ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。

新日本プロレスを動かすのは、やはり内藤哲也なのか?

話題の中心には、常にこの男の存在がある。

 新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE内藤 哲也

(出典:新日本プロレス公式)

 

ディストラクションシリーズが始まったばかりですが、

秋のビッグマッチ、ドームに向け、

一気に動きが加速しています。

 

そんな動きの速い現在の

新日本の話題の中心は

やはり制御不能なカリスマ、

内藤哲也と言えるでしょう。

 

ここ最近の2冠ブームの潮流を作り、

またそれだけではなく、権利証にまで、

その動きを広めようとしています。

 

またここのところなりを潜めていた、

会社への提言も久しぶりに

繰り出しています。

 

ダブルタイトルマッチを

するのか、しないのか

早く答えを出せ!

と会社に迫っています。

 

 やはりすべてはこの男の掌の上と

いうことでしょうか?

 

ドームに向け、一気に主役の座を

掴みそうな勢いを感じます。

 

内藤選手が、2冠、権利証、

両方向に目を向けるということは、

 

それに関わる選手も一気に

増えるということに他なりません。

 

思いつくままに挙げると

 

IWGPヘビー級王者 オカダカズチカ

IWGPヘビー級次期挑戦者 SANADA

権利証保持者 飯伏幸太

次期IC挑戦者 ジェイ・ホワイト

次期権利証挑戦者 KENTA

次期権利証挑戦者候補 EVIL

 

と、多くの選手との絡みが

一気に期待できることになります。

 

僕が改めて新日本を

見るようになってから、

 

ドームまでに、チャンピオンや権利証の移動はなかったと記憶しています。

 

しかし今年は少し様相が

違うように感じていて、

 

その理由はやはりドームが

2連戦ということでしょう。

 

それを成功させるためには、

これまでと違うストーリーを

 

見せないといけない

という危機感からくるものかと

推測されます。

 

この新日本の決断はファンにとっては、

大変朗報であると言えるでしょう。

 

これまでの予定調和で

あった世界が崩され、

 

見たことの無い混沌とした世界が見れるかもしれないということなので。

 

そして、内藤選手は先日の

後楽園で言っています。

 

『もし同じユニットの仲間が

同じ方向を向いてたら、

戦わない手はないでしょ? 

 

俺の言ったことに、文句というか……

目標がかぶるのであれば、

俺と戦えばいいよ。

 

それがシングルマッチなのか、

それともタッグマッチで

一緒に組みながら戦うのか、

いろんな戦い方があるよ。

 

でも、こうやって競い合って

いくことこそ、

ユニットを高める最高の方法だと、

俺は思うからね。

 

EVILがどう思ってる、

鷹木がどう思ってる、

SANADAがどうしようと思ってる、

そんなことは関係ないよ。

 

今俺が何をしたいかが、

一番大事なわけで、それをこうして、

皆様の前でしっかり伝えること、

これが一番大事だと、思うからさぁ。

俺は、俺の思う道を行くだけだよ。』

(新日本プロレス公式より抜粋)

 

つまりユニット内でも、

目標が同じであれば、対決も辞さない、つまり同門対決を示唆しています。

 

これも基本的に同門対決のない

(G1以外)新日本では

新たな提案といえるかと思います。

 

内藤vsEVIL

内藤vsSANADA

内藤vs信悟

 

など、ファン垂涎のカードが

G1ではなくタイトルマッチで

 

見ることが出来るかも

しれないということです。

 

こんなタイトルマッチが組まれれば、

ロスインゴファンはもちろん

 

それ以外のファンもテンションが

爆上げすること間違いなしです。

 

最後に・・。

 

発言一つ、行動一つで、ファンの思考を刺激する存在である内藤哲也。

 

まさに唯一無二の存在です。

 

たしかに今、強さの象徴、

頂点にいるのは

オカダカズチカかもしれません。

 

しかし今、本当に動かしているのは

内藤哲也であることは

間違いないと思います。

 

これからもそんな内藤選手を応援していきたいと思います!!

 

では、今回はここまでです。

神戸ワールドまで残り2週間。

ジェイとの前哨戦を楽しみたいです。

 


人気ブログランキング