ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。

ジェイ・ホワイトは新時代の覇者となるのか

26才の王者

(出典:新日本プロレス公式)

 

ジェイ・ホワイト。

 

若干26歳にして、

IWGPヘビー、US、ICの

3冠を達成。

 

そして、最大の勢力を誇る

バレットクラブのリーダーでもある。

 

このモンスターとなった男は

一気に2冠王まで駆け上り、

新先代の覇者となるのか?

 

その実力の底は一向に見えません。

 

この若き王者とは

一体何者なのでしょうか?

 

ジェイ・ホワイトの魅力とは

 

現在の新日本に於いての

トップヒールであり、

他のトップレスラーの対立軸として、

圧倒的な存在感を見せています。

 

内藤哲也がダークヒーロー化した今、

唯一ブーイングを

一身に集める存在です。

 

団体のトップヒールは、

大変難しいポジションですので、

 

誰でもが出来るものではない

というのが僕の持論です。

 

お客様のヒートを買いつつ、

ヒーローを輝かせ、自分も輝く。

 

そんなことが求められる

ポジションです。

 

元々持っていた素養に加え、

圧倒的な努力もあったのでしょう。

 

ジェイはそのポジションを、

ある意味会社の期待以上に

 

務めているといえるのでは

ないでしょうか?

ビジュアルの良さ、言葉のセンス、

立ち振る舞い、

もちろん試合も一級品です。

 

 

そんなジェイに、ストーリーの中心、

すなわちベルトが集まることはもはや

必然なのかもしれません。

 

ジェイの運命。2冠王は実現するのか

 

では、ジェイがアメリカ大会で

発したあの言葉。

 

『2冠王になることが俺の運命!』

は叶うのでしょうか??

 

実際9.22でICを奪取したジェイは、

2冠戦線のトップランナーと

言えるでしょう。

 

おそらく11月に組まれる、後藤選手との

タイトルマッチをクリアすれば

 

1.4ドームには、

チャンピオンで登場することは

確実でしょう。

 

ドーム時点で2冠に必要な要件は

クリアできるとみています。

 

ではドームで行われるであろう、

ICの対戦相手は

いったい誰が濃厚なのか?

 

やはりリベンジをかけた

対内藤戦となるのか?

 

はたまたジェイがバックステージで

口にしたレスラーの中からとなるのか?

 

その中には、EVIL、SANADA、

飯伏、オカダ以外に

ケニーの名前もありました。

(発言している場面は違いましたが)

 

話は少しそれますが、

なぜケニーの名前が出たのか?


AEWとの交渉は定かではないですが、

電撃参戦があるのか?

ネット界隈では?マークですが、

何が起こるかわからないのがプロレス界。

 

ジェリコやモクスリ―はドームには

参戦するはずなので、ケニーの登場も

期待したいと思います。

 

今の成長したジェイと、

ケニーオメガの一戦が実現すれば、

 

まさにドーム級のカードと

言えるでしょう。

 

 そしてそれらをすべて、

ジェイが乗り越えた先には、

 

全員がswitchbladeの

息遣いの中にいることになるでしょう。

 

まとめ

 

上にもあるように、

ジェイはまだ26才です。

 

つまり5年後でもまだ30歳

そこそこというわけです。

 

5年後となると、タナは47才、

内藤、飯伏選手も42才となり

おそらく全盛期は過ぎています。

 

そしてその時点でのトップ争いは、

ジェイ、オカダ、EVIL、SANADA

という面々になっているはずです。

 

そのメンバーが本当の意味で、

トップを張っていれば、今とは違う

新時代、NewEraと言えるでしょう。

 

その時代とはどんな景色になるのか?

そういうことも想像できるのが、

プロレスのいいところですね。

 

と今回はここまでです。

 

内藤選手ファン、

ロスインゴファンの僕ですが、

 

ジェイに関しては、

ホントにスゴイと思ってます。

 

それがプロレスファンの皆さまに

少しでも伝わっていれば幸いです!

 

ではではよかったらポチッとしてやってください!

 


人気ブログランキング