ひーじゃープロレス日記

プロレスのこと、そこから学んだことなど、思いつくままに書いてます。

メイ社長が考えていること

どれを伸ばす? どこに広げる?

メイ社長 画像 に対する画像結果

www.njpw.co.jp

(出典:新日本プロレス公式)

 

世界第2位のプロレス団体と言われている新日本プロレス。

昨年の年商をご存知でしょうか?

公式HPではおよそ50億円と記載されています。(上記参照)

 

その年商の柱となっているのは何かを考えて見ると、

①興行収入

②ワールド会員よりの収入

③グッズ売上収入

④放映権収入

というところでしょうか。

 

 他にももろもろあるでしょうが、主だったところはこのあたりかと推測されます。

国別ではまだまだ日本がほとんどを占めていて、海外分はまだ少ないのではと思います。

 

そこでプロ経営者であるメイ社長は何を考えたのでしょうか?


僕の勝手な推測ですが、

・どの項目にまだ伸びしろがあるのか?
・国外での売り上げを伸ばすことができないか?
というようなことを考えたのではと思います。

そこで海外での興行を強化しつつ、世界的な知名度のあるレスラーを使うことで、

国外でのワールド会員を増やすことに目を付けたはずです。

それは今年度もアメリカだけではなく、イギリスやオーストラリアでの興行実施、

また最近話題である元WWEスーパースターのモクスリ―の参戦など、

より加速している印象です。

 

仮にワールド会員が1万人増えると、年間で1億円以上の収入増となります。
(1万人×1000円×12か月=1.2億円!)

現状の売上規模ならこれはかなりのインパクトがありますね。

インタビューなどで5~10倍にを目指すというのも頷けますね。

 

また2リーグ制という話もでていますが、これは現状の選手層を効率的に活用し、

興行数を増やすことが狙いですね。

 

いくら分厚い選手層を誇っていても、現状のシステムでは興行を増加することは現実的ではありません。

 

しかし2リーグとなれば、理論的には同じ日に2つの興行が可能となります。
(ファンに受け入れられるかはわかりませんが)

それで現在と同じ動員が見込めれば単純に売上は2倍になりますね。

 

この2つの戦略が目論見通りになれば、売上が50億から激増することになります。

そのメドが立てば、きっと目標である上場が現実的になるでしょう。

 

しかしメイ社長が考えていることは、きっと僕が考えているよりはるかに壮大であると思います。

 

きっと来年のドーム2連戦がそのターニングポイントになるのではないでしょうか。

その答えは・・・ 来年まで楽しみにしておきたいと思います!!

 

良かったらランキングにご協力ください!