ひーじゃープロレス日記

新日本プロレスを中心に、そこから学んだことなど、思いつくままに書いているプロレスブログです。主に内藤哲也やロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのこと。時々バレットクラブや鈴木軍のこと。

ブシロード上場から読み取る、新日本プロレスの未来

ord.yahoo.co.jp

親会社が上場したことによるメリット・デメリットとは

7/29(月)新日本プロレスの親会社である、

ブシロードが東証マザーズに上場しました。

 

新日本プロレス自体ではないとは言え、

親会社が上場するということは、初めてではないでしょうか??

 

これって結構な重大ニュースと思うのですが、皆様はどう思いますか??

株式上場するってことは、多大なメリットはもちろんありますが、

デメリットも含まれます。

 

まずは上場のメリット・デメリットを調べましたので、

以下を見てください。

 

≪株式上場のメリット≫

①資金調達に有利

②知名度の効用

③内部管理体制の充実

④決算の迅速化・適正化で信用度がアップ

⑤コンプライアンスを意識した経営の実現

⑥ストックオプションや従業員持株会の活用でモチベーション向上

 ⑦オーナーの創業者利益の確保
 

≪株式上場のデメリット≫

① 株式公開準備事務量・コストの増大

②経営責任・社会的責任の増大

③買収されるリスクが生じる

 

などがあるそうです。

 

上記を端的にまとめると、

メリットとしては、

上場により対外的な知名度や信用度が上がり、

その効果で資金調達が容易になる。

 

結果、投資により目をむけることが出来る。

デメリットの一番は、やはり買収されるということでしょう。

 

これは親会社のブシロードの話ではありますが、

その子会社である新日本プロレスも他人事ではありません。

 

株主に対する、経営責任、説明責任などが出てきますから、

子会社である新日本プロレスが、もし経営不振にもなると、

経営判断として、売却や清算等の話が出てきてもおかしくないということです。

 

ブシロードの株主・投資家情報を見てみると、(下記参照)

今期の通年の売上は前年以上との予測であるようですので、

今のところその心配はなさそうですが・・・。

https://ssl4.eir-parts.net/doc/7803/tdnet/1734583/00.pdf

 

つまるところ、メイ社長には上場によって、

今以上の経営責任が出てきたと言えるでしょう。

 

そして上記の株主・投資家情報には、

新日本プロレスの売上部門には、以下の項目があると書いています。

①興行部門

②コンテンツ部門(映像放映権)

③MD部門(物販収入)

 

つまり、

興行を出来るだけ多くして、たくさんのお客様を呼ぶこと。

 

企業価値を上げ、テレビ放映権の単価を上げること。

お客様の裾野を拡げ、より多くの有料会員(ワールド)を集めること。

 

タイムリーな商品をスピード感を持って開発し、多くの商品を販売すること。

販売チャネル自体を増やすこと。

 

などが売上増加には必要であると言えそうです。

 

こんなことは、プロ経営者であるメイ社長は百も承知でしょうから、

着々と手を打たれていることでしょう。

 

その結果どんな未来が待っているかは、正直わかりません。

もしかすると、その未来は長い間見てきたファンからすると、

想像しているものではないかもしれません。

 

しかしどんな結果が出ても、

すべてを飲み込むということは、

プロレスそのものではないでしょうか。

僕たちファンもその未来と戦う覚悟が必要になるかもしれません。

 

それはどんな答えかは・・・・・

まさにトランキーロ、

数年先に出るのではないでしょうか。

 

と、今日はここまでです。

最後までありがとうございました。

 

よかったらポチッとしてやってください!

 ⇩

人気ブログランキングへ