ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

両国のカードは??

 サプライズはあるか!

シリーズ画像

 

今回はBOSJの優勝戦が行われる両国大会のカードを考えて見たいと思います。

今決まっているカードは、まだ2つです。(5月22日現在)

 

・BOSJ優勝戦

・タナ VS ジェイ君

だけとなっています。

 

全カードで8~10試合となっていますので、あと6~8カードは必要ですね。

その中で間違いなくドミニオンの前哨戦は組まれるでしょう

 

・飯伏組 vs 内藤組(武士を入れてのタッグ?イビサナも入れての8人タッグ?)

・タイチ組 vs 石井組(6人タッグくらいかな)

 

あたりが濃厚でしょうか。これでもまだ4試合しかありませんね。

 

あとはオカダ絡みのカード。
おそらくジェリコは当日だけでしょうから、対戦相手にはいないかな。

 

登場するのは、試合後の急襲か? VTRか? 

別にVTR後の本人登場パターンもありますが、内藤戦ほどの盛り上がりは厳しいかも

しれません。

 

これでやっと5試合です・・。

 

ドミニオンでヘビーのタッグのタイトルマッチが組まれるとしたら、6人タッグの方のタイトルマッチは組まれるかもしれません。

(すでに皆様あまり興味はないかもしれません・・。またこれには監督の脱落が前提になってしまいますが、決勝にはイカないでしょうから。)

 

こちらは対戦相手すら予想できませんが、バレットあたりかな。

(ヴィラン・エンタープライぜスが3人そろえば、嬉しいですけどね。)

 

これで6試合が決定しました。

 

少なくともまだ2試合は必要ですね。

7試合目として僕の期待は、みのる VS ライガーです。

 

抗争は一時盛り上がりましたが、やや尻すぼみになってきているので、早めにやってしまいましょう。

 

ルールは当人同士が決める。これがいいと思います!

(プロレスとMMAルールのいいとこどりで)

 

ドミニオンで埋もれるのは、少々惜しいカードですので、マッチメイク担当の○○さん、ぜひよろしくお願いします!

 

残りはYL絡みの戦いや、ジュニアリーグで脱落となってしまった選手同士の戦いかと思います。

 

改めて考えると、すぐにドミニオンがあるのでマッチメイクも難しいですね。

またあくまで主役はジュニアの決勝戦ですから、それを消すようなカードも組めませんし。

 

それではどれだけ当たっているかは・・、トランキーロということで。

 

ランキングのご協力お願いします!