ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。

Super J-cupの開催意義とは?

G1が終わっても、新日本は動き続ける!

 

シリーズ画像

(出典:新日本プロレス公式)

 

本日よりアメリカにて開幕するSuper J-cupですが、

その開催意義とは何か?


今回はそのあたりを考えて見たいと思います。

 

①ライガーの引退前の顔見せ

来年の東京ドームでの引退が決まっている、獣神サンダーライガー。
今回のJ-cupの総合プロデューサーでもあります。

 

世界の獣神という通り名もあるように、ジュニアの象徴、レジェンドとして、

日本のみならず世界中にファンがいることでしょう。

 

今回はトーナメントには出ませんが、試合をしている姿をアメリカのファンに生で見せることのできる、最後のステージという側面もあるかと思います。

 

アメリカのファンの皆様は、しっかりとその目に焼き付けて欲しいと思います。

 

②アメリカに於けるジュニアヘビーの需要の確認

これは僕のイメージもありますが、アメリカでは格闘技全般に於いて、

ヘビー級(またはそれに近い階級)の方が人気あるかと思います。

 

これまで新日本としては、複数回大会を開催しましたが、

ジュニアがメインの大会は、近年ではこれが初めてではないかと思います。

 

スーパージュニアが終わって、約2か月強のスパンで

アメリカで大会を打つということは、海外でのジュニアの闘いの反応が

良好であったと推察されます。

 

その反応が本当のモノであるかを確認するためにも、

ジュニアヘビーの大会を組んだのではないでしょうか?

 

つまり新日ジュニアというコンテンツが、海外でも需要があるのかということです。

もし今大会が成功すれば、G1と同様に来年のスーパージュニアの開幕戦も

アメリカで!となるかもしれませんね。

 

③オスプレイのライバルは誰に?

現チャンピオンであり、G1にも出場しヘビー級の強豪をも撃破したオスプレイ。

その存在はジュニアに戻れば、頭2つ、3つ抜けていると言えるでしょう。

 

鷹木信悟がヘビー級へと転向した今、

今後の展開を考えると、早急にライバルと言える存在を作る必要があると思われます。

 

絶対王者というのもいいですが、やはり実力が接近したライバルに

囲まれている方が展開としては、より盛り上がるはずです。

 

ではそのライバル候補とは誰か??

 

現在の勢力図として、考えられるのは、

・石森太二

・ELP

・ドラゴン・リー

あたりではないでしょうか?

 

したがって今回の優勝者も、オスプレイではなく、

この3名の誰かから出るような気はしています。

 

またこの勢力図を一気に変える男の復帰も近づいているはずです。

そう、高橋ヒロムです。

 

この5名を中心にドームまでのストーリーを紡ぐためにも、

今回のJ-cupは必要であったのかもしれません。

 

今後の展開がどうなっていくのか?

また新しい勢力が台頭するのか?

そのあたりも期待していきたいと思います。

 

僕が考えてみた、このJ-cupの開催意義はこのような感じです。

 

会社として、新しい場所での開催や試みを行うということは、

何か狙いや立証したいことが必ずあるはずです。

そんなことを考えてみることも、また楽しいと思います!!

 

ではではよかったらポチッとしてやってください!

人気ブログランキングへ