ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

G1出場選手はこのまま決まり?それとも・・・

www.njpw.co.jp

ヨシハシは一歩踏み出した?それとも踏み出さされた?

先日、G1の出場選手と各大会の対戦カードが発表されましたが、ここにきて若干その動向が怪しくなっていますね。

 

事の発端は、みのるのマイクと、ヨシハシとザックの一連の絡みであります。

みのるに関しては、そりゃ、そういうよね、という感じですが、

ヨシハシ選手がここにきて、何やら強く主張しています。

 

 

 

皆様もご存知の通り、ヨシハシ選手は昨年のG1に選ばれたことで、かなり批判を受けてしまいました。

 

そんな中今回の発表時点では、選に漏れていたのですが、ザックとの絡みの中で出場権を賭けろと言い出し始めました。

 

新日本のレスラーですから、G1に出たいのは当たり前ですが、このようなことを自分の意志で言いだしたのかは、疑問に思います。

 

ここからは思いきり推測ですが、会社の思惑が絡んでいるような気がします。

つまりこの行為は、能動的ではなく、受動的なものではないかと思います。

 

言い方は悪いですが、このような主張が自主的にできるなら、今のポジションにはいないはずですので。

 

会社の戦略として、今の流れが作られているならもしかしたら、これから一波乱あるんじゃないかな~と考えたりします。

 

おそらく試合自体はザックが勝つでしょうが、どう転がるのかは注目かなと思ってます!

 

またケイオス絡みで言うと、後藤選手の動向も気になります。

後藤 洋央紀

(出典:新日本プロレス公式)

 

混沌の荒武者の異名を持っていますが、現在は自身の立ち位置がカオスです。

対戦カードを見てみると、リーグ戦以外はケイオス寄りの(本隊とも組む)中で組まれています。

 

これだけ見ると、えっ、何も変わってないやん、と思われても仕方ありません。

SNSなども止め、よりハードルを上げてしまっていますが、大丈夫かな?とこちらが不安になります。

 

ダラスでは、ジェイとの前哨戦が組まれておりますが、ここで何か起こさないと、そのまま元の木阿弥になりそうであります。

 

後藤選手自身、以前に『諦めることを諦めた』と言っていましたね。

これはトップに食い込むことを指していると思います。

 

本当に最後のチャンスかと思うので、自分の意志で一歩踏み出していただきたいですね。

 

今回はメインストーリーから少し離れたことを書いてみました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

良かったらポチッとお願いいたします!