ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。

両国大会 ~豪華すぎる秋の決戦~ Vo1

ダブルドームへ続くプロローグ

シリーズ画像

(出典:新日本プロレス公式)

 

先日、10.14両国大会の全カードが発表されました。

コチラ⇩

www.njpw.co.jp

 

第一試合からメインまで

豪華すぎるカードが決まっています。

 

この大会でダブルドームへ向かう、

大まかな姿が浮かび上がる

と思われます。

 

今回はその見どころなどを

書いていこうと思います。

 

デスぺ復帰!タナ20周年!など

 

第一試合では、5月以来となる

デスペラードの復帰戦があります。

 

また金丸選手とのタッグが見れることは

嬉しいニュースですね。

 

もちろんDOUKIとの連携なども

見どころです。

 

そこで疑問が一つ。

鈴木軍はこの3人の中で、

どの組み合わせで

 

ジュニアタッグリーグに出るのか

という問題です。

 

安定のデスぺ・のぶ組か?
それともDOUKIを入れるのか?

またTAKAの復帰や別選手の参加で

もう1組作るのか?

 

そちらも個人的には

楽しみにしています。

 

(個人的希望は金丸・DOUKI組、

ナマハゲ・X(メキシコから)組です。)

 

続いては、棚橋弘至20周年記念試合

 

神戸でのアンダーカードに続き、

今大会でも第2試合となっています。

 

対戦相手などよりも、

このストーリー展開の中心から

 

離れた現状に対し、

エースが何を思うのかが気になります。

 

今年のドームで

メインを張っていたことは

 

この激流の中では、

すでに過去のモノとなっています。

 

エースに復活の目はあるのか?

ドミニオンで因縁が出来た

ジェリコの登場なのか?

 

そういう意味で注目しています。

 

9.22神戸でジェイに痛恨の敗戦を喫した

内藤選手もアンダーカード

になりました。

 

しかしながら、今大会の本番は

後半戦のどこかで登場し

 

ストーリー付けすることに

あると思います。

(どこかは、他の試合結果による)

 

逆転の内藤哲也のストーリーは、

きっと両国から

始まるのではと考えています。

 

さあ、誰の元にカリスマは

現われるのでしょうか??

 

バレット対ケイオスの

IC前哨戦は割愛しようかと。

 

後藤選手が裕二郎に

勝っちゃうかなと思います。

(ピーターさんには

もちろん注目です。)

 

後半戦の見どころ(その1)

まずはライガー対みのるの遺恨決着戦。

現時点では試合形式は

決定していません。

 

それとともに

鬼神ライガーが再び降臨するのか?
またはバトルライガーなのか?

という点も 注目となるでしょう。

 

試合展開、試合後も含め、

二人にしか作れない

世界が見れるのではと思います。

 

そして鬼神ライガーとの

対戦を熱望している

ヒロムが登場することが

僕の最大の期待です。

 

果たして僕の期待は叶うのか・・。

そろそろ見たいぞ、ヒロム!

 

そしてここからは

タイトルマッチが続きます。

(権利証含む)

 

まずは好試合となることが、

保証付きのジュニアの

タイトルマッチです。

 

ELPはマジメにやる的な

発言をしていますが、

額面通りに受け止めていいのか?

それを逆手に取り、

巧妙な手でシングルまで

かっさらいジュニア2冠王となるのか?

 

ジュニアの頂点に立つ、オスプレイは

全てをはねのけ防衛出来るのか?

 

どちらが勝利するのかは未知数ですが、

一つ言えることは

 今大会のベストバウト級の試合を

展開し、お客様の熱を一気に

ヒートさせることですね。

 

個人的にはELPに期待してます。

 

と、ここまででも

見どころは盛りだくさんですが、

なんと両国大会は、ここから

US、権利証、IWGPヘビーと続きます。

 

まさに豪華すぎる大会です。

 

その3つのタイトルマッチについては、

 次回記事で書きたいと思います。

そちらもぜひご覧くださいませ!

 

新日本の今週末はアメリカ大会ですか・・。

選手の皆様、ケガなどなさらぬように・・・。

 


人気ブログランキング