ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

LOS INGOBERNABLES de JAPONは大忙し! ~今、わかっていることから考える~

アメリカ→イギリス→日本→そしてまたアメリカへ

新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE 

 

アメリカ大会(Super J-Cup)も終わり、

少しづつ今後のカードなどが、発表されています。

 

今回は、現在発表されていることから、

いろいろ想像し考えて見たいと思います。

 

昨日、9月のアメリカ大会の一部出場選手が発表されました。

【現地時間・9月27日(金)~開幕!】アメリカ“東海岸3連戦”『FIGHTING SPIRIT UNLEASHED』参戦選手、第1弾が決定! | 新日本プロレスリング

 

公式ニュースなどを見ていただければわかりますが、

9月のアメリカ大会は、今回参戦していなかった、

ヘビー級のトップどころも、ほぼ全員参戦するようです。

 

今回もアメリカ向けではなく、

ディストラクションシリーズの結果を踏まえた、

The・新日本というカードが組まれるということでしょう。

 

そしてメンバーを見てみましたが、

ロスインゴに関しては、フルメンバーで参戦予定のようです。

 

アメリカでも大人気のユニットであるので、

動員を考えれば当然といえるかもしれません。

 

そうなると内藤選手は約1か月の間で、

アメリカ→イギリス→日本(シリーズ参戦+最終戦のメイン)→アメリカ

の参戦となります。

これはオカダ選手などより、かなりハードな日程と言えますね。

 

『今の自分をすべての試合に出て見せたい』

と公言している内藤選手ですが、まさに有言実行といえるでしょう。

これもトップレスラーの責任感からくるものかと思います。

 

そうなればついて回る体調面のことですが、

プロレスラーに対し、逆に失礼かと思いますので、

ここでは言及しないでおこうと思います。

 

そんな内藤選手ですが、先日のタッグマッチの結果を受けて、

シリーズ最終戦、神戸ワールドでのタイトルマッチが発表されました。

対戦相手はもちろん、『ジェイ・ホワイト』です。

 

これまでは寝かされていたカードですが、

G1公式戦に続き、

間をおかず2回目の戦いとなります。

 

僕は11月の大阪でするのかなと思っていたので、早めに組まれたなという印象です。

 

もうちょっと長く前哨戦が見たかったですが、

ディストラクションシリーズをきっちりと締めるためにも、

G1に続き、二人にはいろんな意味で楽しい試合を見せて欲しいと思います。

 

また他のディストラクションシリーズのビッグマッチは

別府、鹿児島大会ですが、こちらのカードは現時点では発表されていません。

 

予想されるタイトルマッチは、こんなところでしょうか?

 

IWGPジュニアヘビー

IWGPジュニアタッグ

NEVER無差別級

権利書マッチ

  

IWGPヘビーのタイトルマッチに関しては

最終戦のメインかなと、思っていましたが、

そうではなくなったので、両国まで持ち越されると思います。

 

権利書マッチは、飯伏選手絡みとなるので、

G1優勝のお披露目も兼ねて、

鹿児島大会のメインで行われるのではないでしょうか?

 

そうであれば対戦相手はEVILになると思います。

ロス推しの自分としては、不本意ですがEVILは残念ながら

権利書を手にすることはないような気がします。

 

一方別府大会はNEVER無差別級を行うことになると思います。

去年は内藤ーみのるというスペシャルマッチがメインだったのですが、

 

もしNEVER無差別級の対戦カードが、

KENTAー鷹木信悟であればメインのような気はしています。

 

この対戦はどちらが勝つかはわかりませんが、

二人が新日本で今後のし上がっていくには、重要な一戦であるかと思います。

勝った方が本当のトップ戦線へ一歩近づけると言えるのではないでしょうか?

 

と今回はここまでです。

 

ディストラクションシリーズの残りのカードなどは、

おそらくイギリス大会後に最終発表となるでしょう。

 

それまでは、あれこれ想像し楽しんでおきたいと思います!

ではよかったらポチッとしてやってください!

人気ブログランキングへ