ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。

LOS INGOBERNABLES de JAPON 復権のカギはヒロムの復活

ヒロムは両国に姿を現すのか?

 

www.njpw.co.jp

 

昨日に上記事の通り、

両国国技館大会の全カードが

発表となりました。

 

メインでは、

オカダーSANADAのIWGPヘビー選手権。

 

セミで飯伏ーEVILの権利証マッチが

組まれています。

 

この二人はロスインゴの中では、

只今希望の光となっています

 

つまり他のメンバー、

特にヘビーの二人は、

 

神戸でまさに希望が

破壊されてしまいました。

 

もし、SANADA、EVILまで・・・

となってしまうと、

 

ユニットとしては

最悪の展開が待っています。

 

この空気感を変えるには、

あの男の復活しかないと

僕自身考えています。

 

そう、ticking timebombが

再び爆発するしか・・。

 

もしそうなれば、再びユニットとして、

最高の輝きが見れるのでは

ないでしょうか。

 

両国こそが復帰の最高のタイミングでは?

 

 

・IWGPジュニアのタイトルマッチ

 

当日はオスプレイとELPによる、

タイトルマッチが行われます。

 

ドームまでのタイトルマッチは、

多くてもう1回

もしくはこれが最後かもしれません。

 

もしドームでの

タイトルマッチを狙うなら

 

のこり3か月弱のこの時期は

理想といえるかと思います。

 

ドラゴンリーとの復帰戦が

理想ではあるでしょうが、

 

因縁深いオスプレイの前に登場しても

不思議ではないでしょう。

 

・鬼神ライガーが登場?

 

先日の神戸大会にて、

ヒロムの一番戦いたい相手、

鬼神ライガーが7年ぶりに降臨しました。

 

ライガーの引退まで、残り3か月。

 

もしドームでライガー対ヒロムの

スペシャルマッチが行われるなら、

 

こちらも最高のタイミング

と言えるでしょう。

 

日本のジュニアを

牽引したレジェンドから、

 

ジュニアを愛し、

ジュニアにプライドを持つヒロムへの

継承マッチは行うべきかもしれません。

 

そうなると、

みのるとの一戦が終わった後、

 

ライガーの前に現れても、

こちらも不思議ではないですね。

 

・Jrタッグリーグ戦出場のため

 

両国が終われば、

Jrタッグリーグ戦が始まります。

 

現在信悟のヘビー転向により、

BUSHI選手は

 

パートナー不在であり、

出場が危ぶまれています。

 

スーパージュニアに

間に合わなかった時点で、

 

次にジュニアが

主役となるこのシリーズに

照準を合わせたとしたら、

 

両国で復帰宣言することが、

最高の舞台と言えるのでは

ないでしょうか。

 

ジュニアにプライドを持つ

ヒロムにとっては

 

ジュニアが主役のシリーズで

復活することが、

やはり最もふさわしいと思います。

 

以上のように、理由は様々ですが、

試合はないにしろ、ヒロムが登場すべき

フックが多く存在しています。

 

やはり秋のこの大舞台で

華やかに復帰宣言をする可能性は

高いのではないでしょうか?

 

復帰後のLOS INGOBERNABLES de JAPON  

 

ヒロムが復帰となると

ユニットが俄然活気づくことは

間違いないでしょう。

 

それほどヒロムの存在はロスインゴに

とり大きいものであると思います。

 

それはファンの方も、この欠場の間に

感じたのではないでしょうか?

 

そうなれば神戸で止まった針が、

再び動き出すことでしょう。

 

内藤哲也は2冠王者へどう動くのか?

鷹木信悟の次なる標的は?
EVILは権利証を奪取出来るのか?

SANADAの初載冠は叶うのか?

 

などの全てのことが具体化し、

全てが思惑通りになるような

気がします。

 

そうすれば、ヒロムの復帰を

祝うこれ以上ない

 

プレゼントと言えるのでは

ないでしょうか。

 

そしてヒロム自身、

Jrタッグリーグ戦でBUSHIとともに

優勝となれば、

 

ドームはまさに

ロスインゴ一色になることは

間違いないでしょう。

 

散々煮え湯を飲まされた

ロスインゴメンバーや

ファンにとっては、

 

これくらいのご褒美は

必要ではないでしょうか??

 

本日もほぼ想像のみ書いています。

ヒロムの復帰が現実となるかは、

ヒロム本人しかわかりません。

 

でも僕は両国での復活、

それに比例したロスインゴ自体の

復活を信じたいと思います。

 

ではではよかったらポチッとしてやってください!

 


人気ブログランキング