ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。

ディストラクションシリーズのここまで

仲良しの内藤哲也とジェイ・ホワイト

(出典:新日本プロレス公式)

 

ディストラクションシリーズも始まり、

各タイトルの前哨戦も

激しくなっています。

 

その中で今一番盛り上がっているのは、

やはりインターコンチをめぐる、

 

内藤哲也とジェイ・ホワイトの

戦いではないでしょうか。

 

ジェイの凱旋帰国後、

先だってのG1最終戦まで、


長い間寝かされていた対戦ですが、

リング内外を通じ、

非常に噛み合った展開を見せています。

 

この抗争が始まる前は、

どうなるのかと思っていましたが、

いざ、始まってみると

 

アメリカでのジェイの2冠王宣言

内藤選手の新日本への

ダブルタイトルマッチの返答要求

開催しない場合の権利証への挑戦

ジェイのベルト強奪

 

などなど、ファンの目を惹きつける

展開を見せています。

 

また二人を見ていると、良い意味で

この抗争を楽しんでいるように感じます。

 

こういうのは、見ているファンにも

伝わるので、ファン側としても、

非常に楽しめますね。

 

このまま、まずは神戸ワールドまで、

どんどん盛り上げていって

欲しいと思います。

 

続いては、ジュニア戦線について。

ここはオスプレイとELPを中心に

展開しています。

 

別府でタッグのタイトルマッチ。

両国でシングルのタイトルマッチ

が組まれています。

 

両者にとっては、シングル、タッグの

2冠のチャンスもありますが、


無冠に転落する恐れもありますので、

どういう展開になるのか注目ですね。

 

少し前を振り返ってみると、

シングルは


オスプレイ

石森

ドラゴンリー

スカル


タッグは

3K

デスぺ、金丸

ロスインゴ


中心であり、少々マンネリ感も

ありました。

 

特にタッグに関しては、

その傾向が顕著であったので、

今のケイオスとバレットの絡みは

新鮮にうつります。

 

これまで通りであれば、

2冠というのは難しいとなりますが、


これまでと違う展開を作ろう

という意図が、

 

最近の新日本からは

感じるところがあるので、


タッグのタイトルは

バーズ・オブ・プレイへ

移動するかもしれません。

 

となれば誰よりも先駆けて

オスプレイは2冠王となり、

ロビーの格上げにもつながるでしょう。

 

ヒロムが復帰するまでに

ジュニアをさらに盛り上げるには、

これくらいのインパクトが

必要かもしれません。

 

そしてヒロムが復帰した時には、

『オスプレイ。ベルトさんいっぱい

持ってるね。俺も欲しいな~』

なんていう展開を期待したい

と思います。

 

最後はIWGPヘビー級ですが、

特にインターコンチ戦線と比べると、

まだ目に見える盛り上がりは

見せていないように思います。

 

お互い、ファンからの声援を欲しがる

など、らしいところは見せていますが、

 

内藤選手とジェイの絡みのように、

大きな話題にはなっていないように

感じます。

 

お互いタイトルマッチを

上記の二人のように、

表立ってアピールするタイプ

ではないですが、

 

他のタイトルに負けないよう、

そして、またリマッチかという声

にも負けないよう


これから先のシリーズでテンションを

高めていって欲しいと思います。

 

と、今回はここまでです。

 

今週末には、別府大会もあります。

今回書いたことが、どうなっているのか

楽しみにしたいと思います!

 

ではではよかったらポチッとしてやってください!

 


人気ブログランキング