すると、

『無駄をなくす』や『緩急をつける』というようなことでしょう。

 

これも一歩間違えれば、後藤選手の直線的な魅力が薄れるような気がします。

上手くなった後藤選手に、ファンが惹きつけられるのかは疑問です。

つまり向かおうとしている努力や変化の方向性がズレてんじゃないの、

ということです。

 

まずIWGPヘビーを目指す=ジェイを倒すということです。

ジェイは前ヘビー級王者ですが、現王者ではありません。

 

よって本気でチャンピオンを目指すなら、

オカダ選手に噛みつくくらいのことをしなくてはいけません。

 

ですので、単純に考えても、

ケイオスにいる場合ではないのですが、

脱退するような素振りはうかがえません。

 

流れ上G1ではジェイに勝つのでしょうが、

勝ったところで、チャンピオンに近づくのって話です。

 

たしかに挑戦者としての位置づけは上がるかもですが、

それだけとも言えます。

 少し考えれば、これはわかると思うのですが・・。

 

まあ、会社の中にいるので、全選手が自分の思い通りに

なることはあり得ませんが、

 

今回もヨシハシ選手と同様に、G1の煽りに、

上手く使われてるな~としか思えません。

その点は、後藤選手も欲がないというか、人がいいのでしょうか。

 

今回の流れの本当の経緯は、僕たちファンには知る由がないですが、

立場を変える(ユニット変更など)ことを選択しなかった、

後藤選手は、何か大きなチャンスを逃したような気がしてなりません。

 

これでG1の成績が、ジェイに勝ったはいいが

昨年同様負け越しとかになったら辛いですね。

 

僕自身、そこまで後藤選手推しではないですが、

こういう記事が書けるってことは、

魅力がある選手ということなのでしょうか??

 

秋あたりに結局ネバーに、戻ることの無いように

願っております。

 

そうなっても、『やっぱり殿は殿やな』となるかもしれませんが・・

 

というように今回は後藤選手一色の記事となりました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

良かったらポチッとお願いいたします!