ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

新日本プロレスの最重要項目

SNSの有効利用

(出典:新日本プロレス公式)

 

8/28付の公式ニュースで面白いものを見つけたので、

今回はそちらのお話を書いていこうと思います。

 

内容は新日本の広報宣伝部の方が、マーケティングサイトにインタビューを受け、

今行っていることや、今後の展開などを語っています。

(こちら⇩)

Webマーケティング専門サイト『ferret』にて、新日本プロレスのSNS運用に関するインタビューの<後編>が掲載! | 新日本プロレスリング

 

端的にそれをまとめると以下のような感じになります。

・広報宣伝部の一番の使命は、お客様を満員にし、会場を盛り上げること。

 ・その活動の一環としてSNSが大きな役割を担っている。

・個人のTwitterをするように、木谷オーナーが直接お願いした。

・新日本の選手は自己プロデュースが基本。

・後藤ー飯伏戦のようにTwitterからリング上への繋がりもあり重要。

・今後の目標はSNSの海外展開。

・フォロワーは海外も合わせ50万近く(WWEは1000万)

・ジェリコがTwitterなどで、ワールドの加入説明をしたら、一気に増えた。

・モクスリ―の動画配信のビューは普段の2倍以上。

などが書かれておりました。

 

この事実から考えていくと、今のプロレスラーは一昔前では考えられない役割も

必要になっているということになります。

 

自己プロデュースという部分は、もしかすると変わっていないかもしれませんが、

その表現方法は、一般のビジネス同様大きく変貌していると言えるでしょう。

 

つまり自分の与えられた役割や試合などに向け、

試合以外の要素がこれまでより、大変重要になっています。

 

具体的には自身がインフルエンサーとなって、商品価値を高め、

それに伴い注目度を上げ、試合観戦やワールド加入などへ

導くというミッションがあると言えるでしょう。

 

僕自身もツイッターをやっているので、よくわかるのですが、

やはり好きな選手はフォローしますし、何か発信があればそれを確認します。

(僕のツイッターはこちらです⇩)

https://www.twipu.com/hiijyaa

 

結果、何もしていない選手よりは、当たり前ですが接触頻度が上がりますので、

より興味を持ちますし、ファンの数も増えていくでしょう。

 

今後レスラーが問われる部分は、そういう方向に

どんどんシフトしていくかもしれませんね。

 

そして話は変わりますが広報宣伝部の次なる目標は

SNSの海外戦略と言っています。

 

今海外合わせフォロワーが50万とのことですが、

日本に比べ、海外の比率はかなり低いようです。

 

WWEのフォロワーが1000万とのことなので、

伸びしろという部分は大いにある見込んでいるようですね。

 

その為にも、積極的に海外で興行し興味を持ってもらう、

そして知ってもらうという

種まきを現在行っているということかと思います。

 

それらすべてが結びつくと、海外でも日本と同様に、

 

・会場にお客様がたくさん来てくれる。

・タイムリーに展開を追うためにワールドに加入する。

・日々のレスラーのことを知るために、SNSをフォローする。

 

というようなことになるでしょう。

 

つまり、もう一つ確立した商圏の土壌を作る。

きっとそれが、近い将来、新日本が目指しているところかと思います。

 

 と、今日はここまでです。

 

皆さんも選手のSNSなどを見てみると、今まで以上に楽しくなると

思いますので、のぞいてみてはいかがでしょうか??

 

ではよかったらポチッとしてやってください!

人気ブログランキングへ